芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

たりないのは…

土手をヨタヨタとジョギング。
ぼーっと川原を眺めながら。
と…。
ん?

あら、柿ちゃん、また、鹿を見たの?
いえいえ。

キジ。

草むらをヨタヨタと小走りしてました。
その走り方、私の真似か、キジさん!

その後、散歩中の犬とすれ違う。

お。
キジと犬。
とくれば、あと、足りないのは…。
おサル?

いやいや、私がおるじゃろ。

ってことは、足りないのは、























桃太郎か。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

神戸マラソンのエントリー総数が発表されていました。
フルマラソン定員18000人。
応募者数79646人。
東京マラソンほどの倍率じゃないけれど、
「受かる」か「落ちる」かは、ふたつにひとつ。
受かったら、嬉しいけれど不安にもなる。
落ちたら、悲しいけど安堵する。
発表は6月末。
どっちでも楽しいネ。
[PR]
by a-kik | 2014-05-29 11:56
先週の土曜は、
土手で娘の中学の吹奏学部…ではなく吹奏楽部員たちと遭遇してしまったジョギング。
なので、今週は反対方向に出てみた。
土手にあがるとこで、きょろきょろとあたりを見回す不審げなおばちゃんランナー。

まぁ、おばちゃんランナーってだけで、十分、不審げなのではあるけどね。

で、中学生の姿が見えないので、安心して、ゴー。
とは言え、中学方面には向かわず、反対方面へ。
橋を渡って、とっとことっとこ走ってまして。

某スポーツセンター近くの土手を走っておりますと、
向かい側からママチャリに乗ってやってきたおっちゃんに、
すれちがいざまに、
 「なぬっ!」
と叫ばれてしまいました。

なして?
なして、おっちゃんに「なぬ?」呼ばわり?
そんなに私って不審?

抗議しようと、おっちゃんを振り返り、私も「なぬ!?」

土手の下、10mくらいの距離でしょうか、
浅瀬になった川の上を駆け抜ける小鹿が一頭。

水深5cmくらいでしょうか、ばしゃばしゃ…
ではなかったな、もっとスマートに、タタッタタッと飛ぶように駆けております。
もちろん、あっちゅう間に追い越された私。
それでも、彼女(あのしなやかな身のこなしは「彼女」であってほしい)が、
途中、川からあがり、
木陰で足をとめ、
辺りを見回し、
あっちの土手を駆け上がり、
また駆けおり、
さらに駆け上がり…を繰り返すのを目で追いました。

どうしたんだろ、一頭だけで。

朝の9時半。
人間の姿も車も多いこんな時間に。
角も立派なでっかい雄鹿が川原にたたずんでいたのは目撃したことがあり、
土手に散らばる鹿の糞もふんだこともあり、
この辺が彼らの縄張りなんだろうな…とは思っていたけれど、
あんな小鹿が一頭、あわてて走りまわってるとは…なにがあったんだろう。

親とはぐれたのか、
親は芸備線にひかれたのか、
夜遊びしすぎてその辺で寝てしまってあわてて朝帰りするとこなのか、
どーしたんだい?

と、その朝の朝刊を思い出す。
「中国短編文学賞」入賞者の3人の名前と顔写真が載っていた。
もちろん、その中に私の名前も顔もなく。
だって、また今年も応募すらしてなかった私。
数ヶ月前、応募しようと書きあげた物語が、いまいち納得いかず。
結局、パソコンの中で眠ったまま。
実は、その物語が『スポーツセンター下の土手で暮らす鹿の一家のお話』だったのですな。
なので、きっと、
 『なんで書いてくれんかったんね、私らの話を!』
と、訴えるために姿を現したのか、小鹿ちゃん!?

ああ、ごめんなさい。

小さくなっていく小鹿の白いお尻を見送り、
首を垂れるおばちゃんランナーなのでした。


それにしても、軽やかに走りぬけていったなぁ。
川の上を、無駄のない動きで。
って、川底の石がごろごろしてる中を、
よく、つまづきもせずに走れるもんだなぁ。
どんなシューズはいてんだろ(笑)。

鹿のひづめ型ランニングシューズだったら、あんなにカッコよく走れるかなぁ。
ああ、わかってます、小鹿並みの身体だったら…ですな。
[PR]
by a-kik | 2014-05-25 11:38

帰ってきた娘

昨夜、修学旅行から帰ってきた娘。
さすがに10cmも身長は伸びてませんでしたが、
身も心も成長したもよう。

それにしても、しゃべる、しゃべる!
旅行中のアレコレを息をつく間もなく!

