芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

転勤族…?

引っ越してきて1ヶ月月ちょい。
ちょこちょことご近所の方と会話する機会も増えた。

 「どちらから引っ越してこられたの?」と尋ねられ、
 「三次です」と答えると、

 「あら、うちの主人の実家が三次ですよ」とか、
 「あら、私、三次の生まれです」とか、
 「あら、三次はよく遊びに行きますよ」とか、

三次をキーワードに会話が広がる。
嬉しい。
三次のことを話せるのが嬉しい。

それから続いて尋ねられるのが…;
 「転族?」

正しくはなのだが、初対面の人に経緯を説明するのも変。
しかし、転勤でもなく、これから転勤の予定もない。
なので、
 「転勤族?」と問われると、
 「そんなもんです」と答えていた。

しかし、よく考えると、「そんなもんです」って「どんなもん」?
なんだか、あやしい。
なので、これからは、
 「転勤族?」と問われたら、
 「です」と答えようかと思う。

夫も私も転職の経験豊富。
履歴書を書くのも大変。
国民年金の確認作業も大変。
ものすごい転職の数。
こりゃ、転職族でも族長を名乗れるぞ。

とブログには書くけれど、いざ、「転勤族?」ときかれたら、
「あは、そんなもんです」って笑ってごまかすに違いないな、私。
[PR]
by a-kik | 2011-08-31 14:51

ネズミとり

娘とドライブ中。

対向車線の車がすれちがいざまにパッシングしてきた。
 「あ、ネズミ捕りしてるかも」と呟いたら、
娘が、ポツリポツリと告白してくれた。

 「うちね、だいぶん前だけどね、
  母さんが父さんに、
  『ネズミ捕りがおるかもしれんけぇ、気ぃつけんさい』って言っとるのをきいてね、
  道路でネズミを取るおじいさんとかおばあさんがおるんかと思っとったんよ

どうやら、
田舎道では、道路わきでネズミを捕獲するお年寄りがいる場所があり、
その周辺を走行するときは、
そのお年寄りをひかないように気をつけなさい…ってことだと思っていたそうだ。

『ネズミ → おじいさん&おばあさん』の図式は、
幼稚園のときの発表会の『おむすびころりん』の影響かなぁ。


なんて話しながら運転していると、
草むらに速度測定器を発見。
その先にはおじいさん…ではなく警察官。
暑い中、ご苦労さまです、おまわりさん。


そういえば、結婚する前、夫とドライブしていたら、
すれちがう車がことごとくパッシングしてきた。
ライトつけっぱなし。
トンネルを出たあと、ライトを切り忘れてることが多かった夫。
それが5~6回続いた。
当時、まだ夫を「キクチくん」と呼んでいた私。
 「あ、キクチくん、また、ライトつけっぱなしじゃない?」
と助手席から可愛らしく注意をうながしたもんだが、
今は、ドスがきいた声でボソッと一言。
 「ライト」

なんだかライトがかわいそう。
[PR]
by a-kik | 2011-08-29 10:07

やっぱり、降るよね。

音楽にふれ文化的なお昼をすごしたあと、
夕方から行ったのは…。
紫の人たちがたくさんいるところ。
f0137402_11154213.jpg

広島ビッグアーチ。
サンフレッチェ広島のサッカーの試合。


三次市から広島市に転入し、
区役所で転入手続きをしたら、
広報はもちろん、ゴミの出し方や、市制についての冊子をドサッといただいた。
かなりの紙、紙、紙…。
そんな中の1枚が。

f0137402_11132579.jpg


広島市の魅力であるサンフレッチェ広島のホームゲームに
転入者の皆様をご招待!

書いてある通りに申し込みをして、
昨日のアルビレックス新潟にご招待してもらいました。

「さ、出掛けよう」…と玄関を出たら、
2件お隣のご家族も「さ、出掛けよう」と玄関を出られたところ。
このご家族、我が家と同じ週末に引っ越してこられていた。
もしや?
「サンフレッチェ?」
「サンフレッチェ!」
それまで、ちょっと遠慮気味に挨拶をしていたけれど、
一気に打ちとけました♪

が。
玄関を出るころ、お空の上からゴロゴロと音が。
雲も真っ黒く、どんよりと。
大雨や雷の注意報やら警報やら出てるし。
おいおい、またかい、雨女以上の異常気象女パワー炸裂?

