芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

笠岡マラソンでカブトガニにやられ、
福山市松永でプリントップに救われ、
次にキクチ家が向かったのは…。

若かりし日に、
(あ、今も十分お若いですが!)
プリントップを経験済みのaranさん
(実はプリントップの店の場所も教えてもらった!)
生まれ育った町・尾道。

NHKの「てっぱん」で観光客にわく町であります。

んで、aranさんブログに登場するたびに
心をゆすられていた方々に会いたくて、
急襲したのであります。
aranさんのご実家のお店屋さんを!

事前に調査もせずに出掛けていき、
途中からaranさんにメールでナビお願いしまくる失礼な私。
質問して返事もらって夫と話して、
また質問して返事もらって…。
で、つひに、到着!

あ~、ブログに出てくるのと同じお店じゃ~♪

まるで「てっぱん」ロケ地巡りの観光客です、私。

お店の前で、突然「aranさんのお母さんですか?」と
話しかけてしまって不審がられたに違いない私。
そりゃそうだ。
マラソン大会帰りのジャージ&帽子で、
性別も判別しづらい人間から声かけられた日にゃ…。
しかも、一緒にいるのは坊主頭のオッサンと、
ほっぺの大きな小学生。

あ、ほっぺの小学生はあやしくないのか。

そんな一行に店先を占拠されたにもかかわらず、
とても、とーってもやさしい笑顔で、
お話してくださったaranさんのご母堂様。
証拠写真(笑)撮影に応じてくださったaranさんご尊父様。
ありがとうございます。

って、ご母堂様もブロガーさん。
ここにもちょくちょくコメントを残してくださるブロガーさん。
んで、aranさんの息子クンとは同級生の我が娘。
あ、今はクラスが違うけれど。
で、aranさん息子クンブログのひそかな(?)読者でもある娘。
私は熱心な読者ですが(笑)

なんだか、もぉ、aranさんのストーカーか、私!

ほんと、失礼いたしました。
今、冷静になって思い出すと、ほんっと、失礼しました。
…お恥ずかしい。
ありがとうございました。

ご母堂さまからいただいた
「商店街界隈路地マップ」を手に、
商店街を歩いていると、
「絵本を作れるよ」と書いてある看板を娘が発見。

商店街のあちらこちらに、
「おはなし」と「絵ハガキ」が置いてありまして、
それら8枚を集めてとじて絵本にしよう…というもの。
尾道大学の学生さんたちのプロジェクトです。
f0137402_15441121.jpg


スタンプラリーや、この手の類が大好きな娘。
今きた商店街を戻って8枚集めて、
絵本作りに挑戦。
f0137402_15413890.jpg

娘がノリはったり、絵を描いたりしている間、
私は尾道大学の学生さんたちと談笑。
母娘そろって、学生さんたちに面倒みてもらいました(笑)。

話をきいてみると、
文章も絵も尾道大学の学生さんの作品とか。
そんな創作活動をする学生っていうと、
「あ、私もそうだったんよ」と仲間意識を芽生えさせてしまいますが、
ふと気がつく45歳。
私は彼らの母上世代なのですよな。
はっはっは。
ハハだけに、ハッハッハ…つまらん。

若い方々には若いからこそ創作できる作品があり、
45歳の私には45歳の私にしかできない作品もあり、
だから、あせることなく創作してゆこう…と。

「ちぃたぁ、あせれば?」と声もきこえてきますが。

ま、いっか。

娘が作った「おのみち商店街ものがたり」。
f0137402_1543423.jpg

表紙は娘の絵です。
中はこんな感じです。
f0137402_15444552.jpg



ほんのちょびっとの滞在でしたが、
今度はマラソン大会抜きで朝から一日かけて散策したい尾道です。
…いや、きっと、じっくり散策できず、
すぐに自転車に乗って「しまなみ海道」を走りだしそうなキクチ家よね。