ったく、誰に似たんだか(笑)。


2週間もサハラ砂漠にいた夫より、
3日間ほど壱岐にいた娘のほうが、
濃い「報告」をしてくれます。
[PR]
by a-kik | 2014-05-23 14:08

こんな母を持った娘は

前回は園児に遭遇したジョグだが、
この土曜も、また遭遇してしまった。
今度は…中学生。
それも、体操服姿で二列縦隊で並んでランニング中の。
約20名の女子。
あ、男子も数人。

自宅から最寄りの土手にあがった地点で、バッタリ。
今度は避けようもないタイミングで。

一瞬、じゃこさん助言(笑)の「フォーチュン・クッキー踊るべし」が脳裏をよぎったけれど、
よぎっただけで、身体は反応せず。
一瞬、カタマッタ48歳に対して、中学生は若い。
カタマルことなく、「おはようございますっ!」と爽やかに挨拶されてしまった。

 「お、おはよ」

全員が次々に「おはようございますっ!」と挨拶してくれ、
その元気にタジタジになりながら、「お、おはようございます」と返す48歳。

そこで行ってしまうかと思えば、
立ち止る彼女たち。
どうやら、そこが彼女たちの休憩ポイントらしい。

黙って立ち去るのも芸がない(笑)ので、
 「何部ですか?」ときいてみる。
 「吹奏楽部ですっ!」と元気に返される。

そうか、文化部でも運動部に負けない運動量の練習をこなすらしい吹奏楽部。
そういえば、よく、学校下の河原で腹筋とかしてるよな。

 「がんばってね」と笑顔をふりまき、48歳はタッタッタ…と走り始めた。

休憩が終わってランニングを再開した彼女たちに追いつかれては恥ずかしいので、
かなり飛ばして。
きっと、あの中に娘の友達もいるに違いない…と思いながら。
きっと、「キクちゃんのお母さんに会ったよ」と娘に言うかもしれないと思いながら。
あ、もしかしたら、「キクちゃんのお父さん走ってたね」と間違われるかもしれないと思いながら。

娘、すまんの。
母さん、見つかって。

そう、お年頃のお嬢さんは、友達に親を見られるのが恥ずかしい。
普通のお母さんでも見られるのは恥ずかしいのだから、
こんなお母さんを見られてしまったら・・・うわー、母さんも恥ずかしいわ(笑)。

と、走ってると、土手がきれるとこで、
こちらを見ている同年代の女性を発見。
なんとなく、ああ、先生だ…とわかる雰囲気。
この4月から新しく赴任されてきた音楽の先生に違いない。
そう、ランニングしてた吹奏楽部の顧問の。

すれ違いざま、会釈すると、会釈される。
ここで、素直に黙ってすれ違えばよかったに違いない。
娘のためにも。
しかーし!
この柿ちゃんが黙ってすれ違えるか!?
足が止まっていた。
そして、口が開いていた。
 「もしかして、先生ですか?」
 「…はい」
不審げな顔をされる。
 「あ、あの、娘がお世話になっています、2年生の。キクチです」
一気に名乗ると、先生の顔が、一気に和む。
 「ああ、はいはい!」
担任でもないし、担当するクラス全員の顔と名前を覚えてないかな…と思いきや、
先生、しっかり娘を覚えてくださっている様子。
そういえば、休憩時間に楽譜を持って行って、
好きな曲をピアノで弾いてもらっていたと話していたぞ、娘…と思いだす。
 「いつも、お世話になっています。
  先日はピアノを弾いていただいたとか」
 「ああ、いえいえ」先生、満面の笑顔。
そして、私の格好(もっちろん、ジョギング・ウェアですな)をみて、
 「お母さん(間違えられなかった!)、なんとも、活動的な…」と。