ビッグアーチに到着したころには、
「どこかで雨が降ってるな」って涼しい風がふきはじめ、
座ったころにはスタジアムの上空は真っ黒になり、
空がピカピカ光り始め…。
それでも前半は降ることもなく、
ハーフタイムも終了し、
このまま持ってくれれば…と思っていたら、
ポツリポツリ。。。
ああ。
きましたか。
カッパ着用。

ここんとこ山や川よりスポーツ観戦にときにしか着てないカッパ。

それでも1点ゴールし、
うおー!と雄たけびを上げ、
タオルを振り回し、
サポーターと一緒になってジャンプ、ジャンプ。

ゲーム終了のころには雨もあがり、
試合にも勝ち、
気分よくスタジアムを後にしたのでした。

が。
電車をのりかえ最寄りの駅で降りたら…ザー。

ここまで雨に降られたらネタにもなるから、いっか。
と思うしかない私なのでした。



ありがとよ、雨。
[PR]
by a-kik | 2011-08-28 11:28

あいうえオーケストラ

「アフィニス夏の音楽祭2011広島」が開催されている。
1週間ある音楽祭の中、
本日、音楽交流プログラム「あいうえオーケストラ」があった。

むずかしいことはわからないのだけど音楽は好き。
プロの演奏が聴ける。
無料で聴ける。
抽選に受かれば楽器体験もできる。
…ってんで申し込んでいた。

娘、トロンボーンに挑戦。
音、出ない。
娘、フルートに挑戦。
音、出た。
娘、ヴィオラに挑戦。
でかくて重くて疲れてた。

いろいろさわらせてもらって一番気にいったのが、












f0137402_166242.jpg

ホルン。

どうやら好きな物語に出てくる楽器らしい。
娘、ご満悦。


その後、コンサートではロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」が演奏され、
「ああ、『オレたちひょうきん族』のテーマ曲だ…」と思った世代の私。
今、娘との間で『ぱーでんねん』の決まり文句が流行っていて、ニヤリ。


さて、今日はこれからもう一つのイベントが。
その詳細は明日…か、明後日。
[PR]
by a-kik | 2011-08-27 16:09

三次

昨日~今日、三次に遊びに「帰って」きた。

6年ちょい暮らした三次。
引っ越してちょうど1ヶ月。
三次の町に入ると「ああ、帰ってきた」と思える不思議。
一泊して、今朝、広島へ車を走らせていたら…。

 「今から広島に遊びに行くみたいじゃね」

娘がポツリと呟いた。
なんだか涙が出そうになった。

大切な友達が暮らす町、三次。
ふるさとが、また一つ増えた。
[PR]
by a-kik | 2011-08-26 14:42

ズムスタ

「俺が球場に行ったらカープが勝つ!」
  とか、
「私が行ったら負けちゃうの」
  とか、
耳にすることが多いカープ観戦。

キクチ家の場合、その確率は……




















雨。

ホントのところ、勝ち負け以前の問題。
雨女…以上の異常気象女パワーさく裂ですわ。

ここ数年はシーズンに1回か2回しか観戦に行けていないのだけど。
三次から計画的に観戦するために事前に指定席を取って。
一昨年は三次から出てきて球場前に着いたら雨天中止。
昨年は弁当まで買ってたら「さあ!」と意気込んでいたら台風で中止。

そして、昨日は…。
はい、昨日も行ったのですよ、マツダ・ズームズーム・スタジアム。
広島市民になって初の観戦。
球場が近くになったのだから当日の自由席で!と思いつつも、
一緒に見よう!と誘ってくれた両親に甘え、先週、指定席を購入。
そしたら、朝から雨ですわ。
昼にはあがると期待していたら、注意報が警報に変わる雨ですわ。
それでも試合があるなら行かねば!

行きました。
ぬれました。
負けました。

カープ侍に声もかけずに観戦した罰か?


