芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2016年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ジョウロ

毎朝、隣のオバチャンが投げる音で目が覚める。

そう、オバチャンはジョウロを投げる。
カランカランカンカラカラン!
どうやったら、そんなに音を響かせることができるのか、
不思議なくらいに、勢いよく投げる。

隣のオバチャンは植物を愛でる人だ。
ベランダにもわんさと緑色が見える。
玄関前の通路にも、鉢がわんさと置いてある。
『通路にモノは置かないでください』とは大家さんも言えないくらいに(笑)。

植物には、朝晩たっぷり水をやるオバチャン。
植物には、やさしいオバチャン。
それなのに、ああ、それなのに。
なぜ、ジョウロにやさしくないの?

大好きな植物に水をあげる大切な道具なのに?

カランカランカンカラカララン!
今日もジョウロは投げられる。

かわいそうなジョウロ。

そして、かわいそうな私。
[PR]
by a-kik | 2016-07-30 10:46

高校球児

娘(高校一年生)の三者懇のため、高校へ。
汗だくになって登っていくと、
校舎の前で、制服姿の坊主頭の集団とすれちがう。

 「こんにちはーっ!」

爽やかに挨拶される。
 「こ、こんにちは」
野球部だ。
 「こんちはーっ!」
 「こんにちは」
すれちがう全員が帽子をとって直立不動になって挨拶してくれる。
 「こんちはーっ!」
 「こんにちは」
十数人いただろうか。
 「こんちはーっ!」
 「はい、こんちは」
最後には、挨拶してもうらうのが申し訳ないくらい、
キレッキレの挨拶をしてくれた。

あっぱれ、高校球児。

今年は2回戦敗退してしまった娘の高校。
決して、強豪校ではない普通の公立の野球部。
だけど、きっと、彼らは野球が好きなんだろうなぁ。

汗が滝のように流れ落ちていたけれど、
爽やかな気分にさせてもらった。














そして、三者懇が終了し、来た道を戻る。
部室の前を通りかかったところ、
着替えてでてきている野球部の坊主頭軍団とすれちがう。
そして、再びくりかえされる「こんちはーっ!」の嵐。
きっと、『あ、さっきのオバサンだ』って思ってる?


す、すまんの、往復を野球部に送迎してもらった三者懇。
[PR]
by a-kik | 2016-07-27 10:37

ありがとう、日曜夜

そして、また、大笑いする日曜夜がおわり、
それでも、まだ、日常生活のいたるところで『真田丸』の台詞をいいあう月曜が始まる。

登場人物のあちらこちらに、
身につまされるエピソードがちりばめられていて、
笑いながら、
涙ぐみながら、
それでも見終わったあと、
娘と『あーだこーだ』感想を述べあって、

やっぱ、しあわせなんだよな、私。


ありがとう。
[PR]
by a-kik | 2016-07-25 12:14
日曜の夜にある大河ドラマ。
今年の『真田丸』は、録画して何度かくりかえして見ている。
携帯音楽プレーヤーに録音までして、くりかえして聞きながら走っている。
おかげで『瓜売り』の唄のペースで走るのが得意になった(笑)。

この前の日曜、つまり、もう一週間も前になるのだが、
それは、心が痛くなる回でもあった。
『スターウォーズ エピソード7』をくりかえして見たくない理由と同じで。
それでも見てしまうのは、
あの、そう、私たち世代からみたら、『あの』とつけたくなる、
呂宋助左衛門が登場しているから!!!
松本幸四郎サン(当時は市川染五郎サンでしたな)が演じる助左が!
登場シーンでは『黄金の日々』のメインテーマが流れるかな…と期待したものの、
さすがにそれは無理だった様子。
でも!
登場シーンの直前に、ばん!と画面いっぱいにひろがった、
真っ赤…いや、黄金の太陽は、『黄金の日々』のタイトルが出てた絵と同じ!だと思ふ。


まさに、『スターウォーズ』の一作目が日本公開された年。
私が小学生から中学生になる年。
その年の大河ドラマ『黄金の日々』の主人公であった呂宋助左衛門。
当時は大河ドラマに興味はなかったのに、
「見なさい」の父の一言で日曜8時はテレビの前。
でも、強制された記憶はなく、すぐに物語に夢中になった記憶だけが残る。

同じように、同じような年頃で、同じ番組を見ていた三谷幸喜サン。
手がける『真田丸』に呂宋助左衛門が登場とは!
まるで、私が『スターウォーズ』の新作を作るのに、ハリソン・フォードが出てくれるみたいな…。
って、おいおい、それ、こたびの『スターウォーズ』じゃん。

ずっと、ずっと、夢を現実にしてきた人にだけ与えられるご褒美。

私はこの38年、何をしてきてたんだろ。
ご褒美もらえる生き方をしてきただろうか。

















してきたよー!

だから、今、ここにある幸せ♪


と、のんきに笑っていられる自信(笑)。。。
[PR]
by a-kik | 2016-07-23 10:37

三日坊主

なんだかんだといろいろあって走れなかった3連休。
ジョギングのジョの字もできなくて、
ちょびっと、うーん、だいぶん、たまってたイライラ。
そんな3日目の夜。
カープ。
ううう。
ピリッとしない。
ぜーんぜん『唐辛子』じゃない。
なんとか同点に追いついたものの。
うー。

だんだんと不機嫌になる私。

と!
そこで一発!
新井サンのサヨナラホームラン!