さすが、中学教師。
すぐに「ほめる」単語が出てくる!
決して「年甲斐もなく」とは出てこない!
一気に好きになったぞ、新しい音楽の先生。

そこで、今、吹奏楽部の生徒さんとすれ違ったこと、
元気よく挨拶されてとても気持ちよくなったこと、
などなど話し、「それでは」と別れた。

なんだか、すーんごい良い気分でジョギング再開。
ところが、後半で逆に落ち込んできた。
先生とまで仲良く話をしたなんてきいたら…。
娘、怒るだろうな…。







しかし、神様はステキ。
よく考えてくださっている。
こんな子供っぽい母親を持った娘は、しっかりした大人だった。
事情を話すと、一言。
 「ふーん」
きっと、文句いいたいことだらけだったんだろうけど、
言ったとこで、この母さん、しょうがない。。。と判断したんだろうな。

ごめんね、娘。
反省してます。
でも、きっと、母さん、またやってしまうと思うよ。
…反省の色なし(笑)


そんな娘、今日から修学旅行で壱岐へ。
ここ数日、毎朝、毎夕、見るたびに背が伸びてる感じがする娘。
3日後に10cmくらい伸びて帰ってくるかな…と
わくわくしてるアホな母です。
[PR]
by a-kik | 2014-05-20 14:24

せせらぎ沿いで

「せせらぎ公園」沿いをジョギングしているときのことだった。

「せせらぎ」ってくらいだから水量も幅もそんなにない「せせらぎ」沿いなのだけど、
それに沿う遊歩道が、一部だけ、さらに細い部分がある。
人がひとり通れるくらいの幅。
なので、気分によっては、「せせらぎ沿い」ではなく、
「せせらぎ上」の土手部分を走るときもある。

「せせらぎ沿い」にするか「せせらぎ上」にするか、ほんと気分次第。
手前にきちんと整備された斜面の遊歩道や階段があるので、
そこに差し掛かったときに、選ぶ。

ちょっとした「草むら」の「斜面」で分けられる「沿い」と「上」。
数字にすると、45度くらいの10mくらいだろうか。

今日は「沿い」を選んだ。
「上」に犬を散歩してる人がいたから。

散歩してる犬を横目でちらちらと見上げながら、
追い越して、ゆるいカーブを曲がった・・・ら!
なんと、前方から、ぞろぞろと、やってきた!



















保育園児たちが!


色とりどりの帽子をかぶった園児たち約20名と引率の先生数名。

うわっ!

人ひとりは通れるけれど…。
人ふたりはすれ違うことはできるけど…。

引率の先生と、一瞬、目があった。

あちらも、「うわっ!」って顔されてた。

だよな。
だよね。
園児つれて散策中に前方からオバチャン。
しかも、ただのオバチャンじゃなくって、なんだかヨタヨタ走ってるオバチャン。

普通なら、オバチャンは細い遊歩道を譲ってあげるとこだろう。
ジョギングの足をとめ、遊歩道から草むらにおり、「どうぞ」とにこやかに。

だけど、私は普通じゃないオバチャン(笑)。

先生と目があった次の瞬間、とっさに行動に出ておりました。

ダッ!と。






















駆けあがったのですな、斜面を。
45度、10mの草むら斜面を。

うおーっ!

なんだ、これ、なんか気持ちええ。
ちょっとトレラン気分(笑)。

「上」へ、一気に駆け上がり、
「沿い」を見下ろすと、先生が「すみません、ありがとう」と会釈。
こちらも、「いいえ、すみません」と会釈を返し、
何事もなかったかのように、
タッタッタ…とジョギング再開。

すると、なんと、まぁ!
子どもたちの「ありがとうございまーす!」大合唱が追いかけてきた。
あはは。
いやいや、その、こちらこそ。
ちょびっと振り向いて手を振ってみる。

オバチャン、やるじゃん♪ って思わせたい。

って、微笑みたいところだけど、
実は、一気に登り坂を駆け上がったため、
脚ガクガク&肺ゼエゼエ。

だけど、ここで立ち止まっては恥ずかしい。
しんどいくせに、いつも以上のスピードを出してみる私。
どこまで見栄っ張りなんだか…。

その後、カーブを曲がり、子どもたちの視界からは消えたはず…とわかってはいても、
足をとめない。
ちょっと休みたいけれど、休まない。
一部始終を目撃していたに違いない犬と飼い主に「ふっ」と笑われたくはないから。


そう。
笑われるなら、このブログで!