まぁ、勝った負けたより、
雨天で中止にならずに試合を見れたことを喜ぶべきだろうな…。



当日の朝、広島ブログの方々のブログ巡りをしていて、
この方この方も行かれると知り、
連絡とって試合前の数分(数秒?)お会いしました。
おふたかたは自由席でも雨の心配のない場所での観戦。
さすが!
カッパ着用のスクワット応援はつらかったっす。
[PR]
by a-kik | 2011-08-24 10:48
広島市内の家を出るとき雨でして。
一か月前まで暮らしていた三次を通過するときも雨でして。
県境を越えて島根県に入っても雨でして。
三瓶山に到着したら雨足が強くなりまして。

ああ、やっぱ、雨女以上の異常気象女の私の責任なんだな…。
と空を見上げた2011三瓶高原クロスカントリー大会。

夫8km、私5km、娘2km。
去年は3人そろって、それぞれの部で入賞し、
記念の楯を3つ並べることができたので、
今年も2年連続の楯3つを狙うべく乗りこんだのだけど…。

ザーザー雨と、びちょびちょ足元にモチベーションあがらず。
娘、受付をすませ参加賞をもらったとこで…棄権。
私もとりあえず受付をすませ、参加者名簿をみたら…。

40代女子参加者7人。

お。
走ろう。

だって8位まで入賞。
完走すれば入賞。
どんだけ雨が降ろうと走ってやるぞ。

この大会、妻ランナーズ仲間のK辺さんも参加。
とはいえ過酷で過密な(笑)夏休みスケジュールの関係で、
K辺さんは夫サンと次男くんとウォークランにエントリー。
走れば入賞だったのだけど、K辺さんは家族3人で雨の中のウォークラン。

直後、小学生の部2kmに出場したエース(!)K辺「長男」ヒロアキくん。
「少人数だから入賞できるかもよ」との私の言葉に、
見事にだまされた形になってしまったヒロアキくん。
ごめんよぉ。
5年男子があんなに多かったとは…。
走れば入賞は40代女子だったね…。

視界も足元も悪く、降りしきる雨の中、走りきりました。
部門 12位/25人 は立派!

夫のラン仲間けにゃさん一家もエントリー。
けにゃさん長男クンは4年生の部で3位。
すげー!

それから3kmが4つのコースにわかれて行われ、
約1時間半後、
私がエントリーしている5kmの部がスタートする頃には、
雨があがり、日が差し始め…。
ホッと安堵したものの、今度は一気に日ざしが暑くなってきて…。
うわ…。

そんな中、スタートですわ。

完走すれば入賞…とはいえ、
走るからには自己記録更新したくなる欲張りオバチャン。
練習どころかジョギングすらしていないくせに。
去年は30分40秒で部門4位。
今年は30分切りたいな。
練習もしていないくせに言うことだけはいっちょまえオバチャン。

とは言え、しんどい。
しんどいことは嫌い。
なのでペースが落ちる。
ペース落ちたら30分きれない。
まずい。
がんばる。
ぐ~っと登る坂道で一生懸命に腕をふる。
腕ふりの勢いで登る。

登りのカーブを曲がったらカメラマンがいた。
後日、インターネットに掲載されて、申し込んだら写真が買えるサービスがある。
サービスっていうか、そういう商売。
カメラマン、芝に這いつくばるようにして、ランナーを撮っている。
カメラがこっちを向いた瞬間、思わずポーズをとってしまう私は、いったい何者!?
しかも…。

 「べっぴんさんに撮ってくださーい!」

って無茶な注文をしたりして。

それでもカメラマンさんはプロ。
「OK! べっぴんに撮れたよー!」
と励ましてくれ、その後の登りのパワーをくれる。

途中、抜かれた同じ40代女子のランナーを抜き返し、ゴール。
31分28秒。
5位。
あは。
去年より1分弱遅く、去年より1つ順位も落ちた。
ランニングに表れる数字は正直。