そう思ったあなた、かなり的確な預言者でしょう。
[PR]
by a-kik | 2010-11-29 15:50
笠岡マラソン大会会場をあとに、
キクチ家の車が向かったのは福山市松永町。

この町には、この本に引き寄せられたのです。
f0137402_14573615.jpg

何ヶ月か前、
タイトルと表紙の絵で手にとった一冊。
「ハブテトル ハブテトラン」

この絵の男の子が、夫の少年時代に見えてしまって。
タイトルが私と娘の会話を思い出させてしまって。

ふふっと笑いながら、
サクッと読めて、
そしたら娘も読んで、
夫も読んで。
そしたら夫はブログにまで書いて。

松永が舞台の物語。
5年生の男の子が主人公。
で。
「プリントップ」が出てきます。

「プリン・ア・ラ・モード」でもなく、
「フルーツ・パフェ」でもなく、
「プリントップ」。

物語の中で語る5年生たちの話で、
想像をふくらませた夫。
彼の食べ物への『熱い想い』は、はかり知りません。

物語の中じゃろ?
実物じゃないんだろ?
いえいえ、この物語、福山の本当のアレコレがつまってます。
二十年近く前に数ヶ月ほど福山市民だった私が、
懐かしくなるような恥ずかしくなるようなアレコレ。
ゲタリンピックとか…。
船公園とか…。
潮崎神社のだんじりとか…。

あ。
漢字が違いますが、
その神社と同じ名前のshiozyさんが、
「広島本大賞」のことをブログに書かれていましたね。

広島が舞台だったり、
作者が広島ゆかりだったりの11作品を候補にして、
3月に選ばれるという「広島本大賞」。
この「ハブテトルハブテトラン」も、
候補の一冊です。

で、話を戻しまして。
プリントップ、実在します。
食してまいりました。
どんなもんかは…夫ブログを。

マラソン大会の結果に凹んでいた夫婦ですが、
このプリントップでご機嫌を上向きにして、
次なる目的地へ。

それは…つづく。
[PR]
by a-kik | 2010-11-29 14:56
金曜に「つかれた」とブログを書いたあと、
どうも寒気がする…と熱をはかってみて、
ひょえ~。。。

38.3度。

久々にみました、体温計でこんな数字。

幸か不幸か夫は残業金曜日。
娘の夕飯だけ準備して、
「ごめん、母さん、寝るわ」と早々に布団へ。

深夜、夫が帰宅してきたとき起きたら、
テーブルの上に娘から夫にあてたこんな手紙が。
f0137402_13494754.jpg
                 「母さんのちょうしが 悪いです。
                  そっとしときましょう」

なんだか、もぉ、笑えるような泣けるような娘の手紙。
ありがとうのぉ、娘。

そっとしておいてもらったおかげで、
土曜にはなんとか復活。

だったら行かなければ、カブトガニの町・笠岡市。
第14回べいふぁーむ笠岡マラソン大会。

10キロ走る病み上がりの私と、
ハーフを走る肋骨を痛めた夫と、
本を持参している娘と。

あれ?
肋骨いためてたの、私じゃなかったっけ?
それも、もう治ったんじゃなかったっけ?

木曜の朝、事件がありました。
いつものように暗い早朝にジョギングしていた夫。
ロープに足をとられ、すっとんで、ズサーッ!
手のひらをすりむいて帰ってきていたのですが、
どうやら肋骨も打ったもよう。

バカねぇ。

ってクシャミで肋骨いためた妻に言われたかありまへんな、夫。

そんな病み上がりの私と肋骨を痛めた夫、
岡山県笠岡市を走ります。
一番元気な娘は走りません。

んが。

すーんごい強風!
さえぎるものがなにもない干拓地をひたすら走るコース。
まさに「風が強く吹いている」!
追い風のときはとてもとても嬉しかったのだけど、
なぜか少ない追い風のコース。

