芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ブライダルプラザ

ラジオ一家の我が家。
ラジオのCMもテレビと同じで、
たいてい決まった時間に同じCMが流れる。

ここしばらく娘と2人でツッコミをいれてるのが、
「H●Mブライダルプラザ」のCM。

若い男女が携帯で会話している設定。
 女「今、どこにいるの?」
 男「H●Mブライダルプラザの前で待ってるよ」
 女「うそー、金座街じゃないの?」
 男「えー、シャレオでしょ?」
そこでナレーションがはいる。 
 「そうです。H●Mブライダルプラザは、
  金座街とシャレオにあります。お間違えなく」

かなり以前から長くかかっているこのCM。
 娘「まただよ。また行き違いだよ、この2人」
 私「そうだね。そのうち別れるね」


今日も行き違っていた2人。
来年はH●Mブライダルプラザで結婚準備できるだろうか。



昨日は読書でパソコンに見向きをしなかった娘。
本日はブログ更新しとりました。
娘ブログ「はるはる文芸部」はコチラ
[PR]
by a-kik | 2010-12-28 10:42

十二支

年賀状をかいていた娘。

 「お母さん、干支って何匹?」

おいおい、母が素直に「12よ」って答えると思うか?

 私「唱えて数えてみんさい。
   ね、うし…?」
 娘「とら、う、たつ、み、…なに?」
 私「うま」
 娘「ひつじ、…なに?」
 私「さる」
 娘「きじ」

桃太郎かっ!?

なんとか亥まで唱えて12だとわかった娘。
 娘「うわー、次の卯どしまで12年もあるん!?」
 私「そうだね」
 娘「うち、21歳!?」
うわーっ!娘が21歳っ!?
そ、そ、想像できんっ!?
私は57歳。
…想像できそう。

と感傷に浸っていたら。

 娘「それまで、このウサギのシールもつかなぁ」

使い切れなかったウサギのシールの心配をしていたらしい。
12年たっても粘着があるかどうか…。
12年後も覚えていたらいいね、娘。
[PR]
by a-kik | 2010-12-27 11:22

冬休みパート2の裏側

ブログを更新しようとパソコンつけたら、
娘に先を越されてしまった冬休み。
娘ブログ『冬休みパート2』やて。
f0137402_10331389.jpg

悔しいからネタにしてやれ(笑)。

そんな娘とリモコンを振り回すゲームを楽しんでおりますが、
チャ○ンジ付録の日本地図でも遊んでおります。

47都道府県の名所や特産品などがパズルになってる付録。
娘がブツブツと「広島県の歴史上人物…」と唱えていたので、
歴史好きの私としては黙っていられず、つひ、
「毛利元就」とつぶやいてしまいました。

娘、ビックリ。
「どうして、わかるん!?」

…広島の歴史上人物って他に思い当たらないので。

と正直には言えません。
「ふふふ」と不敵な笑みを浮かべました。

そしたら、クイズ合戦になってしまって。
娘が言う都道府県の歴史上人物を答える羽目に。
パッ!とひらめく人物名もあれば、
ぜーんぜん聞いたこともない人物もいたりして、悪戦苦闘。
私のちんぷんかんぷんな様子が娘には楽しいらしく、
その態度にだんだんと『笑い』に走りだす芸人の私。

 娘「鳥取県」
 私「…砂丘男」
 娘「…」

受けなかったので、真面目に考えてみる。

 私「武将?政治家?何した人?」
 娘「歌人」
 私「…わからん。最初の文字は?」
 娘「や」
 私「や? …山男」
 娘「おしい。『山』まであっとる」

娘、動じずヒントを出してくれる。

 私「山…山…」
 娘「やまのうえの…?」

山の上の? ときたら、こう答えるしかないでしょ。

 私「ポニョ」

娘、大爆笑!

え?
ここでかい?
こんなレベルで笑ってくれるかい?
小4女子の笑いのセンスがわからーん。
 
正解は;

 娘「やまのうえの おくら」
 私「えー、オクラ、嫌いだもん」

娘、またまた大爆笑。
オクラ、犠牲にしてすまんのぉ。

やまのうえのおくら。
漢字をみて思い出す。
山上憶良。
万葉集の歌人。
柿本人麻呂と同じころの人だよね。
と自分の旧姓の苗字と同じ歌人を思いだす。

ああ、我が父なら、この手のクイズ、嬉々として答えるだろうなぁ。
父さん、正月は孫娘と「47都道府県雑学クイズ」だよ。
覚悟して~。
[PR]
by a-kik | 2010-12-26 10:53

クリスマスイブの悩み

寒い季節。
ジョギングに出る前に悩んでしまうのがウェア。
お外は寒いけれど、
走っていれば熱くなる。

そこで、そこそこの格好をして走り始めるのだが、
いつも最後まで悩んでしまうのが足首周辺。

ランニングソックスをはくと、
ジャージやランニングタイツとのあいだの
地肌がでる足首周辺が…寒い!

