芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

海辺にて

週末に海水浴に行ったとき。

さんざん遊んで休憩しようと上陸したら、
足元を大量の黒い物体が、ざわざわざわっと岩の下へ移動した。

娘が叫んだ。
 「ゴキブリだーっ!」

夫が冷静に訂正した。
 「フナムシだ」



『フナムシ』ときくと、なぜか八代亜紀を思い出す私。
 しみじみのめば、しみじみと~♪
なぜなら、それは『フナウタ』。
 歌いだすのさ、舟歌を~♪



舟歌は踊りませんが、
次の日曜(8月1日)は、エイサーを踊ってきます。
広島市のマリーナホップで。
晴れますように。
でも、晴れすぎませんように。
[PR]
by a-kik | 2010-07-30 11:51
花火大会で、夜空で炸裂する花火を見上げて、
娘がポツリと言った。

 「あんな花火、どこで売っとるん?」


スーパーやダイソーで簡単には買えませんなぁ。
花火師さんが火薬をつめて製作することや、
ロケットみたいに打ち上げることや、
一つのお値段がお小遣いに換算したらいかほどになるか話し、
小学生の夢をこわしてやりました。
ふっ。


そんな娘。
明日は『ちゅーピー夏休み子ども新聞教室』に参加です。
どんな見学をして、
どんな取材をしてくるのか…。
帰ってきた娘を取材するのが楽しみです。
[PR]
by a-kik | 2010-07-27 09:45

お手伝いさん

夏休みが始まった娘。
張り切って手伝いをしてくれた。

朝ごはんの片付け。
洗濯。
トイレ掃除。

一人でするより倍の時間と労力がかかる不思議。
[PR]
by a-kik | 2010-07-21 14:01

静電気の実験

昨日「子どもチャレンジ・ドキドキサイエンス講座」に出席してきた娘。
夕食後、早速ならってきた実験を見せてくれて、
「プチ・サイエンスショー」をしてくれました。

静電気で水も動くなんて、へぇ~・・・。。。

静電気で爪楊枝もくっつくなんて、へぇ~・・・。。。

わ、すごい、そんなに勢いよくアルミ缶って動くん!?
…と思ったら、それは静電気ではなく、扇風機の力でした。

とはいえ、アルミ缶も動かす力がある静電気。
昆虫が苦手で理科が嫌いだった娘、
ちょびっと理科が好きになったようです。



さてさて。
その「子どもチャレンジ・ドキドキサイエンス講座」の三日前のこと。
娘が持って帰ったお知らせプリントをみると、
「持ってくるもの」が書いてありました。
  ・材料費200円
  ・アルミ缶2つ

アルミ缶2つ。
まさか中身があるもの?
そんなことないやろ…とわかりつつも、
もしや?…と不安になり、
問合せ先である教育委員会に電話してみました。

他の電話中だった職員さんですが、
すぐに折り返し電話をくださいました。
「お忙しい中、くだらない質問で申し訳ありませんが…」と切り出し、
「アルミ缶というのは空き缶でよいですか?」ときいてみると、

とっても愛想よくお答えいただきました。
「中身を使うわけではありませんから、
 空き缶でかまいませんよ。
 ご主人がのまれるビールの空き缶で十分です」
そう言われたら嬉しくなる私。
「じゃあ、今晩、飲まなきゃいけませんね!」
さすがにノリのよい職員さんも失笑。

電話をきって考えた。
子どもが実験につかうのにビールの空き缶はまずいだろう。
いや、かまわないとも言われたし、
持ってくる子もいるだろう。
でも、空き缶とはいえ、子どもにビールの缶を持たせるのは気がひける。

変なとこで教育者ぶってみる。

私が子どもの頃、
こういうとき母は無理してでも子ども用の飲料用の空き缶を用意してくれた。
私もそうしてやろう。

決意した。

夫にきいてみた。
「いいんじゃない、ビールの空き缶で」

決意、あっさりとひるがえした。
ビールの空き缶にしよう。

そう、発泡酒じゃなく、ビールの空き缶。
ちょっと見栄張って…。
娘に言うと、
「じゃあ、エビスの黄金缶を買ってこなきゃ」
と反応してくれた。

とはいえ、冷蔵庫の中に黄金缶はない。
わざわざ買いにいくのはめんどくさい。
(どこが教育者だ?)
黄金缶はないが、普段いかないお店で見つけた珍しい発泡酒ならある。

これでえかろう。

それにした。
2つあけて娘にもたせた。

講座がおわり、迎えにいったら、
ときどき出会うママ友がいた。
彼女も子どもを迎えにきていた。
彼女の手には「アサヒスーパードライ」のグレーの空き缶が!

やられたーっ!

変なとこで負けを認めた私であった。





ビールの空き缶と、発泡酒の空き缶では、
静電気の起こり方が違うだろうか。
黄金缶とグレー缶でも異なるだろうか?
私の夏休みの自由課題にしようかな。
そのためには材料をそろえねば♪
[PR]
by a-kik | 2010-07-20 12:23

夏へ!

