芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2013年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

風が…。

昨日は玄関で断念したジョギング。
今朝は走り始めて数分後に雨粒を確認しましたが、
続けて走ってみました。

続けて良かった。
土手まで出たら、サーッと青空。
そして橋を渡ったら、ポツリポツリ。
足元のアスファルトに雨粒模様。
でも、気にせずGO。

風が強く吹けば吹くほど、
あれですわ、あの物語のタイトルが、
スーッと頭をよぎり、
エネルギーがふつふつ。

箱根まであと一ヶ月ですもんなぁ。

にしても、風が強いっ!
そんな中、1時間ちょい気持ちよく走って気持ちよく帰ってきたら、
出掛ける前に干していった洗濯物が風に負けて落ちてた。

かなしー。
[PR]
by a-kik | 2013-11-29 13:51

どーする?

問題です。
ジョギング用のウェアに着換えて、
ストレッチして、
「さ、走ろ」と玄関をあけたら雨が降っていた。
あなたならどうしますか?

 1.もう着換えたんだから走っちゃう。
 2.また着替えて家でだらだら過ごす。

夫なら「1」。
普通の人なら「2」。

今日の私は普通の人になりました。

良かったよ。
雨はすぐに雪になったよ。

そういえば、かつて、吹雪の三次を走ってたのをk辺さんに目撃されたよなぁ。
あの頃の私は普通の人じゃなかったんだなぁ。



【追記】
でも、今日も雨でなく、最初っから雪だったら、
そのまま走りに行ってたかもしれなひ…と思うあたり、
やっぱ、フツーじゃない男の妻なのかな(笑)
[PR]
by a-kik | 2013-11-28 13:41

通学路を走ってみた

中学時代。
バス通学だっただのけど、定期代をお小遣いに回して、徒歩通学していた私。
30~40分歩いていた。
友達をうだうだお喋りしながら。

昨日、そのコースをジョギングしてみた。

今、住んでいる場所と、母校の中学校と、実家。
この3点を結ぶと三角形になる。
これを走ってみよう。

まず、今、住んでいる場所から母校である中学校へ。
橋を渡り約4km。
そこから、実家へ向かう。
最初、家々の間を抜け、県営団地の間を抜ける。
そうそう、こんな道だった。
新しくなっている家もあり、
35年前と変わらぬ姿の建物もある。
坂をくだりきったら、今度は急坂を登る。
うんうん、この坂をぶうたら言いながら登ってたわ。
登りきったら大きな公園。
当時は、公園内を真っすぐに突っ切ってた。
昨日は、たくさんのお年寄りがゲートボールをしてたので迂回。
うすぐらい遊歩道への階段をおりる。
人気もなく、ちょっと、こわい。
そうだった、昔もこの道はこわかった。
一人のときは通らず遠回りしてスロープの道を歩いていたっけ。
そこを降りて、さて…と左右をきょろきょろ。
昔は畑ばっかりだったのが、家ばっかりになってる。
うーん。
どっちだろ。
方角的にはこっちだな。
迷うことなく、すぐに県道にでた。
なーんだ。
そこから坂道をのぼり、友達の家の前を通り、実家も通過。
実家から、今、住んでいる場所まで川を渡って約5km。

帰ってから走行距離を計算。
なんてこった。
当時、毎朝5kmは歩いて通学していたと思っていたのに、
実際は2km少々。
そんなもんかぁ。

まぁ、坂道ばっかだけど。


高校は中学のすぐ近く。
微妙に通学路は異なるけれど、ほとんど一緒。
今度は大学までの道をジョギングしてみるかな。
そのあとは、かつての勤務先まで…。

いえいえ、決して、サハラまでは走りませんから、私は!

夫、サハラマラソンまで130日。
[PR]
by a-kik | 2013-11-27 14:00

娘、久々、登場。

 『今は昔、竹取の翁といふものありけり。
  野山にまじりて竹をとりつつ
  よろづのことにつかいけり。
  名をば…』

中学生の娘が暗唱している。
ああ、なつかしいなぁ。
私も覚えたなぁ。
そんでもって中学生の頃に暗記したモノって、
35年たっても覚えてるもんなんだよなぁ。
と、一緒になって、『竹取物語』を暗唱してみたりする。
ところどころ抜け落ちてる個所があるものも(笑)。

母親が嬉しそうに一緒に唱えるものだから、
娘、ええ気になって、いろいろと覚えたものを唱え始める。

その中に干支があった。
  娘 「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、」
そこまでは、ふむふむと聞き流していた私。
  娘 「さる、きじ、いぬ、い」

え?