そんな中、3キロ地点くらいから、
同じペースの女性を見つけた私。
もう一人、同じペースの男性と3人で、
相談するでもなく、でも、暗黙の了解のように、
順番に誰かが前にでてお互いの風よけをしつつ、
いいペースで走っておりました。

なんか、ええね。

見知らぬ人だけど皆ランナー。
話したこともない人だけど、今はチームメイト。

3人がカタマリになって、
他の集団を抜いたり抜かれたり。

ええね。
と思ってたら5キロ地点の給水で崩れました。
男性は、サッとコップをとってサッと前へ。
とっとと置いて行かれました、女性と私。

その時点で25分くらい。
このまま行けば1時間はきれるはず。
ん。
無理せずいこう。

女性の来ているウェアは、
なにかのライブの記念Tシャツのようで、
日付と街の名前が入っているのだけど、
なんのライブなのかは読みとれない。

ゴールしたら聞いてみよう。

そう思いながら走っていた私。
うん、ゴールしたら、
「おかげさまでペースが保てました」と
話してみようとか。
またラン友ができたな…とか。

って思っていたはずなのに、
8キロ地点くらいで、
私より、ちょい年上のような女性ランナーが、
スイスイスイと後方から現れて、
ヒョイヒョイヒョイと抜いていったのです。

あ、この人についていけば早くにゴールできそう。

魔がさしたとしか言いようがありません。
欲が出たんですな。

そこで冷静になれば見えていたのに、私。
スイスイ走っていった年上女性ランナーさん、
絞り込まれた体型にフィットしたウェア。
走りこまれた愛用品のようなシューズ。
とても私が追いつけるレベルのランナーではないと。

でも、その瞬間には見えてなかったんですな。
いや、見えていたかもしれないけれど、
「私もこの人くらいのレベルでええんちゃう?」と
勘違いしたんでしょうな。

これまで一緒に走ってきた女性ランナーを置いて、
ダッと速度を上げました。
この年上ランナーについていこうと。

1分くらいは行けたでしょうか。
2分は我慢できたでしょうか。
3分はもちませんでした。

あかん。

息が苦しくなって、
一気にスピードが落ちて、
フォームもバラバラバラ…。

それでも、なんとかかんとか走り続けていたら、
横を、すーっと追い越していくライブTシャツの女性。

あああああああ・・・。

すでに彼女にもついていく体力もなく…。
追い打ちをかけるかのように、
ラスト1キロの直線は、
「これでもかー!」ってカブトガニからの挑戦のような向かい風。

カブトガニからの挑戦、
受けたことはありませんが、
きっと、受けたらあんな感じだったでしょう。
恐竜の気持ちがわかった気がする10キロランナー。

…わかった気がするだけですけどね。

ゴールは帰ってきた陸上競技場を一周してから。
最後の直線は全力疾走してみました。
なんだか悔しくて。
年がいもなくガーッと走りこんだら、
ゴールして、う・う・う・・・。

い、息ができねぇ…。

酷使された肺、酸素を吸い込むことを拒否?
しばらく、くひーくひー…と音をたてて呼吸。
娘が駆けよってきて、
「お母さん、全然、気がつかんのんだもん」
ごめん、余裕なかったワ。

夫は私の状態にたまげておりました。
ホントに必死の形相でゴールしてきたようです。
真っ赤な顔で。
はずかしー。

それから、しばらく、目の前がクラクラクラ。
貧血症状。
ちょびっと歩いてはしゃがみこみ、
ちょびっと歩いてはしゃがみこみ、
って、健康によくないじゃん、私のラン。
反省。

