芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

農場オープン

夫、本日、午後、どうも調子おかしい…と病院へ行くと、なーんとインフルエンザ!
小学生活が始まったばかりの娘にうつしては大変!と、夫、自ら隔離部屋へこもりました。
その前に、こんなことしてたんだけど…。
f0137402_22282554.jpg

そう、キクチ(現在の私の苗字です)農場設営。
プランターですが、トマトとキュウリの苗を植えました…夫が。
元研修生は、横から「あがぁでもない、こがぁもない」と文句…いえ、指導しました。
あれで熱ましたかな、夫?

写真はトマトです。でも、赤く見えるのは実ではありません。
支柱にくくりつけるのに、徳用ヤキソバを結んであった「くるくる」を使ったので。
「くるくる」、ほら、あの、ビニールコーティングしてある針金の、あれですよ。
我が家では「くるくる」と呼ばれております。
[PR]
# by a-kik | 2007-04-08 22:36

入学式

が、ありました。
新一年生の母は、たるみきったお腹の肉を押し込んで、挑みました。
大柄な母からは想像もつかない小柄ナンバー1の娘は、同級生に埋もれていました。

夫の提案で、「入学記念に何か植えよう」とブルーベリーの苗を購入しました。
アパート暮らしですが、一応「庭つき」なので。
土と肥料と買ってきて、見栄えするように植えたのは…夫でした。
元・研修生は横から口だすだけ。
まぁ、現役の頃だって、プラスティックのポットごと苗植えようとしていた私ですもんね。

しかし、今シーズンは、久々に、野菜作りにも挑戦しますっ!
ここに宣言。
14年前に、トマトの芽を全滅させてしまった前科者ですが。
大丈夫!
絶対に、自信もって挑みます。
だって、農場主は夫ですから。
やはり、私は口だけですから。
[PR]
# by a-kik | 2007-04-06 22:08

4月5日

突然ですが、平成5年の今日、皆さん、何をしていらっしゃったでしょうか?
14年前?
え! まだ子供だった!?

平成5年4月5日。
それは、当時、石見町だった邑南町に、私が越していった日であります。
香木の森の高台(?)にある「香賓館」という研修生の宿泊施設に。

受け入れを担当してくださった「香木マザー」に、
「車で行きます。ちょい派手なんですけど…」と報告していた私。
ワインカラーの愛車に乗って町入りしました。
「目立つかなぁ…」と不安に思って到着したところ、
駐車場にピンクの同型の自動車を発見!
なんと、香木マザーの愛車でした。

どへー。

その時、「しまった」と気にしながらも、今まで口にすることもできずにいました。
香木マザー、ごめんなさい。
ワインカラーなのに「派手」って言ってて。
え?
そんなこと、今さらなんとも思ってない?
それよりも、ここで書かれたことのほうが嫌だ?
うふふ、ゴメンナサイ。
[PR]
# by a-kik | 2007-04-05 23:31 | 邑南・石見・香木の森

隣の…

邑南(おおなん…今日からは赤字は使わず控えめに…)の隣の町…と言っても、私が暮らしているのは、隣の県でもあります。
そう、島根県の隣の広島県、三次市。(みよしし…どっちにしてもフリガナいるんかいっ!)
邑南とは江の川をはさんでお隣です。

だからブログのタイトルが「隣の…」なのですが、では、なぜ「カモミール」なのか。
「隣の芝生は青くみえる」って言いますよね。
邑南の隣町から見る芝生…ならぬカモミール…ってことか?
カモミール、そう、ハーブの一種です。
なんたって、邑南には香木の森公園というハーブガーデンがありますからね。

このカモミール、大きくわけて2種類あります…あるそうです。
(おいおい、大丈夫か、元研修生?)
一年草のジャーマン・カモミールと多年草のローマン・カモミール。
かつて、香木の森で一年限定の研修生時代だった私たち。
研修期間が終わっても残れるか、研修期間が終わるまで残っていられるのか、それとも根腐れしてしまうのか…。
一年草に終わるか、多年草で居座るか、神すらも知らない…と自虐的ギャグで周囲を困らせながらも、自分達で名付けたのは「いわみんカモミール」。
そんなカルさのネーミングで、当時の町の広報と一緒に配っていただく「新聞」まで作ったのでした。今では「いわみん」は抜け落ちましたが、「カモミール」は15年分の研修生の同窓会名にまでなってしまって、恐れおののいている命名者であります。ごめんなさい。もっと、真剣に考えとけば良かったっす。反省。

んで、私は…と言えば、研修後も、運良く(?)仕事と住まいに恵まれて、7年間、町に居座りました。
その後、結婚して千葉へ嫁ぎ、それから夫と娘を引き連れて、この隣町に越してきたわけです。
どうせなら、もう一つ県境こえて邑南にUターンすれば良かったのにねぇ…?
それをする勇気がなかったからか、夫を説き伏せる力がたりなかったのか、今は、隣町にとどまっております。
だから、「隣のカモミール」。
なげぇっ!
説明長いよ、柿ちゃん!
…いつものことだが。
って、「隣のカモミール」の「カモミール」って自分のことかい?
そんなに可憐なイメージか、自分?

「隣の…」って、邑南に「隣のトトロ」が出そうだから…と想像されていた方、すみません。
[PR]
# by a-kik | 2007-04-04 22:23 | 邑南・石見・香木の森

自転車

「田舎」にはめずらしく、自家用車が1台しかない我が家。
(「田舎」では一家に一台ではなく、一人に一台ですもんな。)
普段は、夫が通勤で使うため、日中は車がない生活ですが、
暖かくなり、天気もほどほどに回復したので、夫、今日から自転車通勤。
(なにかと身体を動かすのが大好きな、アスリート系の夫です。身体カタイんだけどネ。)
わーい、車がある。
どこにドライブ行こうかな。
わくわくするものの、黄色く染まったボディを見て、溜息。
黄砂模様。
こりゃ、洗車してやらねば。
でも、まだ、今日も昨日ほどでないけど、黄砂降ってるし。
洗っても、また、汚れちゃうよな…。
と、そのまま、駐車場で日向ぼっこをしていた愛車でした。

ちなみに、車は一台しかない我が家ですが…。
自転車は…5台。
夫、通勤用のロードバイクと趣味用(?)マウンテンバイク。
(私から見ると部屋のインテリアなのだが?)
娘、誕生日に買いかえたばかりの新車と、それまで乗ってた幼児用。
そして、私のマ…マチャリでなく、マウンテンバイク。
夫曰く「タイヤの数なら負けてないぞ」

でも、夫、自転車のタイヤって1台で2つなんだよね。
[PR]
# by a-kik | 2007-04-03 21:30 | 家族