芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

日曜の朝。
起きたら、お外は真っ白のガリガリでした。
そんな中、行ってきました。
岡山県井原市美星町。
「第29回星の郷ふれあい健康マラソン大会」。

氷点下の気温で、
かなりアップダウンのあるコースで、
レベルの高いランナーさんの多い大会。
でも沿道のおじちゃんおばちゃんの声援と、
コース各地点に立って誘導してくださるスタッフの皆さんの笑顔に、
心も身体もあったまる大会でした。

そのおかげで…。
10kmを57分15秒で完走できました。
わずか21秒ですが自己記録更新。

ありがとう、美星町!

小雪が舞い、路面も凍結している箇所もありましたが、
そこは晴れの国・岡山。
青空もでていました。
大会の参加者の車が並ぶ駐車場で、
ひときわ目立っていたのが、
三次から参戦した我が家の車と、
妻ランナーズK辺さん家の車。
雪や氷、つららをぶらさげた車は私たち2台だけでした。

しっかし…。
朝5時に起きて、
3時間かけて行って、
2時間待って、
1時間走る。
まだ私は1時間近く走れたからいいけど、
同じ10㎞を走ったはずの夫なんて、
37分10秒しか走ってない。
もったいない走りだなぁ、夫。
[PR]
by a-kik | 2011-01-31 13:25

ある意味、耐久レース

2週間前。
運動公園から風土記の丘まで走って、
帰りに迷子になった私。
今週は迷子にならないように、
運動公園の中をぐるぐる周回した。

陸上競技場、テニスコート、野球場、サッカーコート…。
1周2kmちょいくらいかな。
4周でギブアップ。
つかれたんじゃなくて…あきた。

やっぱ、景色に変化あるところを走るほうが楽しいなぁ。





雪が降ったりやんだりの変化はあったんだけど。
[PR]
by a-kik | 2011-01-28 09:59

整理好き

新聞にでていた「お年玉年賀はがき」の当選番号。
娘、楽しそうに並べて、
一枚一枚一言一言つっこみながら
番号を確認していました。

 娘「くーっ、おしいっ。
   かーっ、これも おしいっ!」
 私「楽しそうだね」
 娘「うち、こーゆーの好きなんよ。
   こうやって整理するの、大好きなんよ!」

整理するのが好き?
それなら、自分の…。

 娘「自分の部屋は整理せんけど!
   へへっ、先に言うちゃった!」

娘に先こされるようになりました。



そんな娘が投稿した川柳が、
(「あーとさん」ブログの川柳には応募できてないくせに!)
本日の中国新聞14頁「はぐハグ」に載りました。

 マラソンを 走った次の日 筋肉痛

ふっ。
筋肉痛になるようじゃ、まだまだ練習不足じゃの。
(ちょっと負け惜しみの母です)


大好きな「山田さんち」の漫画と同じ紙面に載れた娘、大喜びです。
[PR]
by a-kik | 2011-01-25 10:46

神様、あきれる?

土曜は夫の前厄の厄払いに行って参りました。
神様に会いに行くのだから…とスーツ着用の夫。
私も娘も、ちょっとカシコマッタ格好で。
でも、同じ時間帯にお祓いしてもらった人たちを見てビックリ。
ほとんどの人が普段着。
「シャツ、出てますよ」とか
「ズボン、やぶけてますよ」とか
注意したくなる「いまどき」の服装の若い夫婦は、
帽子もかぶったままで泣き叫ぶ子どもを抱っこしてました。

そんな格好でもお参りにくるのは、
ぜーんぜん神社に見向きもしないよりもよいのだろうか。

神様、どう思う?