さる、きじ、いぬ…?
桃太郎ですか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中学生になってもお茶目なネタ作りに余念のない娘。
しかし、お年頃ゆえ、もはやブログには登場させまい…
と気をつかっていた母ですが、
これは逃せない!
娘の許可をえて、じゃじゃーん♪ お披露目です。

娘の友達が見ても、このくらいならOKなのかな。
[PR]
by a-kik | 2013-11-26 13:45

同窓会

「同窓会」で騒いできた。

っても、中学でも高校でも大学でもない。
「OLさん」時代の。

えーっ、柿ちゃん、OLさんしてたのーっ!?

まぁ、「OLさん」でどんなイメージをするかご自由ですが、
二十数年前のいっとき、大きなオフィスで働いていたことは事実ですな。
あ、いや、働くっちゅうか、
まだバブルをひきずる時期で、
遊んでお給料いただいていたような…。

そんなオフィスの一角で、
一時期一緒にデスクを並べていた同僚・先輩・後輩・そして上司。
こたびは、6人の集いに混ぜていただきました。
中には、ほんと、二十数年ぶりに再会した仲間(?)もいて、
最初はちびっと不安だったのだけど、
いや、これが、顔をあわせたら、わっはっは♪
一気に「あの頃」へタイムスリップ。

とはいえ、40代以上の人間が20年以上前の話をするのですから、
名前や顔がお互いの記憶の中を右往左往。
それでも、いや、それだからこそか(笑)大笑い!

最後はお互いの携帯を出して連絡先交換したのですが、
6人のうち、40代(あ、一人50代)女性5人が取りだしたのは、
いわゆるパカパカケータイ。
ええ、安心安全の(笑)ガラケー。
しかも、最終的には紙とペンがテーブルの上を交差して無事交換完了。

唯一、スマホ持ちで、しかもfacebookをこなしてるのが、
20年前に今の私世代だった元上司。
  「誰もfacebookしてないんか…」
と、ちょっと哀しそうな元上司でありました。


この集い。
今も現役で職場でがんばってるオネーサンがいてくれたからできた会。
オネーサンに感謝。
ずいぶん、骨を折られた様子。
ポキポキ。
そういえば、昔っからオネーサンには甘えてて、
ポキポキ骨おらせてたもんなぁ。
オネーサン、また、骨おってね。
何年たっても、反省の色のない柿です。
…黒いからね(笑)。
[PR]
by a-kik | 2013-11-25 13:38

ベイマラソンの後遺症

日曜のベイマラソン。
途中で小雨にふられた。
走ってる最中は「寒い」って感じることもあったが、
ゴールして冷えた。
シャツやらパンツやら着替えても冷えた。
なんでー。
ぬれたままの帽子をかぶりつづけていたからか。
頭っから冷えていたみたい。

どうも、鼻水じゅるじゅる。
風邪かなぁ。

ベイマラソンの後遺症が筋肉痛じゃなくって、風邪?
いやいや。
ベイマラソンの後遺症。
それは、自分の名前をパソコンで「柿」と打ちたいのに、
「牡蠣」と変換されることですぢゃ。
[PR]
by a-kik | 2013-11-21 13:57
毎日のこと。
マンションの駐車場で、
幼稚園のお迎え帰りの若い(多分)お母さん方が大話をこいてる。
にぎやかきわまりない。
その子どもたちが叫びまわり走りまわる。

 「危ないよ、車くるよ」

若い(多分)お母さん方が大声で叫んで注意する。
子どもたち、それでも走りまわり、
お母さんたち、それでも大話をこきまくる。

車は最徐行。
まぁ、駐車場内だから最徐行が当然だろうけれど、
まるで車が悪者みたい。

そこは駐車場。
遊び場でもなければ、若い(多分)お母さん方の社交の場でもない。
それでも。
母親が遊んでるんだから、子どもたちはここが遊び場だと思うのだろう。
母親が大声で話しまくってるから、子どもたちも叫んでいいと思うのだろう。