連休2日目の日曜日。
家族3人でサイクリングに行ってきました。
f0137402_13394813.jpg
(3人の自転車の点検整備をしている夫。)
f0137402_1340234.jpg
(早々とヘルメットをかぶって準備万端な娘。)


西城川沿いを北上し、君田方面へ。
途中でUターンして、三次町をぐるり。

夫が設定した車道を走らなくてよいコース。
快適サイクリングでした。
時間にして1時間半。
距離にして15キロくらいかな?
夫と私には「ものたりない」気がしないでもありませんでしたが、
娘は「お尻いた~い」と。

だよなぁ。
幼児車ではないものの、児童車だもんなぁ。
自動車ならぬ児童車。

帰って昼食を食べ、午後はおとなしくするのか?と思いきや、
じっとしていられないキクチ一家。
映画をみに行きました。

「借り暮らしのアリエッティ」

夫にも私にもかなりオモシロイ映画でした。
娘も「ポニョよりオモシロかった!」と。
当たりでした!

しっかし、まだ、夏休みに入ってないのに、
今年も欲張って遊んでます、キクチ家。
遊びもトライアスロン並みの技と体力が求められます。
財力はどこまでついていくのか?
ある意味、わくわくどきどきのサバイバルです。

3連休最終日の今日は、夫は出勤。
娘は午後から、
三次市の「子どもチャレンジ・ドキドキサイエンス講座」に出掛けました。

4年生ともなると、
なんだかんだと夏休みも四六時中一緒でなくなるんだよなぁ。
中学生になったら部活とかあるんだろうし。
となると、あと3回しか一緒に遊べる夏休みがないのか。
…もとひ。
あと3回しか、娘をダシにして遊べる夏休みがないのか!

焦れ、小4の母っ!
遊べ、小4の母っ!



と自分に号令をかける私。
[PR]
by a-kik | 2010-07-19 13:55

新車

週末、我が家に新車が仲間入り。

エンジンではなく、チェーンとペダルがついている新車。

おいおい、夫、膝が本調子じゃないのに、
新しい自転車を買ったのか?
否。

んじゃあ、柿ちゃん、まだ1年しか乗ってないクロスバイクを買い替えたの?
否。

娘のかわいらしい空色の22インチの自転車。

小柄なので、
幼児自転車に毛がはえたようなサイズの自転車に乗っていた娘。
さすがに、小さすぎて危ないようにも見えてきて…。

夏休み前に、夫、決断しました。
誕生日でもクリスマスでもないのに大きなプレゼントであります。
買ってほしい子どもより、
買ってやりたい親がいる。

さ、夏休みは家族3人でサイクリングだ!



と勢いづくも、この雨。
しばらく部屋の中で待機です、新車。
リビングに3台も自転車がある我が家。
テレビ、見れません。


娘は嬉しそうに自転車に腰かけて本を読んでます。
[PR]
by a-kik | 2010-07-13 10:21

娘の気持ち

安佐北区民でも、ましてや広島市民でもない私たち一家ですが、
昨日は、安佐北区民の両親と義姉・姪と一緒に、
安佐北区民文化センターへ行ってきました。

市民吹奏楽団「安佐北シンフォニックウィンズ」の定期演奏会を聴きに。

プログラムをもらうと、一緒に白い封筒が。
中にアンジェラ・アキの「手紙」の歌詞が入っていました。
第2部で演奏される「手紙」を、
客席の皆さんも一緒に歌いましょうって心憎い演出です。

カラオケにいくと「手紙」を熱唱する娘。
さぞかし喜ぶと思っていたら、あらあら。
恥ずかしそうに下をむいて小さい声でしか歌っていません。
そればかりか、
ここぞ!とばかりに大声をはりあげて歌う私の腕をひっぱり、
「お母さん、恥ずかしい!」と。

これこれ。
お母さんを恥ずかしがるのは今に始まったことじゃないだろう。
(って、たしなめかたも変か?)

だって、カラオケじゃなくって、生演奏と一緒に歌えるんですぞ!
大声で気持ちよく歌わねば!

とはいえ、大声で歌いながらも、
娘と逆の隣の席に座っている実父の音程がはずれた熱唱ぶりが
妙に恥ずかしかった私です。

親をみて、娘の気持ちがわかる親。

だからって、実父も私も熱唱をやめたりしませんでしたが。
[PR]
by a-kik | 2010-07-12 10:52

参院選

テレビやラジオで「さんいんせん」と言ってるのを耳にすると、

脳内で「山陰線」に変換され、

餘部鉄橋やら、智頭急行やら、

山陰本線を思い浮かべてしまうのは私の他に誰?



って、そんなに鉄道に詳しいわけじゃないのですが。

「さんいん」って言えば、

「参院」より「産院」より「山陰」でしょう。

[PR]
by a-kik | 2010-07-09 11:21

メガネ

ほぼ一日中メガネをかけている小4の娘。
 
 「プールのとき、メガネをはずしてるんだけど、
  つい、癖で、メガネをあげようとして、
  指が鼻にぶつかるんよ」

ああ、そうそう!
そういうこと、あるある!

メガネ歴32年の私と母娘で大笑い。

その夜、寝る前にメガネをはずして、
電気を消そうとして、
窓をしめるのを忘れていたことに気がつき、
起き上がり窓をしめ、
そうして、もう一度メガネをはずそうとしていた私。

これはメガネの人にありがち?
それとも…加齢のせい?

[PR]
by a-kik | 2010-07-07 10:12

朝、鏡をみて…。

ひっかいた首の傷が治らない。
加齢を実感。

同じ日に、すりむいた娘の手は、
すっかり治りきって、跡すら残っていないのに…。

[PR]
by a-kik | 2010-07-05 09:46