夢がかなった日

娘のスポ少のテニスがあった日曜日。
一緒に出かけ、娘がテニスをしているあいだ、
テニスコートのある公園を走るつもりでいました。

が。

ちょいお寝坊したもんだから、
洗濯ほしていたら、
テニスに遅刻しそうになりました。

そこで、夫に言った私。
 「先に娘を連れて行ってて。
  私、洗濯ほしたら、走っていくから」

おいおい!
私、夫か?
走りに行く公園まで、走っていくのか?

はい。
走りに行く公園まで、走っていきました。

って、公園まで4キロ少々。
坂道とはいえ、
世のランナーの皆さんからみれば、
たいした距離ではございません。
でも、私にしてみれば、
とてつもなくたいした距離…だったのです。
そう、そんなとこ走るなんて、どうかしてる!って距離だったのです。

それなのに、ああ、それなのに。
平気で夫に「走っていくから」と言い、
平気で走ってしまった自分にビックリ。

娘をテニスコートまで送った夫が、
心配してくれたのか、
途中まで迎えにきてくれていました。
…走って。

車で迎えにきたんじゃないんかい!?

んで、その後、夫婦仲良くジョギング。
公園を一周。

そういえば、中国新聞さんに、
「家族らんランRUN」を連載させていただいてるとき、
私、書きました。

  『夫婦でジョギングできるようになるのが夢…』

みたいなことを。

なんと!
夢、かなったじゃん、私!
Dreams come true!

まぁ、夫はいつもの速度の半分にペースを落としてくれていたけれど。
でも、景色やマラソン大会や、
しまいには子育てのことまで話しながらの夫婦ジョグ。

ちょっとした幸せでした。

広島ブログ

普段は、腹ペコで帰宅してくる夫。
ご飯を食べるときは、食べることに集中している夫。
そして、腹いっぱいになると眠くなる夫。
これから、大切な話はジョギングしながらになるか。
走りながら夫婦喧嘩できるくらい、鍛えなきゃ、私。

そんな私から逃れるために、夫は、ますますスピードアップするだろうな。
いい練習相手じゃん、私。
[PR]
by a-kik | 2009-10-26 12:06

芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(52になったよ)の日常。なんだかんだ走ってます。


by a-kik