成績は、1時間1分12秒。
一般女子99人中40位。

負けず嫌いの夫は、
肋骨いたかったくせに張り切って6位入賞。
でも、副賞が食べるものじゃなかったので不満げでした。

その後、キクチ家3人が向かったのは…。
長くなったので、つづく・・・。
[PR]
by a-kik | 2010-11-29 14:05

娘の小学校へ

本日は娘の小学校の「子ども祭り」。
文化祭のようなものです。
って「ようなもの」ではなく「文化祭」です。

教室に社会見学などで学んできたことが展示してあったり、
学年ごとの発表があったり、
ピアノやダンスなど、
それぞれの得意なことを発表するステージがあったり。

このステージ、発表したい子が個人やグループで登場します。
私に似て(ここ重要!)引っ込み思案な娘は、
これまで出るそぶりすら見せませんでした。

が。

今年は指導の先生が上手にヤル気にさせてくださって、
(先生、ありがとう!)
なんと、エイサーを踊ることに。
同じクラスの友達と。

しかも名前が「きくちゃんず」。
娘、中央に立っとります。

ひえ~。

なんだか落ち着いてみることができず、上の空。
携帯動画で撮って夫に送ろう…と携帯かまえても、
ハッと気がつけば録画開始押してなかったり!

これには隣に座っていた妻ランナーズ新人選手(笑)aranさんに、
「おいっ!」って思いっきり突っ込まれました。
たは…。

なんだか血圧あがったりさがったりでぐったり。
つかれました…。

学校ってつかれる。
娘、毎日よく通っているなぁ。
今日帰ったらほめてやらなきゃな。

今日は金曜。
娘ブログ更新の日です。
お暇な方は本日夜以降、遊びに行ってみてやってください。
[PR]
by a-kik | 2010-11-26 15:56
土曜は「風土記の丘」へ「土器焼き」にいって、
母娘でソフトバレーにもいって、
夕方は母娘でジョギング&自転車…。
と計画していたら、金曜の夜、ゲロゲロゲロ…。
カエルになった娘。

ちゃうちゃう。
嘔吐また嘔吐を繰り返した娘。

あちゃー。

日曜には吐き気もおさまり、
好天気で汚れた洗濯物も乾き、
ほ。

夫が一人で「焼いた土器」を取りにいってくれ(コチラ)、
娘と家で「パズル図形」をして過ごしました。

パズル図形。
正方形やら長方形やら三角形やら組み合わせて図形を作ったり、
図形を組みたてたらどんな形になるかを設計図をみて考えたり。
かなり頭の体操になりました。
普通なら娘はこの手のゲームは嫌いなのですが、
私が手こずるのが嬉しかったらしく、
やたらヤル気満々。

大人げない私も「ちょっと待て!」とムキになったり、
ちゃっちゃと出来ると「えっへん!」と威張ってみたり。

「母さん、すごーい!」と娘に感激されると、
「まぁね、だてに45年も生きとらんよ」と胸はってみたり。

私が手こずるときには、
「母さん、これ、小4レベルよ!」とプレッシャーかけるので、
娘が手こずるときには、
「小4の娘よ、これ、小4レベルよ!」と逆襲してやりました。
すると、返ってきた言葉は;

「そんなこと言ったって、うちは、まだ、
 母さんの1/3くらいしか生きとらんのんじゃけぇ」

ほほぉ。
私はお前の3倍の年齢か、娘?
まだ9歳のお前の3倍。
ほっほっほ。
母さんは27歳。

直後、娘、気がついて「1/5」と訂正しておりました。
ちょうど5倍だわな。
誕生日がきて10歳になったら5倍にしないでね、娘。


先週金曜から2年ぶりに再開した娘ブログはコチラ
娘ブログのコメントは封鎖しております。

…にしても、嘔吐の見舞われたのがこの週末でよかった。
と胸をなでおろした鬼母です。
来週は笠岡マラソンだ!
[PR]
by a-kik | 2010-11-22 10:31

娘作品

娘が国語の時間に書いた詩を持って帰ってきた。
大きな声で朗読してくれた。


『出来た! さかあがり』

 あとちょっと
 がんばれ
 と言う声がする

 クルッ タン
 クルッ タン
 何回やってもできない

 ここに足をおいて
 みんなからコツを教えてもらって
 もう一度

 クルッ タン
 クルッ タン
 やっぱりできない

 クルッ
 あれ?
 フワッと体がういた

 出来た!
 