でもね、ここは駐車場。
そして、1階の住民がすぐそこで暮らす場所。
ちょっと想像してみようよ。

…できないのだろうな。
[PR]
by a-kik | 2013-11-19 14:56

言い訳の結果

前回、先に言い訳してたので、比較的に楽に更新です(笑)。
まずは、結果から。

第23回広島ベイマラソン大会
ハーフ
2時間17分16秒

2時間半って「控えめ(笑)」にしていた目標は達成したものの、
2時間14分02秒の自己記録を更新することもなく、
なんだか、とても中途半端な記録ではありますが、
でも、ああ、「戻ってこれた…」と安堵が一番。

ゴールに「戻ってこれた」もですが、
マラソン大会を走れる自分に「戻ってこれた」って。

一年半、大会を走る身分から引退(笑)して、
暴飲暴食暴言動(笑)の日々だったのが、
マラソンを楽しむ自分に「戻ってこれた」…って。

で、それは、やっぱ、待ってくれていた人がいたからでした。
k辺さん。
昨年のこの大会でフルを完走して、
私のハートを再点火(笑)してくれたk辺さん。
k辺さんが、ずっと、続けて走り続けていてくれたからこそ、
ここに「戻ってこれた」んだ…と実感しております。

なんだか、照れくさくて面と向かって言えないので、
ここで告白。
うふ。

k辺さん、ありがと。

そんなk辺さんは、昨日は本調子が出ず、
納得のいかぬ結果となったようです。
いろいろ要因を探って凹んでいるのかな。
 「風邪気味だったし、
  膝の調子が悪かったし、
  兄ちゃんの送り迎えが忙しかったし…」
と一生懸命フォローしている息子クンとダンナサマのやさしさに、
わたしく、なんだか、ジーン…としてしまいまして。
   
オドロイタのはk辺長男クン。
中学一年で初めてハーフに挑戦。
陸上部ではなく、バスケ部の彼。
長距離の練習は皆無。
スタート直後は「おとなしくついていく」と控えめ発言していた彼ですが、
3kmくらいで、さすがに私のペースではおそすぎて(笑)、
みるみる先へ。
結果、なんと、なんと、2時間4秒!
最初を抑えてスタートしたから後半バテなかったのか、
それとも最初っからとばしていたら楽に2時間きれていたのか。
すごいなぁ。
頼もしいなぁ。

k辺次男クンとk辺ダンナサマも5kmを激走。
私の持つ5kmの記録に3秒たりなかった次男クン、
悔しそうでありましたが、
ああ、もう、追い越されるばかりよね。

帰ってから参加者名簿をみたら、
なんと、娘の同級生も5kmを走っていました。
同日あった中学駅伝も娘の同級生が1年生ながらアンカーをまかされていたり。
世代交代をひしひし(笑)。

当の我が娘は、
私の実家でじいちゃんばあちゃんと楽しい時間を過ごしておったようです。
じいちゃんばあちゃん、疲れたろうなぁ(笑)。
今は同じ大会を楽しむ娘ではありませんが、
両親が楽しそうにマラソンを走っている姿は、
嫌でも記憶にすりこまれているだろうから、
それでいいかな…と思ってます。

会場には、夫の三次時代の同僚さん、今の同僚さん、
そして、夫のラン仲間でもあるsasukeさんもいらっしゃって、
周回コースでへばる私とすれちがうたびに励ましてくださいました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございまーす。
ゴール後、ほっと一息ついてるとき、
「ブログの人ですよね?」と声をかけてきてくださった方も。
ありがとうございました。


肝心のレース展開(って言い方をすると本格的だなぁ)は…。
ゆっくりゆっくりキロ7分…と思ってたはずなのに、
いざ、「よーいどん!」となったら、
嬉しくてわくわくして、
たんたか走って、
最初の1km地点で時計をみたら、キロ6分ちょい。
あらら。
柿ちゃん、飛ばしすぎよ。
でも、脚はとまらず、ええい、このまま行ってみよ!と
これまで何度もくりかえした過ちに突入。
1周5kmを4周するハーフ。
最初の1周、つまり5kmを帰ってきたときは30分ちょい。
つづいて2周、つまり10km帰ってきたときは1時間ちょい。
ここまでは良かった。
なんだ、私、走れるじゃん。
って、ええ気になった。
ところが、ところが、10~15kmで、がっくんガタ落ち。
いきなり左脚が動かなくなって、
雨が降ってきて冷えたのもあるかもしれないけど、
それはとってつけたような言い訳で、
原因は身の程しらずのスピードですな。
折り返し点でエアサロンパスもらってシュー。
ポケットからアミノバイタル出してチュー。
最後の1周でなんとか持ち直して、
ラスト3kmくらいは、ばんばか走れました。
って、私のレベルの「ばんばか」なんですが。
それで、冒頭のタイムです。