しんどいくせに演技しまくり、持ち帰ってきました、このネタです。
この芸人魂、どこかで活かせないものか(笑)。
[PR]
by a-kik | 2014-05-16 13:44

理想的なフォームは遠い

しばらく、また、のほほ~んとブログをさぼってみた。
しばらく、また、ジョギングもサボってたか…と言うと、
それはそうではなく、ええ調子で、ジョギング生活、復活してま~す。
うふ♪

朝起きて、コーヒーをいれ、新聞でカープ記事をチェック。
目が覚めたとこで、弁当&朝食作りをスタート。
食べさせて、食べて、夫と娘を送り出し、
片づけて、洗濯機まわしながら、
2杯目のコーヒー&新聞熟読タイム。
このコーヒーと新聞で便秘知らずの私のお腹。
それから洗濯を干したら、着替えてストレッチしてジョギングへ。

これが、ジョギングするときの日課です。

そんなこんなこのあいだの土曜日。
娘が部活の試合で6時に登校。
間に合うように5時前に起きて、
朝食と弁当を作って送り出しました。

朝の6時。
休日の早朝に洗濯機まわすのも気がひけて、
(かつては上階の住人が夜遅くにガラガラ洗濯機まわしてましたが!)
よし、それなら、早朝ジョグへ!

いやぁ~、朝の空気はおいしいですねぇ。
さわやかですねぇ。
なんだかいいことしてる気になりますねぇ。
ってな感じで、すいすい走って、
いつもと同じ8キロコースなのに、
いつもより数分速くゴール。

すごいな、私。

これから毎日、早朝ジョグに変える?

いえいえ。
だめだめ。
実は、速く走り終えられたには事情があったのです。

いつもの8キロコースの中間あたりで、行きたくなったんですな。
そう、トイレに。

これまで、数々の大会で、数々のトイレに泣かされてきた私。
って、数々ってほどじゃないか。
でも、愛媛マラソンで3回もトイレに行ってなきゃ、
制限時間を11秒越えることなくゴールできてたはず。
そもそも3回も行く必要はなかったと思うんですが、
それは、今となったから言える話で、
そのときは「行っとかなきゃ不安、ヤバイ」状態だったのですから。

そして、土曜の早朝、コースの中間あたりの私もその状態におちいったのですな。
先に進むも、引き返すのも同じ距離。
でも大丈夫!
そんな地点にあるのが、区スポーツセンター!
これまでも何度か、トイレを借りたり、自販機でスポーツドリンク買ったり、
ジョギング途中で利用させてもらってました。
ありがたや、区の施設。

し、しかーし!

この日は使えなかった!
土曜だから?ではなく、早朝だから!
いくらなんでも朝6時や7時からはあいてません。
いかん。
トイレない。
コース上にコンビニもない。
民家にぴんぽーん♪って行くか?
「トイレかしてください」って?
いやいや、無理無理。
休日の早朝に洗濯機まわすのを遠慮する小心者の私が、
休日の早朝にトイレをかりに他人宅の玄関を叩けるはずがない。
では、どこに?
河川敷?
鹿じゃないんだし!
確かに、鹿の糞尿の跡はあちこちに。
しかし、鹿じゃない、私は、確か。
走りながら3回続けて言ってみる。
「しかし しかじゃない わたしは たしか」
おお、新しい早口言葉になるかな。
なんとか意識を下腹部からそむけてみる。

無駄な努力。

もしかして、まだ暗かったら、土手をおりて草むらにしゃがんだかもしれない私。
そう、かつて、カヌーや登山をしていたときのように。
だが、しかし、この時期の朝6時は明るい。
やたらと青い空が、すでにまぶしい。
そして早朝だからこそ、土手の上の人口は多い。
散歩の人、ウォーキングの人、ジョギングの人、ホームレスっぽい人。

駄目だ。
こんなとこでお尻だせるはずがない。
恥ずかしいだけじゃなく、不審者として通報されかねない。
こうなったら、帰るしかない!
できるだけ、速く!
できるだけ、すみやかに!
できるだけ、下腹部に衝撃が生じないように!

このフォームが良かったのだろうか。
普通なら、疲れてくると、後半はドタンバタン走りになってる私。
ところが、ドタンバタン走りはお腹あたりを刺激しやすい。
なので、なるべく平行に身体を運ぶフォーム。

おお、すばらしい。

きっと、横から見てたら、
「なんだ、あの無駄のないフォームで走るオバちゃんランナーは!」と
誰もが感激したに違いない。

…誰も見てなかっただろうけど。


結果、帰宅し、トイレに駆け込み、事なきを得た。
事なきばかりか、すばらしいフォームまで得た。

これだ。
この走りだ。
そうか、愛媛マラソンのときも我慢して走ってたら、
もしかしたら、すんごいタイムで完走できてたかもしれない。

…と今だから言ってみる。

しかし、あのフォームを極めれば、次のマラソン大会も怖くない!
よし、あのフォームで特訓だ!