いやっほぅい~♪

おもいっきり叫びましたとも!
娘と一緒に!
バンザイ三唱大喜び!

なによりもカープの勝利に安堵したのは、
娘だったかも。
『これで母さんの八つ当たりがなくなる…』と(笑)。


そして、真っ青な空に迎えられた今朝。
4日ぶりのジョグ♪
小雨ジョグもいいけど、やっぱ、青空の下を走るのは気持ちええっす♪

三日以上はサボれないジョギング。
ジョギングおサボりが三日坊主。
こんな私に誰がした?













自分でなっただけぢゃ。
[PR]
by a-kik | 2016-07-19 10:14

当たった!

もう、今年は無理だと思っていた。
あきらめかけていた。
それが手にはいった。





















f0137402_14143421.jpg

8月30日。
さぁ、そのころ、カープはマジックいくつだろう!
[PR]
by a-kik | 2016-07-13 14:18

いつごろからだろう

いつごろからだろう。
炎天下より小雨のほうが走りやすいことに気がついたのは。

いつごろからだろう。
『このくらい』の雨なら走れると思い始めたのは。

いつごろからだろう。
『このくらい』の『この』の量が増えたのは。


気がつけば、かなり大粒の雨の中を走ってる私。


いつごろからだろう。
世間の目を気にしなくなったのは。
[PR]
by a-kik | 2016-07-12 10:37

寝ながらJOG

意地を張ってエアコンも扇風機もつけずに寝た翌朝。
汗びっちゃこで目が覚める。
うへぇ~。
まるで、ジョギングから帰ってきたときみたいやん。


はっ!
まさか、私、寝てる間に走ってたりして!











いや、それは夫か。
早朝4時。
普通の人々が寝てる時間に走ってる男、それは夫。
[PR]
by a-kik | 2016-07-10 10:08

通院JOG

数週間ではありますが、母が入院しておりまして。
父と一緒だったり、交代だったりで、ほぼ毎日、私も『通院』。

入院先は、ウチから2キロちょいの病院。
ジョギングコースである河川敷まで出たら、
視界にはいってくる建物。
近い。
近すぎる。
午前中は大渋滞の駐車場なので、
電車&徒歩で行ったり、
自転車で行ったり。
でも、いつも思っていた。
『ああ、ジョギングで来たい』と。

洗濯モノかついで行くのはかまわないけれど、
でも、さすがに、汗だくウェアで病棟に現れるのは、ためらわれ…

















たのは、最初の数日。(笑)


ただ、早朝ならまだしも、昼前後の『通院』となるので暑いっ!
2キロといえど、病院に到着するころには『病人』になりかねない暑さ。
通院JOGは数えるほどしかありませんでした。


そして、先日。
『通院ジョガー』が倒れる前に、母、退院。
しかし、痛みこそなくなったものの、自力歩行すらできず…。
リハビリもそこそこに「病院におってもしょうがない、帰る!」と、わがまま退院…。
なんだか、わがままっぷりが倍増された気がする手術後…。
大丈夫なのか、これ?
以前から何度も同じ話をくりかえす傾向はあったが、
これは、うーん、大丈夫なのか?
入院の直接の原因であった症状より、そっちが気にかかる…。
はふぅ…。
先生、看護師さん、理学療法士さん、ご迷惑をおかけしました…。
これからは、父と娘である私が、ご迷惑をかけられます…。

ウチから実家まで5キロちょい。
2キロちょいの『通院JOG』が、
5キロちょいの『介護JOG』に(笑)。

まぁ、走るコトが出来てるうちは、私はダイジョーブかな。


それより、24時間母と一緒の父が心配。
楽観的すぎる兄よ、コレ読んでる?
ちょいとばかり、現実をみてくだされよ。



と、ここに書いてみる。
[PR]
by a-kik | 2016-07-09 10:41
某スポーツジムで『取材(笑)』している。
先日、親睦会でソフトバレーボール大会があった。

ソフトバレーといえば、アレでしょ。
三次時代、妻ランナーズk辺さんに仲間に入れてもらっていたソフトバレー。
飛んだり、跳ねたり、笑ったり、笑わせたり…。
週一回のお楽しみの時間だった。
バスケ部出身なれど、バレー経験者ではない私。
どちらかと言えば、…いや、どちらかとかいう問題ではなく、
皆さんの足をひっぱりまくっていた週一回ではあったけど、
ヒジョーにオモシロカッタ!

当時、自宅から体育館まで約5キロを自転車で出動。
2時間笑い転げて、自転車で帰宅。
娘がまだ小学生だった。
私もまだ40代だった。
えーっと、何年前?
とっさに出てこんぞ。
三次から越してきてすでに5年…って、うわっ、5年かっ!

そんな5年のブランクを忘れていて、
こたびも会場となる某体育館まで自転車でGO。
ソフトバレーと自転車は対になっている我が身。
あとで距離をはかってみたら、10キロありまして。
体育館に到着するころには、もう使い者にならない我が身(笑)。
暑い体育館内でへらへらして、
10キロ、自転車こいで帰れるのか、私?と危惧するまもなく、
帰れました。

自転車も気持ちいー!


でも、さすがに、ここ数日の炎天下では、
昼日中に自転車に乗る気になれません。
タイヤがアスファルトにくっついてしまいそう…。


ジョギングに自転車に、柿ちゃん、楽しんでるねー。
はい。
でも、間違っても、スイムには進みません。
水着にはなりません。
皆さん、ご安心を。
[PR]
by a-kik | 2016-07-07 13:08