 初めてのさかあがり



おお。
なかなかいいじゃん♪ と親バカの私。
「『クルッ、タン』がええねぇ」
ほめると嬉しそうに何度も何度も朗読する娘。

クルッ、タン、クルッ、タン…。
何度も何度も、
クルッ、タン、クルッ、タン…。
ん?
狂ったん?

いえ、お母さんは狂っておりませぬ…たぶん。


そんな娘、ブログを再開するそうです。
毎週金曜更新だとか。
2008年の夏休みに書いていた娘ブログ。
その名も「春菊の夏休み2008」。
さて、どのように様変わりして再開するやら。
お時間のある方、のぞいてみてやってください。

娘ブログはコチラ

本日夕方までは「春菊の夏休み2008」。
本日夜(何時になるかは不明…)からは「   」。
タイトル、何にして、どんな内容にするんだろ、娘?
[PR]
by a-kik | 2010-11-19 11:43
ジョギングの前はストレッチを忘れない。
早く走りたい!と気は焦るけれど、
しっかりストレッチ。

特にヒザ周辺は念入りに。

寒くなったから、
時間をかけてストレッチをして、
じっくり身体を温めてから走り始める。

それなのに、ああ、それなのに…。

洗濯物を取り入れようと、
ベランダに出るのに一段おりようとして、
左ひざが、

グギッ

一歩ふみだすとき無防備すぎた…。
これからは洗濯する前もストレッチが必要か…。
[PR]
by a-kik | 2010-11-18 14:41

プールの更衣室で

仕事の調整がつく日は、
早退してプールへ行く夫。

あ。
早退してプールに行きたい日は、
仕事を無理矢理に調整する夫…と書くべきか?

そんなある日。
夫、プールで泳ぎまくって泳ぎまくって泳ぎまくって、
「さ、帰ろう」と更衣室に入ったらしい。

すると、そこに、どこかでみた少年が1人。
これからプールへ入るべく着替えていたらしい。
少年のほうも、夫をみて、
『どこかで見たことあるオジサン』
ってな顔をしたらしい。

プールの更衣室で半裸の男が2人きり。
なんだか危険な香り…。

小学生の男の子。
記憶の糸をたぐる夫。
そして気がつく。
キクチ家と同じアパートに住む祖母を訪ねて、
よく遊びにきている男の子だ!と。
しかも娘の同級生。

  夫「○○くんだよね?」
 少年「…はい」
  夫「こんにちは。春△(娘の名前)のお父さんです」

一瞬の間を置いて、少年、叫んだらしい。

 少年「ひぇーっ!」

○○くん、こわかっただろうなぁ。
坊主頭のオッサンに声かけられて。
しかも…。
レスリングのタイツのような形の自転車用パンツはいた坊主頭のオッサンに。

夫、通報されなくて良かったね。







 
[PR]
by a-kik | 2010-11-17 15:20

zoomzoom

「ぶーぶー」
それは小さい子が自動車を指す言葉。
それの英語版が「zoomzoom」。

広島カープのファンでもあり、
mazda車ユーザーでもある私には、
常識として頭にあった単語。

zoomzoom。

ラジオのCMからも流れてくる。
ちょびっとささやくような感じで。

zoomzoom。

これが娘には「ズームズーム」には聞こえていなかったらしい。
では、なんと聞こえていたのか。








ぷすんぷすん



エンストしとるんやん、その音。

思わず笑ってしまったが、
以来、CMのたびにきこえてしまう、「ぷすんぷすん」と。
[PR]
by a-kik | 2010-11-16 11:17

かがみのマラソン

先月末に肋骨を痛め、
先週には復活したものの、
浮かれて飛ばし過ぎて膝ガクガクになってしまった
アホな妻ランナーな私。

昨日は、岡山県鏡野市に行ってきました。
「第5回かがみのハーフマラソン&健康マラソン大会」。

夫はハーフ。
私は10km。
娘は…読書です。

先週の大失敗をくりかえさないように、
スタート前に、
何度も何度も自分に言い聞かせました。
「ゆっくり、ゆっくり。
 いつものジョギングのつもりで」
って、いつものジョギングもここ数週間ちゃんとしてません。
大丈夫かなぁ。