後半、走ってる最中、ずーっと、頭を巡っていたことは…。
 「ああ、ハーフでよかった。
  4周でよかった。
  フルは無理~」

来年、8周に挑むかどうかは、まだ考えられもしません。

周回なので、トップをものすんごい選手のスピードを身近に感じられもするこの大会。
何度もすれちがい、何度も追い越されるので、
私のようなヨロヨロランナーは邪魔になっちゃいかん…と
はじっこをヨロヨロ走ってたんですが、
ものすんごいスピードのトップ選手は静かに迫ってきて、
すーっと追い越されていくので、
追い越される瞬間まで気がつかないでいて、
何度か邪魔になったかも…と反省。

フルにエントリーしてた夫は、
「今日はハーフまで一緒に走ろうか」なんてスタート地点で言ってましたが、
1kmも行かぬうちに、私のスピードについてこれず(笑)、
ちゃーっと先へ。
その後も、ケガしないようにおさえて走っていたらしいのだけど、
ラスト2周くらいで、なんか火がついたらしく、ガーッとスピードをあげたらしい。
結果、3時間8分28秒。
私がハーフを走る間に2回おいこされるかな…と思ってたけど、
なんとかギリギリ1回でした。

そして、一昨年、大会が終わるギリギリまでいて、
帰り際に「まだ、ありますよー。おかわりぞうぞー」と声かけていただいて食べた牡蠣雑炊。
結果、夫は8杯いただいたのですが、
今年は、売れ行きよかったのか、あまりがなかった様子。
それでも、私は夫が両手にお椀を抱えて嬉しそうに歩いている姿を目撃。
すみません、たくさんいただきました。
おかげであったまりました。
スタッフの皆さん、ごちそうさまでした。


なにはともあれ、帰宅してからのビールが美味しい昨夜でした。
走れて楽しかった。
戻れて嬉しかった。
ほくほく気分でもあったのだけど、
でも、なんだか、もうちょいがんばれたんじゃない?
と、悔しさももれなくやってくる。

だから、記録がでてしまうマラソン大会はもういいかな…と思いもし、
だから、記録がでてしまうマラソン大会を挑戦すべきよ…とも思う。

いずれにせよ、朝のジョギングは楽しむだろうけれど、
ガタガタになってる左半身の筋肉痛と関節痛がおさまったら…ね(笑)

どこか左に負担がかかる走り方なんだろうなぁ。


あ、そうそう。
これまで挑戦した2度のフルで2度とも失速の要因だったトイレですが、
ハーフの距離では行かずにすみました(笑)。
設置してある仮設トイレの横を「必要ないもーん」と通り過ぎる快感。
楽しかった♪

ゴール後、お世話になった和式トイレはキツカッタですが(笑)。
[PR]
by a-kik | 2013-11-18 13:09

先に言い訳(笑)

ハーフマラソン。
初めて走ったのは、
2011年3月の福山で、2時間26分22秒。
後半の坂道は歩いてしまった。

2回目は、
2012年3月の岩国で、2時間14分02秒。
雨の中で寒かった。

さて、3回目…が、明日の坂町。

1回目は今より5kg痩せて軽かった。
2回目も今より3kg痩せて軽かった。
3kgくらい些細なもんじゃん…と思いはするけれど、
3kg余分に21km運ぼうとなると、かなりの負担。

ま、何キロであろうと21km走るなんて、負担なんだけど。
その負担を楽しむわけなんだけど(笑)。

体重もだけど、
1回目は今より2年半若かった。
2回目は今より1年半若かった。

ま、長距離に年齢は関係なく、
あったとしたら、経験がいかせる年配者のほうが速かったりするんだけど(笑)。

正直なところ、これまでで一番、今が走っている。
だけど、ゆっくり。
ゆ~~~~~~っくり。
スピードよりも、長く走るのが楽しい…って感じで。
1kmを7分前後のスローペースで。
だから、簡単に計算しても、
7分 x 21km で、147分。
2時間27分。
うん。
自己記録更新は考えられない。
目標は2時間半までに完走。