だが、哀しいことに、昨日のジョギングでは思い出せなかったあのフォーム。
やはり、ある程度の我慢をしなければ出来ないのか、あの走り。
嫌だ。
それは嫌だ。
我慢する苦しみよりは、ドタンバタン走りを選ぶ。
なので、今朝も、しっかりトイレに行ってからジョギングに出た。

幻のフォームは戻ってこない。
[PR]
by a-kik | 2014-05-13 14:51
かつては「行きあたりばったり」の「行きあたりばっ旅」をしていた我が家ですが、
今年のGWは、「家でまったり」でして。
とはいえ、新調したバドミントンのラケットを使いたくてたまらない娘とスポーツセンターへ。
日中は使用する人も多いので、順番に一時間しか利用できないスポセン体育館。
なので、日が暮れた夕方から、閉館時間の21時まで勝負!

とても試合に出させてもらえるようなレベルではないとは言っても、
娘は、一応、バドミントン部員。
素振りや坂ダッシュだけでも一年やってれば力もつきましょう。
いや、つかねばおかしいわな。

バドミントン素人(笑)の私が打ったシャトルを、
バシッ!と打ち返してきました、娘。
それを思いっきり受けた私。
どこで?
ラケットで?
いえいえ。
ラケットで受けたんならブログのネタにもなりませんわな。
なら、どこで?

















腹で。









前回は空振りして頭で受けたりしてたんで、
ただ、お腹で受けただけなら笑い話で終わるんですが、
これが、これが!

 バシッ!

と、おへその上を直撃。

 痛った~!

半分冗談で、半分ホントに痛くて、シャツをめくってみたら、
うわわ!
シャトルの丸い部分の跡がおへその上にクッキリ!

巨人の星か!
 (説明するまでの話でもないので、
  わかる人は笑ってください。
  わらかん人はスルーしてください。)

それとも、北斗の拳か!
 (同上)

娘、大笑い!
いや、そりゃ、おかしいよ。
私も痛いけど、おかしいよ。
本当なら、「痛いよ!」と怒るか泣くかしたいとこだけど、
まぁ、笑いがとれたからよしとするか・・・と笑うしかない芸人母。

翌朝まで、ビミョ~な痣になってました。


次回までに割れるくらい腹筋を鍛えて、今度は筋肉で跳ね返してやるぞ。
いや、ぶよんぶよんの脂肪だらけになって、勢いを吸収してやるか。

次回こそラケットで受けてやるぞ!と発想できないバドミントン部の母です。
[PR]
by a-kik | 2014-05-07 14:24

スターウォーズの5月。

「スターウォーズ7」の主要出演者の公式発表があった。
私が今の娘の年頃に初めて見た「スターウォーズ」。
当時の主役3人組を演じた俳優&女優3人の名前もあった。
噂レベルで「出演するだろう」って話はネットに出回っていたけれど、
公式発表で彼らの名前を見つけたときは、
思わず、「YES!」って拳を握りしめていた。

37年の時を経て、同じ役を演じるってどんな気持ちなんだろう。



最初の「スターウォーズ3部作」が公開されたのは、
私が中学・高校時代。
「スターウォーズ」が、
成人するまでの私の99%を形成していると言っても過言ではない。
学校の英語はちんぷんかんぷんで成績も2だったけれど、
「スターウォーズ」のおかげで英文科に進学。
次の「スターウォーズ」に出演して脚本を書くのが夢だった。

「新3部作」と名付けられた次の「スターウォーズ3部作」が公開されたとき、
私は30代まっさかり。
エピソード1の公開にあわせて飛んだ米国で、夫に出逢った。
エピソード2の公開のときには、母親になっていた。
エピソード3の公開では、娘とキャラクターお絵かきをしていた。