直後、夫の部がスタート。
夫は8kmを31分48秒でゴール。
私より3km長いのにタイムは20秒しか違わない不思議。

夫は部門4位。
こちらは走れば入賞ではなく27人中の4位。
あいかわらず、やるのぉ~。
しかし、納得のいかない顔をしている夫。
3位に入りたかったらしい。
39歳以下の部なら3位に入れていたらしい。
だがね、夫、あなたは40歳。
40歳以上の部。

長距離に関しては若さだけでなく経験がものをいうのだと再認識。

それでも2人とも副賞の「芋ラガー発泡酒」を一本ずつもらい、笑顔。
ゴール後の豚汁は、ほとんど具がなく、汁ばかりだったので、
来年は自分たちが走る前に(2kmが終わったときに)食べよう…と決意しながらも。

その後、娘が楽しみにしてた三瓶自然館へ。
三瓶に来るたびに入館して、ほぼ内容を知り尽くしていても好きらしい自然館。
そこで、再びK辺さん一家と再会し、
けにゃさん一家とも再会し、
閉館時間まで遊んで帰ったのでありました。


翌日。
泥だらけの靴と靴下と格闘。
お気に入りのジョギングシューズが泥で汚れるのは嫌だったけど、
染みついた色が、なんだか勲章に見えてきたランナーバカな私。


走っていないはずの娘の靴も泥だらけだったけど。
[PR]
by a-kik | 2011-08-22 12:36
カープの応援に熱がはいるキクチ家。
なにがなんでも、カープのファンであり、
カープを応援する私を見て、娘が尋ねてきた。

 娘 「うちが男の子で、
    野球がうまくて、
    カープの選手になって、
    すっごい活躍して、
    それで巨人か阪神の選手にかわったら、
    お母さん、どっちの応援する?」

さて、母はなんて答えたでしょう。

1.カープ
2.移籍先のチーム

答えは…。

























 「親子の縁を切る!」

広島人なら当たり前じゃろ~。


ま、そんな心配をするほど野球が上手なわけではない娘だけどね。
上手や下手ってレベル以前に、野球したことがない娘だけどね。
野球だけでなく、スポーツ全般は「見る」専門の娘だけどね。
[PR]
by a-kik | 2011-08-18 11:04

オレオレ電話

娘の幼稚園時代のお友達&その母たちと「お泊り」したとき。
夜もふけ、子も寝静まり、母たちのお喋りが盛り上がりました。

前日も夜更かししていた私は、缶ビール1本で、ほんわか気分。
皆の話をきいていました。

 S田さん「…だから、オレオレ電話しなさいって言ったのよ」
 I田さん「えー、オレオレ電話!」

そんな2人を微笑みながら頷くN山さん。

オレオレ電話が話題とは…。
なんの話題…?

一生懸命にきいていたら、遊びにきた子どもがするらしい。
なんと!
親の留守にあがりこんでオレオレ電話するのか!?

驚いて会話に参入した。

 私「人ん家で、オレオレ電話かけてんの!?」

いいえ。
皆さんが話題にしていたのは、オレオレ電話ではなく…。



















 お礼の電話 でした。




しかし、オレオレ電話でお礼の電話かかってきたら…。

 「はい。もしもし?」
 「あ、オレオレ。ありがと。」
 「はぁ?」
 「だから、ありがと!」
 「…なにが?」

一種の迷惑電話に違いはないが。
[PR]
by a-kik | 2011-08-11 15:18

中国新聞

お世話になっている中国新聞。

かつては『家族らんランRUN』を連載させていただいたり…。
娘の投稿を『ヤングスポット』欄に載せていただいたり…。
夫の投稿を『広場』欄に載せていただいたり…。

お世話になっています、中国新聞。

本日、また、私の文章を掲載していただきました。
『わたしの平和宣言』

書き手は安佐南区のフリーライター?
誰じゃ?
と思ったら自分でした。
てへ。

文章はコチラの中国新聞HPからも読んでいただけます。

いや、ほんっと、中国新聞さんにはお世話になっています。
このたびの引っ越しでも、割れものを包んだり、段ボールのすきまにつめこんだり…。
ほんと、生活に密着した中国新聞。


ありがとう、中国新聞。



私の文章もどこかで梱包する際に役立つことがあるかな…。
[PR]
by a-kik | 2011-08-02 22:54