と、神様にため口をきく私もどんなもんだか…。

それでも、背筋をシャキっとのばして、
厳かにしてお祓いしていただいたあと、
車で着替えた一家。
だって「よそいき」のままでは肩こっちゃって…。

普段着に戻ったキクチ家が向かったのは…NHK広島。
広島駅伝応援イベントがありまして。
朝ドラ「てっぱん」の駅伝くんのトークショーもあるとか。
島根のゆるキャラ「しまねっこ」もいるとか。
各地の美味しいものもあるとか。
それぞれの思惑を胸にひめ、NHK広島へ向かった一家3人。

夫は、早速に沖縄ソーキそばを手にし、
娘は、「しまねっこ」と写真をとり、
秋田の「なまはげ」ともツーショットをとり、
食べ物を前にスイッチが入った夫と別れて、
私と娘は建物内のスタンプラリーに。
トークショーまでは時間あるし、
会場はすでにズラリと人が並んで場所とりしてあったので、
まぁ「駅伝くん」一目チラリと見られたらいいかな…と
半分あきらめ気分で娘をスタンプを探していると、
夫から携帯に電話。

 夫「今、外のエスカレーターんとこにおるよ」

今、あなたの居所を電話で言われても…と
戸惑っていると、夫、さらに一言。

 夫「駅伝くんが」

はよぉ、言わんかいっ!
携帯をにぎりしめたまま、娘とダッシュ。
ダーッと外に出てみたら、すでに人だかり。
ダメだ、こりゃ…と思いながらも突っ込んでいく。
右手に娘の手。
左手に携帯カメラ。
そしたら、なんと、まぁ!
ちょうど、彼がこちらへ移動してくるではありませんか!
人だかりごと!
ふんっ!
押されないように踏みとどまっていると、
おおおっ!
「駅伝くん」、1mの距離に!
おおおっ!
さらに、その場で立ち止まってアナウンサーと話してます。
あ。カメラで撮影中だったのね。
背後からオバチャンたちの携帯カメラがニョキニョキ。
私も負けずに携帯カメラをかかげ…。
すーんごい近距離でパチリ。
やったー!

嬉しくなって自慢げに北国の若葉っちへメール。
まだまだ嬉しくて邑智郡のシャロン。にもメール。
さらに両親にも。

私の手を握り続けていた娘は大はしゃぎ。
「母さんが、あんな野次馬になるなんて!」
と大笑い。

わっはっは!
母さん、若い男の子が好っきゃもんなぁ。

苦笑いの夫と大爆笑の娘と興奮状態の私が、
次に向かったのは、広島グリーンアリーナ。
「島根ふるさとフェア」。
ここでも人ごみにもまれ、
そして懐かしい顔と再会を果たし、
(Kっち、会えてうれしかったよん♪)
旧市民球場の裏手に回ると、
オークションに出されるサイン入りベンチなどが
展示してあって、娘と見入って…。

紙屋町・八丁堀…と都会の空気に酔い、
再び平和大通りへ出て、
国際会議場前で開会式を終了した駅伝選手たちとすれ違い、
それから、それから…。

てんこもりの一日でした。

帰ってきたのは夜8時を回っていました。
 私「いや、いろんなとこ行ったね~」
 娘「うーん。疲れたよー」
 私「今日、どこ行ったか全部おぼえてる?」
 娘「うーん。うーん。。。」