そして、最後(多分)の3部作の最初のエピソードとなる「スターウォーズ7」。
公開は2015年冬。

本国まで観にいきたいなぁ。
公開初日にライトセーバーもって大騒ぎしてみたいなぁ。
あ、いや、待て。
2015年の冬って…。











娘、受験生か。

さすがに受験生を置いてけぼりにして、
母さん一人でアメリカに映画みにいっちゃいけんだろうな。








あ、連れてけばいいのか。


自分が受験生の冬休みは「スターウォーズ」見まくってたなぁ。
『冬休みに観た映画の数だけ受験に落ちます』って先生に言われたけれど、
受験する大学の5倍以上の数、みにいったよなぁ。
「スターウォーズ」を。
「スターウォーズ」ばかり何度も(笑)。
そんでもって第一志望に受かったよなぁ。

「スターウォーズ」さまさま。

まぁ、娘はそう思わないだろうな。
冷静に「母さん、一人で行ってきたら」って言うだろうな。


GWは「スターウォーズ」DVD大会しよっと。


5月25日が最初の「スターウォーズ」が公開された記念日。
なので、5月は「スターウォーズ」の誕生日…と思ってたけれど、
それより、もっと、「スターウォーズ」な日が5月4日だと認定(?)されたらしい。

「スターウォーズ」の名台詞。
”May the Force be with you.”
「フォースの加護のあらんことを」と訳すけれど、
「メイ ザ フォース・・・」って発音する。
「メイ」は英語で5月。
その「ザ フォース」4番目の日、5月4日。
5月4日はSTAR WARSの日らしい。
[PR]
by a-kik | 2014-05-02 14:37

4月の月間走行距離

あれ、柿ちゃん、GW?
しばらくブログを更新せず、GWで浮かれ気分?

夫も娘もカレンダー通りのGW。
そして主婦だけ毎日GWのキクチ家ではありますが(笑)。

今日、ひっさびさにブログを更新しましたが、
実は、ひっさびさにジョギングもしてみました。

どのくらいぶり?
うーん、確か、4月の月間走行距離は…っと、
























と、もったいぶってノートを開くこともなく明言できます。

0。

はい、ゼロ、です。
ゼロ。
摂取カロリーはゼロじゃないけど…。

3月29日を最後に、4月は1日たりとも、1kmたりとも走っておりません。
って、胸張って宣言してる場合か、私!

もはや、ここまでか、私のランニング人生…。
と自分でも思ってたのですが、
なんかしら、今朝、「走ってみよ」と思えまして。
で、走ってみました。
自宅から実家まで5km。
実家で水のましてもらって自宅まで5km。

いやー、つかれたー。

でも、なんか、ええことしたような気がする爽快感。
…と言う名の自己満足か(笑)。

なんかしら「走ってみよ」と思ったわけですが、
理由はなきにしもあらず。
今朝は天気もそこそこで、
暑すぎず、晴れ過ぎず、でもって風も強すぎず。
今日、走ってなかったら、きっと、このまま走らなくなるだろうな…とも思えた最後の砦でした。
それならそれで終わってもえかったんですが、
でも、ポチッとしちゃったんですな。

何を?

柿ちゃん、いったい、何をポチッとしたの?
来年のサハラマラソンのエントリー?
いえいえ。
来年のサハラマラソンはまだ要項もできてまへんがな。
では、なに?
えーっと、神戸マラソンに。

ふーん、そっか、神戸マラソンか。

って、神戸マラソンって!
おいっ、大丈夫なのかっ!
あえて、サハラマラソンと並べて書いてみてたいしたことなさそうにしてるけど、
フルマラソンじゃろ!?

まぁ、エントリーはしたものの、
倍率高いし、
(エントリー費も高いし!
 いや、サハラマラソンに比べたら安いもんじゃが(笑)。)
実際にスタートラインにたてるかどうかわかるのは6月末ですが、
でも、もし、抽選に受かれば、今度は、ちゃんと練習をつんで完走したい。
今度こそは完走証を手にいれたい。

そりゃ、サハラマラソンの完走メダルにくらべたら、
たいしたもんじゃないかもしれんけどね。

やたら、サハラマラソンと比べたがってますが(笑)。

これから暑くなりますが、
(とは言ってもサハラのような暑さではないし!←まだ言うか、私)
ぼちぼちジョギングからランニングを再開してって、
4月の月間走行距離ゼロをカバーできるよう楽しみま~す。
[PR]
by a-kik | 2014-05-01 15:26