でもって、ランニングのハイソックスなるものをはいてみた。
いや、はこうと思って悩んだ。

タイツとハイソックス。
足首はかくれて暖かいのだが、
ふくらはぎ周辺が重なる。
暖かいのだから重なるのはよいのだけど、
さて、どっちを上にだそう?

タイツの上にハイソックス?
ハイソックスはタイツの下?

悩んでばかりも芸がないので、実際にやってみた。
読書にいそしんでいた娘を呼び寄せ、
写真までとらせて。
f0137402_14192639.jpg

 私「どっちがええと思う?」
 娘「どっちでもええよ」
 私「うーん」
 娘「もう、そのまま行きんさい。
   巴橋あたりで『変な人』って思われるだけよ」
 
冷たいのぉ、娘。
外の風より冷たいでよ。

  そんな娘、冬休みは金曜でなくてもブログを更新するようです。
  って、今日は金曜か。
  娘ブログ「はるはる文芸部」はコチラ





結局、真っ赤な靴下が恥ずかしいので、
タイツを上にして出発。
出発前に悩みすぎたので、
途中から小雪が舞い始める中のジョグとなってしまいましたとさ。


サンタクロースさんもタイツ&ハイソックスで配達するんだろうか。
[PR]
by a-kik | 2010-12-24 14:30

玄関先の心遣い

友達の家庭での話。

昨年のクリスマスイブ。
息子クンがバケツの水をくんで玄関先に置いたらしい。

 「トナカイ、のどが渇くだろうから」

なんと!
サンタクロースがくるかどうかが心配するでなく、
サンタクロースのトナカイの心配をするなんて!
なんとも心やさしき息子クン。

水をいっぱいにはったバケツの横に、
手紙も書いたらしい。
「サンタさんへ。
 トナカイに飲ませてあげてください」

やさしいのぉ~。







そして、クリスマスの朝。
息子クンにわからないように早起きして、
バケツの水をそ~っと半分流しておいた母。
母もやさしいネ。

その母は…妻ランナーズのK辺さん。
今年のクリスマスの朝もバケツ出てるかな。
朝ジョグの我が夫が飲むかも…(笑)
[PR]
by a-kik | 2010-12-22 11:28

入浴中に

昨夜。
「あ~、ごくらく、ごくらく♪」と
お風呂にはいっていたら、
ゴゴゴゴゴゴ!と地鳴りのような音が…。

じ、じ、地震かっ!?

逃げねば!
いや、ユニットバスは崩壊することは少なく安全だときく。
あわてて出ないほうがよい。
裸じゃし。
だが、ここが崩れたら救出されるときに裸ってのも…。

わずか数秒のあいだに、いろんなことを考えた。
せっかく考えたのに、地震じゃなかった。

…お2階さんの洗濯機だった。

裸で文句いいに行ってやろうか。





お2階さん洗濯機ネタ、いつまで続けられるかな。
[PR]
by a-kik | 2010-12-20 15:45

2010年の目標

「今年は総距離1000km走る」とひそかにたてていた目標。
ひそかでもなんでもなくなったのは、
10月初旬にブログに書いてから。
書いた日までの総距離は578.6kmでした。
(その日のブログはコチラ
まぁ、無理だろうなぁ…と書きつつも、
もしかしたら、
ええ調子こいたら、
12月末までには1000km走っちゃうかもしれない、イヒヒ。
なんて皮算用しておりました。

それを今日のネタにするなんて、
柿ちゃん、つひに1000km走ったのね!
やったじゃん!