NHKとか、島根とか、駅伝とか、
いろいろ言えてましたが、
いっちばん肝心な厄払いにいったことを、
すっかり忘れていた母娘でした。

神様、ごめんなさい。
こんな妻子を養う夫を御守りください。
[PR]
by a-kik | 2011-01-24 10:32

シモヤケ

手が痛いです。
いえ、厳密にいえば指が痛いです。
どの指?
突き指したの?
いいえ。

…シモヤケです。

両手10本の指だけみれば、
「今、チョモランマから下山してきました。
 命からがら降りてきました。」
ってな感じです。

ドス黒いです。
きちゃないです。

それでも本人は毎年冬はこんなもんぢゃ…と普通に過ごしています。
そしたら、娘の小学校でふと隣に立った人に心配されちゃいました。

 「ど、どうしたの、その手っ!?」

どうも普通の状態には見えなかったようです。

 「あ、いや、その…恥ずかしながらシモヤケです」

てへへ。と笑って答えました。

そしたら一言。
 「まぁ…。この平成の時代に…」

平成でも昭和でも江戸末期でも、シモヤケはシモヤケじゃい。
きっと、人類が月面で暮らすようになってもシモヤケは滅びんわい。
月面、寒そうだし。


子どもの頃も毎年スゴイ手をしてました。
「大人になったらシモヤケにならんようになるよ」と言われました。
45歳の今…。
まだ子どもの私です。
うふ。


ジョギングするのに防風の手袋かおうかな。
間違って暴風の手袋かわないようにしなきゃ。


寒い中、風きってジョギングするからシモヤケも悪化するんじゃないか?
いえいえ、風きるほどの速度じゃありませんし。
それに、ジョギングを楽しんだ日は血行がよくなるのか、
シモヤケの腫れも控えめです。
それだったら、毎日ジョギングすればいいのに、私。

足はシモヤケなってないんだから、
ジョギングはできるはずなのに、私。

ぼちぼち雪もとけてきているはずなのに、私。


あ~、指イタイ。




本日金曜日。娘ブログ更新しました。
[PR]
by a-kik | 2011-01-21 19:32

一勝

娘とゲームした。
3回戦。
1回戦は私が勝った。

 娘「ああ、おかあさんの いっしょう」


『お母さんの一勝』って言ったよね?
『お母さんの一生』じゃないよね?
『お母さんを一笑』でもないよね?



そして大人げない私は3連勝。
娘、ハブテル。
[PR]
by a-kik | 2011-01-20 14:56

音楽家


 娘「お母さん、シーボルトは音楽家よね?」

シーボルトはお医者さん。
音楽家はシューベルト。

どっちの話題をしたかったのかな、娘?
[PR]
by a-kik | 2011-01-19 12:24

フルマラソンの途中で

フルマラソンを走った………夢を見た。

夢の中では、ええ調子で走っていた。
大会中に友達になったらしい見知らぬ人と並んで走っていた。
55km地点。

フルマラソン(42.195km)なのに、
55km地点があるって、
やっぱ夢。

そこは公園だった。
道に鞄が落ちていた。
開けてみたら札束がギッシリ。

「もらってください」とメモもあった。
「タイガーマスクより」とはなかった。

一緒に走ってる人と、
「20万円ずつもらっていこう」と決めた。
なぜ、20万円なのかはわからない。
そこが夢。

で。
20万円を手にして困った。
ランニングウェアには20万円をしまうポッケがない。

そんなこんな悩んでいたら目が覚めた。

今後、フルマラソンを走る時がくるならば、
20万円がはいるくらいのポッケをぬいつけて出場しようと思った。


20万円より必要なのは地図じゃろ、私。







【妻ランナーズ業務連絡】
K辺さんへ。
話題のアレはここをクリックだよん→ここ
と、choroさんにプレッシャーをかける私であった。
うひ。
[PR]
by a-kik | 2011-01-18 16:04

先週の事件

雪、降りましたね。
三次に越してきた5年前と同じくらいの積雪でしょうか。

日曜の昨日。
さすがに子ども会のとんどは中止。
でも、お飾りさん集めはあり、
娘や近所の子どもたちと朝から雪の中を歩き回りました。
その勢いでアパートの雪かき、車の雪おろし。
その勢いで昼前からビールを一缶あけました。
いやぁ、久々のウィンタースポーツ。

月曜の今朝も膝までの雪。
さすがに夫は車で通勤。
通常なら車で10分もあれば行ける距離ですが、
40分かかったようです。
会社に到着して「無事ついたよ」と一報をくれましたが、
「スノーシューはいて歩いたほうが早かったよ」と
笑っておりました。

お外は真っ白。
雪を理由にジョギングをさぼってしまいそうな私。
それでなくても、なんやかや凹み気味の毎日。
こーゆーときは走れば気分も晴れるんだろうけど、
わかっちゃいるけど、なかなか走る気にさえなれず。
そんな中、先週の木曜に事件は起こりました。

木曜。
娘の同級生のお母さんたちと、
 (いわゆる「ママ友」ですが、
  「ママ友」とひとくくりにできないほど、
  濃い(?)「友」です)
ソフトバレーの日。
朝は小雪が舞っていたのですが、
バレーが終わる昼前には暖かい日差しがぽかぽか。
太陽光線にとかされたのか「走ろう」気持ちが上昇。