ってことで、先に言い訳は考えたぞ。
明日は走るだけ(笑)。



いやいや、楽しみはある。

1周5kmの周回コース。
ハーフは4周ちょい。
フルは8周ちょい。
夫はフルを走る。
さて、夫に何回おいこされるか。

k辺さんもフルを走る。
去年、5時間ちょいで完走したk辺さん。
途中、何度もすれ違うであろうk辺さんと、
笑顔で手をふりあえるのは、
何キロくらいまでだろうか。

明日、初めてのハーフに挑戦するk辺長男クン。
そして、5kmに挑戦するk辺次男クンとk辺旦那サマ。
彼らは、私の自己記録を破って、勝利のジュースを飲めるだろうか。

そして、夫は、牡蠣雑炊を何杯おかわりするだろうか。
ちなみに一昨年は8杯(笑)。

一昨年、初めてのフルマラソンで、この大会を走った私は、
32kmでリタイアした。
その最大の原因を自己分析したところ、
25kmをすぎたあたりで行ったトイレ。
その簡易トイレが和式で脚がガクガクで…(笑)。

でも、大丈夫。
明日は21kmだから。
トイレはゴールしてから行けばいい(笑)。


ま、楽しもう♪



あ、そうそう。
先週お騒がせのラジオ。
夫のラジオ出演。
その後、す~んごい苦情メールを送り付けた私。
ええ、モンスターペアレンツならぬ、モンスターリスナー。
お詫びの電話がかかってきて、
(私が着信拒否してたから、すったもんだありましたが。うふ)
夫が出てくれ、一応、謝罪は受け入れ、
放送は明日と連絡いただきました。

って、明日は走ってる最中だからきけんけど。

明日のお昼12時から走ってない方、
他にすることないからラジオでもきいてみるか…と思われてる方、
東京FM系(広島では広島FM)「マエムキズム」を流してみてください。
[PR]
by a-kik | 2013-11-16 16:39

鑑賞

土曜日は広島県立美術館に「シャガール展」を。
火曜日はシューベルトの「魔王」を音楽鑑賞。
そして昨夜は「ひろぎんトゥモロウコンサート」でドボルザークの「新世界から」を。

おお。なんと文化的な日々。
って、火曜のシューベルトは娘の音楽の授業の参観だったのですが(笑)。

シューベルトの「魔王」?
ドボルザークの「新世界から」?
なんじゃらほい。
って、クラシック音楽に詳しくなくても、
きいたら、「ああ~」ってうなづける聞き覚えのある曲です。

「お父さん、お父さん♪ 魔王がいま~♪」って中学のときに習いませんでしたか?
  それが、シューベルトの「魔王」。
「遠き山に日は落ちて~♪」ってキャンプファイヤで歌いませんでしたか?
あるいは『下校時間になりました』って校内放送が流れるときに一緒にきこえていませんでしたか?
  それが、ドボルザークの「新世界から」。

って、私もそんなに詳しくはないのですが、
子どものころ、何度か、
クラシック音楽好きの父にコンサートに連れてってもらったことがありました。
だからって音楽通になることなく、今の私が出来上がってるのですが。

そういえば、子どものころは、
年に何度か美術館にも連れてってもらっていました。
だからって絵画通になることなく、今の私が出来上がってるのですが。

でも、ま、「うわ、やっぱ、本物はすげぇ」と感じることが、
年に一度くらいあると嬉しいかも。

娘も音楽家にも美術家にもなりそうにもないけれど(笑)、
でも、ま、「そういえば、子どもの頃、母さんと行ったなぁ」って、
大人になって思いだしてもらえれば嬉しいかも。

そんなレベルですが、ちょっと芸術の秋気分。
いや、一気に冬めいた気候になってきてはいますが。

にしても、そんなクラシックコンサートを聴きにいったり、
美術館いったり、
優雅ですな、柿ちゃん。

ふふふ。
それがですね。
両方とも当たったんです。

ひとつは某新聞社のプレゼント。
ひとつは某FM局のプレゼント。
さらに、さかのぼれば、
夫が当てて娘と行った映画「ワンダイレクションThis is us」のチケット。
娘は某雑誌でシャンプーのセットが当たり、
さらにさらに夫はサンフレッチェのチケットが当たって。
しかも、同じ試合で、ひとつは某タウン情報誌、ひとつはTV局から。
あと、ハムスターがらみで選んだ番号で買ったナンバーズも…。
なんか、すごいじゃん。
これは、年末ジャンボ、買うべき…よね。
[PR]
by a-kik | 2013-11-15 14:04