コラボ企画【1】 ←え!2もあるの?

shiozyさん「山田さんち」のなほさんとのコラボ企画。
お題は「おひなさま・雛人形」。
shiozyさんは「ショートショート」。
なほさんは「絵」。
そして私は「短編小説」…って、この長さは「ショートショートショート」?
まるで、ショートがエラーしてるみたな物語です。
では、はじまり、はじまり~。。。

============================
 昔、基町に野球場があったらしい。
 彼らの間で、そんな噂が広まったのは、
 桃の節句も近づいた2月末のことだった。
   「ぼく、左大臣に聞いたんだ」
 今日も囃子の五人が話しこんでいた。
   「そごうの前には、横断歩道もあったんと」
   「そんなんあったら大渋滞じゃん」
   「うん、渋滞しとったらしい」
   「そんな交差点に野球場があったなんて信じられん」
   「いや、野球場があったのは原爆ドームの前らしい」
   「なんでなくなっん?」
   「原爆が落とされたからかな」
 五人囃子はそれぞれ考え込んだ。
 由緒ある衣装を身にまとっているものの歴史は苦手らしい。
         *歴史という過去にしてはならない原爆ですが!
 そして五人は自分たちの無知をあどけない笑顔で隠し、話し続けた。
   「さすが左大臣さんは物知りだね」
   「やっぱ年寄りだけあって、昔のことはよぉ知っとてだね」

 それまで黙ってきいていた右大臣が、
 チラリと五人囃子を見上げた。
   「お前達、いい加減にしなさい。
    いくら左大臣が年をとっているからといっても、
    作られた年はわしら皆同じだぞ」

 この雛人形たちは、皆、2020年生まれ。
 この家の長女が生まれた年に作られ、
 長女の祖母が購入した人形たちだ。
 毎年3月を迎える頃になると押入れから出されて飾ってもらえる。
 今年で10年目だ。
 一応、長女の持ち物なのだが、
 飾りつけは長女の母親の役目だ。
 毎年、五人囃子に、それぞれ笛や太鼓を持たせながら、
  「お母さんが子供の頃には、日本にも春があったんだけどねぇ」
 と呟く長女の母。
  「桃の節句って言ったって、
   今じゃ、桃も植物園に行かなきゃみられない」
 とかなんとか。

   「基町に野球場があったってことは、
    広島には2つ野球場があったのかな」
   「うん、駅にもあるもんね」
   「2つもチームがあったなんてスゴイね、広島は」
   「カープも強かったんだろうね、昔は」
 やはり歴史は苦手らしい、五人囃子。

 そんな無責任に話し続けている五人囃子に眉をしかめ、
 右大臣は声をはりあげて左大臣に話しかけた。
   「左大臣どのっ、左大臣どのっ!」
   「なんじゃ?」
   「確かでございますか?」
   「なにがじゃ?」
   「基町に野球場があっただなんて!」
   「それは本当の話よの」
   「何を根拠に?貴方も我々と同い年でしょうに!」
   「なに、去年、押入れで隣におったヤツにきいたんじゃ」
   「押入れで隣に?」
   「この家のお父さんの持ち物だったらしいがな。
    ヤツは幸せ者だよ。
    本来は5月にしか出してもらえないはずなのに、
    夏のあいだは外に出られて、
    しかも、その野球場を泳いでいたというから」


…おあとがよろしいようで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私もこのお題で書いてみたよ」とか、
「これの続編を書いてみた」と言われる方は、
トラックバックしていただくか、
下記コメント欄にURLのご記入をお願いします。
お仲間募集してま~す。

コチラ↓お願いします。

[PR]
by a-kik | 2008-02-27 08:44 | コラボ・広島ブログ

芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(52になったよ)の日常。なんだかんだ走ってます。


by a-kik