と思われた方、申し訳ありません。
ハズレです。

そんなこったと思ったよ…と笑ってる方、当たりです。
(当選しても何もプレゼントありませんが)

今年も残すところ2週間。
本日までの総距離771.8km。

ふぅ。

やっぱ、ケガしちゃダメですね。
でも、ケガをして学んだことも多々あるので、
ケガせず1000km走ったより得るモノはあった…と思います。

…と言い訳。

気がつけば10kmを1時間で走れるようになった今年。
3kmや5kmで精一杯だと思っていたのが、
続けて10km走れるようになったなんて夢のようです。
そして、ふふふ、人間は欲深い生き物。
10kmの次は20kmですな。
今年中に20kmって距離を走ってみたいと思っています。
これまで一気に続けて走ったことがない距離、20km。

あと2週間ですが、今年の目標です。





金曜は娘ブログ更新日。
さっき学校から帰ってきました。
今、一生懸命に宿題やってます。
さて、何時更新かな?
よろしければ、のぞいてみてやってください。
娘ブログ「はるはる文芸部」はコチラ
[PR]
by a-kik | 2010-12-17 17:10

キーレスエントリー

我が家の愛車。
キーレスエントリー。
f0137402_1411124.jpg

こんなんでドアの開閉。
ちょこっと離れたところからでも、
ボタンをピ♪と押したら鍵があいてスライドドアも開いてくれる。
便利じゃのぉ。

と娘と話しながら車を降り、
アパートの玄関へ。

ずーっと、娘のお喋りをききながら笑いながら、
玄関前で何も深く考えることなく、
このカードキーをピ♪

当然、玄関があくわけでもなく、
ちょい離れた駐車場からピピ♪って愛車のロックが解除される音。
そして、娘が大爆笑する声。

 「母さん、なにしよるん!」

大爆笑しながらも、娘、玄関のカギをあけてくれました。
ある意味、キーレスエントリー。
[PR]
by a-kik | 2010-12-16 14:52

娘の一日

娘が書いていた「私の一日」表。
f0137402_11171027.jpg
 6:30 起
 6:50 リビングへ
 7:20 食べ終わる
 7:35 新聞・TV
 7:40 家出

って、お前は毎朝、家出 しとんのかいっ!
[PR]
by a-kik | 2010-12-14 11:23
初めてこの大会に出たのは5年前。
三次に越してきて最初の冬でした。
娘、4歳。
私、40歳。
夫は仕事で娘と2人、親子600mを走ったのを覚えています。

「市民マラソン」だから…と気軽に参加したら、
中学や高校の陸上部の人ばかりで、
一般の人も「はい、陸上やってます」ってな人ばかりで、
うわー、えらいとこにきてもうた…と思ったことを覚えています。

それでも、ま、娘をつれての「親子コース」だからと
開き直って走ったのも覚えています。
600mとはいえ、当時、かなり、しんどかったのも覚えています。
娘と手をつないで6分42秒かけて600m走ってました。

それが「市民なんだから」と堂々と一般コースに参加した去年。
40代も半ばまでくると、あつかましさは増加し、恥じらいは減少。
それでも、去年はランニングタイツが恥ずかしくて、
上にジャージをはいて参加。
今年は、タイツ姿の恥じらいすら捨て去っておりました。
ま、タイツを脱ぎ捨てていたのではないので勘弁してやってください。

娘、1000m。
夫、3000m。
私、3000m。

娘は仲良しの友達と一緒で、
私も仲良しの「妻ランナーズ」ママ友たちと一緒です。
夫は、かなり本気モード。
と言うのも、夫はこの大会で1位になることが目標。

今年から参加者が増えたみたいで、
親子コースも2クラスになり、小学生コースも学年別になり4クラス。
名簿をみると、どのクラスにも、知ってるお子さんの名前が。
なので、コースのあちこちを走って応援。
スタートで声援をおくって、次に先回りして応援して、さらに先回りして…と、
かなりよいウォーミングアップとなりました。

仲良し姉妹と同じコースを楽しそうに走った娘は、
楽しそうにゴールしてきました。
1000mを5分32秒。
あれ?去年より10秒おそくなっとるじゃん?
でも、賞やタイムより、一緒に走る友達がいることが楽しい様子の娘。
それが一番なんだよなぁ。
楽しいことが続けられること。

さて。
賞もタイムも気になる夫と私の出番。
一般参加者は男女あわせて23人。
スタート前の点呼で、さらに数人が棄権されてるとわかり、
ふと見渡すと一般女子は「妻ランナーズ」しかいないではないですかっ!
K辺さん、aranさん、A田さん…。
(ご本人は「入部した覚えはないよ」と言われるかもしれないけれど、
 私の中では、あなたも『妻ランナーズ』の一員よ~ん♪)
でも、去年、一緒に最終ランナー争いをした女性ランナーさんの姿がありません。
(去年のもようはコチラ
ほにょ~、再会を楽しみにしてたのになぁ~。

スタートラインに並んでいたら、
娘が向こうのほうでなにやらふりまわしております。
 「なんだろ」
一緒に並んでる夫と目をこらすと…。
 「もらったー!」
クラス1位だけに贈られるメダルを手にしております、娘。

なんとっ!
小学生4年女子で1位?
まじっすか!?