ま、この大会のメインはマラソン後。
餅まきのあるマラソン後です。
とりあえず、楽しくゴールをめざそっと。

「ゆっくりよ、母さん。
 無理して飛ばしちゃ駄目よ」

しっかり者コーチのような娘の言葉に送り出され、スタート。
ゆっくり、ゆっくり。
2kmをすぎたあたりで、
ハーフを折り返してくる選手とすれ違う。
1位はダントツ。
それから2人目、3人目、早いなぁ、4人、5人…。
夫は?
あ、きたきた、坊主頭!

「6番!がんばれー!」

すれ違いざまに夫に声をかける。
このまま6位でゴールできるかなぁ。
6位までが入賞だったよなぁ。
賞品なんだろ、いっひっひ。

緊張感ゼロでトットコトットコ。

同じくらいのペースのオジサンを見つけて、
その後方をトットコトットコ。
オジサン、オナラしませんように。
祈りながら、トットコトットコ。
同じように考えているようなオネエチャンひきつれて、
トットコトットコ。

5kmの折り返し点が見えてきた。
時計をみる。
お?
27分!?
うそっ、このままいけば1時間キリ?
いやいや、ここで浮かれちゃなんねぇ。
このままいけるはずないんやし。













と思ってたら、このままいけちゃいました。
f0137402_9464196.jpg

57分36秒。
うっひょー!
1時間キレちゃったーっ!
ぶち嬉しいーっ!
ほんま、ぶっち嬉しいーーーっっっ!!!

フラットで、
キロ表示もあって、
参加人数も渋滞するほどでもなくて、
でも沿道に応援の人もいてくださって、
とっても、とーってもランナーにやさしいコースだったのも、
目標達成&記録大更新を助けてくれました。

岡山県鏡野市、ありがとう!

参加賞がお弁当ってのも嬉しい。
しかも、おにぎり美味しいし。
お茶までついて。
ジュースもついて。
給水所にはvaamあるし。
カラフルなシューズ袋も気にいったわ。
来年も行くよー!

って、去年も「鏡野町ばんざい!」ってブログに書いてました。
コチラ
去年は5kmを28分45秒で完走してました。

去年は4位だった夫。
その記録を5分短縮したにもかかわらず、
今年は6位でゴール。
39歳以下の部で表彰台へ。
f0137402_9583436.jpg
坊主頭が目立っています。
来年は40歳以上の部で1位を狙う!?

で。
表彰式のあとが、かがみのマラソンのメインイベントです。
はいっ、餅まきっ!
町の「えらい方々」が役場(?)公民館(?)の屋上から餅を投げます。
それに群がる皆さん。
かなり危険です。
去年、飛んできた餅がアゴを直撃して、
ボクサーのようにアゴに痣を作ってしまった私。
今年は気をつけねば!
で。
今年はアゴには当たりませんでした。
今年はアゴではなく…上くちびるです。
いた~い!
中がキレてちょっと腫れちゃいました…。
f0137402_1033623.jpg
それでも餅は離さず。

餅がはいった袋には「当たり」券がはいったものもあり、
今年もvaamをゲット!
よっしゃ!
闘いおえてすがすがしい気分の主婦・妻ランナーなのでした。

ふっ。
1時間もキッタけど、くちびるもキッタぜ。
[PR]
by a-kik | 2010-11-15 10:14