車を運動公園に置いて、風土記の丘まで走ろうか。

ソフトバレー監督(!)であり、
「妻ランナーズ」メンバーでもあるK辺さんお勧めのコース。
よし!
軽くストレッチをして出発しました。
運動公園の裏側から美術館の前を通り、
農道から375線に出て歩道をゆっくり。
交差点が2つあり信号待ちではストレッチ。
約30分で風土記の丘に到着。
5㎞少々。
ここでUターンしたら10kmかな…。
風土記の丘でトイレを借りUターン。
ああ、やっぱ、走るって気持ちええなぁ。
なんとも晴れ晴れするなぁ。
走ってると考えることがみな前向きになれる。
前向いて走ってるからかなぁ。
自分でも笑ってしまうような思考回路を抱えつつ、
気持ちよくジョグ、ジョグ。。。
ちょっとアップダウンもあり、
でも、しんどくなるような坂でもなく、
走りなれていない道は新鮮、新鮮。
うん、新鮮、新鮮…あれ?
この道、どこ?
来るとき通ったっけ?
通ったよな。
一本道だし、間違えるはずないじゃん。
間違えたらアホやで、私。



















アホでした、私。

どうやら、2つあった交差点。
帰りは2つ目を左に曲がらねばならないのを、
1つ目で左にはいっていた様子。
でも、一本違うだけ。
方角はあってんだから、この先で一緒になるんちゃう?
ならんかったら、笑っちゃうよ、私。



















笑っちゃいました、私。

なんだか離れて行ってる気がするな…と
わかってきた頃には、
交差点から15分くらいは走ってました。
坂道もかなり登ってました。
ここで戻るのはもったいない。
もうちょっと行ってみよう。
きっと、この先で道がつながってるって。
あのカーブを曲がったら、見えるって。
タッタッタ。
あら、まだダメか。
じゃ、あのカーブ。
タッタッタ。
あら、また?
じゃ、あのカーブ。
タッタッタ。

いいかげん、あきらめろよ、私。

道路は新しくてきれいなのだけど、
民家がなく人もいない。

えーん、この道、どこにつながってんの?

後ろから私を抜かしていった軽トラが
ちょっと前で停車した。
お。
運転手のおっちゃんにきいてみよっと。
近寄ると、おっちゃん、運転席で地図をにらみつけるように見てる。
あかん、おっちゃんも迷ってんじゃん。
おっちゃん、こっちをチラリとも見ず、
急発進してUターン。

えーん、また一人ぼっち。

右手に山を越える細い道が一本。
この道を行けば、
山をこえて、運動公園に戻れるに違いない。
うん、そうに違いない。
50mほど登ってみる。
雪が残ってる。
えーん。
熊とか猪とか鹿とか猿とか何かいそう。

元の車道に戻る。

…あの交差点に戻ろう。

痛み始めた膝をかばいつつ、
来た道を帰りました。
交差点まで戻ったときには涙が出そうに。
あんなに気持ちよく走ってたのに。
えーん。
膝いたいよ。
心も痛いよ。
運動公園に戻ったら1時間半経過してました。

でも、気持ち的には3時間走ってた感じ。

お腹がすいたので、
スーパーでたらふく買い物して帰りましたとさ。

帰ってから地図をみて、笑いました。
方向音痴にもほどがあるな、私。
あそこで引き返してて良かった。
でも、ちょっと悔しいので、
もっとちゃんと長距離走れるようになって、
あの道を54号と突き当たるまで走って、
ぐるっと三次ひとまわりしてみたいとも思ったのでした。

ま、思うだけならネ。
[PR]
by a-kik | 2011-01-17 12:53

百万


 娘「母さん、あれ、百葉集だったっけ?」
 私「校庭のすみっこにあって、中に温度計がある白い箱?
   それは百葉箱よ」
 娘「ちがう、ちがう。百万集だっけ?」
 私「お母さんが欲しいのは百万円」

 娘「…ちがうって!

万葉集が出てくるまで、いくつ数がでてくるかな…。
[PR]
by a-kik | 2011-01-14 16:23