賞もタイムも気にならないはずの娘ですが、興奮しとります。
そりゃ、そうだ。
まさかもらえるとは思っていなかったものがもらえたときの嬉しさ。
たまりませんよなぁ。

えかったなぁ、娘。

隣をみると、夫の鼻息が荒い。
ああ、きっと、「次は俺だ!」って思ってんだろうな。

「よーい」パーン!

号砲とともに飛び出す本気ランナーたち。
ちょっと遅れて「妻ランナーズ」も。
競技場をでたところで高校生女子の2人が隣にいるので、
「よし、この2人についていこう」と決心。
公園を2周まわって帰ってくるコース。
1周まわったところで、その決心はもろくも崩れ…。
さすが現役高校生は違うねぇ…。
って言うか張り合おうなんて一瞬でも思ったオバチャンが悪ぅございました。
それでも、なんとか14分59秒内にゴールしたかったのですが、
帰ってきてみれば、15分06秒。

ああ、7秒…。
なんで、もうちょっと頑張れなかったんだ、私…と後悔する7秒。

でもね、去年は16分23秒だったんだから、満足せねば。
でもね、これ以上は速く走れないだろうな、3km。

夫は1位で走って走って走って走って走って帰ってきて、
ゴール数m手前で抜かれて…2位。
とっても悔しい2位です。
いっちばん悔しいパターンで2位です。
3000mを10分29秒。
でも2位です。

ちなみに翌日に助っ人で参加した駅伝でも、
ゴール直前で抜かれたそうです。
かなり悔しがっている夫です。
今朝もまだ悔しがっていました。

「娘はメダルもらえたのに!」と悔しがる夫。
ブログに「親子でメダルです」と書こうと思っていたに違いありません。
が。
娘の手にはメダルはなく。
 私「あれ、メダルは?」
 娘「なんか間違えましたって持っていかれた」

えーっ!?

小学3・4年コースは2つあって、
最初のコースでは女子で1位だった娘。
どうやら2コースで1位だった子のタイムのほうが良かったらしい。

…たは。
そりゃ、ないよぉ。
そりゃ、正確には娘のメダルじゃないけれど、
間違って渡すなよぉ。
もらえないと思ってたものがもらえた喜んでたら、
「やっぱり違ってました」って取り上げられるなんて…残酷。

そりゃまぁ、残念だったねぇ…と励ますしかありまへん。

ゴールしてきた「妻ランナーズ」や家族の皆さんと談笑していたら、
手書きの完走証ができたらしく、
娘に「もらってきて」と頼んで、談笑を続けておりました。
…ら。
娘、メダルもって帰ってきました。

 私「あれ、どしたん、それ?」
 娘「母さんの」
 私「うそ!」

嘘じゃありませんでした。
私、一般女子の部で1位。
って、一般女子の部ってあったん!?
高校生以上の部じゃなくって?
てっきり「おばちゃんランナー」は「対象外」と思っていただけにビックリ。
ほんま、もらえると思っていなかったものをもらえると喜び倍増。

っても、すみません、「妻ランナーズ」の皆さん。
皆さんが参加してくれたからあった一般女子の部。
これは、皆さんと一緒に獲得したメダルです!

と思いながらも、うふふ♪とひとりじめして持ち帰りました。

夫も娘ももらいそこねたメダル。
考えもしていなかった私だけがもらってごめんよぉ。

駐車場まで帰って車の中で娘に撮ってもらった写真。
f0137402_12541279.jpg

なんで車の中で?
だって、会場でとろとろしてて、
「やっぱり違ってました」って取りあげられたらイヤだもん(笑)。
f0137402_12544270.jpg

ホッとして帽子とったら、
娘、大爆笑。
f0137402_12552248.jpg



いや、しかし、キツカッタ…。
「妻ランナーズ」の皆さん、今度は「楽しいjog大会」しましょ♪


え?
生活必需品を賞品に?
ほんま。
メダルよりトイレットペーパーや洗剤のほうが本気で走れるかも(笑)。
[PR]
by a-kik | 2010-12-13 13:04