後遺症

愛媛マラソンから2日たちましたが、
覚悟していたほど筋肉痛がでていません。
って、どんだけの覚悟をしていたのでしょう、私(笑)。


「こんなところに筋肉あったんかい!」
って驚くような筋肉痛を楽しみにしていたのですが、
脚とか腕とか肺の周辺とか、予想していた部分ばかりで、
なんだかおもしろくなひ…。

と言いつつ、予想外だったのは、足の甲。
今日現在で一番痛い個所です。
これは筋肉痛というより打ち身に近いのでしょうか。
シューズが当ってというか、こすれてというか…。

あと、発見したのが、靴下のすりきれ具合。
足の裏とシューズの底が摩擦するので、
裏側がすれるものだとばかり認識しておりましたが、
5本指ソックスの上側、つまり、指の爪の部分がすりきれそうになっていて、
「おお~」と、この発見にビックリ。

って、これまで夫の靴下のどこを見てたんでしょうね、私?
それより、練習の段階で気がついてないって、
どんだけ走ってなかったんでしょうね、私?

それよりも、筋肉痛がでないことよりも、
水分をとってもとっても喉がかわいているような気がすることや、
それでも疲れで脚がぱんっぱんにむくれていることや、
やたら甘いものが食べたいことなどなど、
42.195kmの後遺症を見つけて喜んでいます。

ある意味、人体実験。
[PR]
by a-kik | 2012-02-07 23:57

芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(52になったよ)の日常。なんだかんだ走ってます。


by a-kik