芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2009年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

終了

終わる。
夏休みが。
待ちに待った9月1日がやってくる。

でも、なんかさみしい。
もっと遊びたかったなぁ。



やっぱ、娘を口実に遊び歩いていたんだ、私。
娘、さんきゅ。
[PR]
by a-kik | 2009-08-31 15:55

ナス

本を読んでいた娘がきいてきた。

 娘 「母さん、『ママがナス』って、どういう意味?」

すまん、娘。
『なすがまま』なら説明できるんだが。



そんな私に『なすがまま』の娘。
[PR]
by a-kik | 2009-08-28 09:37

ハーブ園のピザ

夏休みが始まる前、てとと。さんと、
 「夏休みにカヌーに行こう」と約束していた。
が、天候不順であったり、
スケジュールがあわなかったり、
ようやく『この日!』と思ったら、
カヌーが予約でいっぱいだったり。

それなら…!と、
てとと。さんの提案でピザ作りに行くことにした。
てとと。さんの区の子ども会で行ったらしい「みよしハーブ園」。
そこで、ハーブを摘んで、
手作りハーブ・ピザ体験ができるらしい。

いざ、出陣。

…っても車で10分。
駐車場で三次のケーブルテレビのカメラを抱えたお兄ちゃんと遭遇。
どうやら、「ピザ体験」を取材されるらしい。
ってぇことは、私たち、取材されるらしい。

とは言え、カメラがあろうとなかろうと、
好き勝手に喋りまくる私と、てとと。さん。
ちょろちょろする娘たち。

一緒にピザを作りにきていたオッチャンとも、
ダジャレ大会になり、
収拾のつかないハーブ園になってしまった。

そんな中、娘たちは、
生地をこね、野菜を切り、生地をのばし、トッピングし…と、
作業を続けていく。

カメラマンのお兄ちゃんも、
一生懸命に撮影をする。

ピザを石釜にいれて焼いてもらっているあいだ、
カメラマンのお兄ちゃんを逆取材してみた。

 私 「カメラマン歴は長いんですか?」
きいてみると、三次のケーブルTVに入社したのは、この8月とか!
広島市から三次に『移住』して来られたとか。
 私 「私も実家は広島市です。安佐北区」
 カメラマンくん「あ、ボクも安佐北区です」
 私 「え、ほんと? どのへん? 口田?」
 カ 「あ、ボクも口田です」
 私 「え! うち、○丁目」
 カ 「ボクも、○丁目」
 私 「えーっ!」

ぶったまげて番地を言い合うと、わずか2つ違い。
通りにして3つの違い。
しかも、私の同級生の隣の家でした!

とは言え、10年の年齢差があったので、
学校はかすってもいなかったのですが(笑)。

まぁ、ビックリ!!!

思わず、出来上がったピザを一切れ分けてあげるくらい、
嬉しくなりました。

当日の夕方の放送に使うとかで、
編集のために大忙しで局に帰っていったカメラマンくん。
ここ三次での、ご活躍をお祈りしております。
f0137402_21263026.jpg
↑「ブログに載せるよー」というと、
すかさずポーズをとってくれたカメラマンくん。

で、実は、もう1つ気にかかっていたことが。
このハーブ園のオーナーさん、
どこかで見たことが…。
最近のことは忘れていることが多い私でも、
記憶のどこかにイメージが…。
思い当たるのは、そう、石見の香木の森。

 私 「10年以上前ですが、香木の森にいらっしゃったことありますか?」
 オ 「あ? はい」
 私 「私、あそこの一期生で」
 オ 「ああ、はいはい」

ハーブ園を作られるとき、
ハーブの話などをききにいらっしゃっていたことが。
ここ最近は、何年か、あの町の元館長(現・「楽人」のジジイ)が、
今の研修生をつれて、ハーブ園に研修(?)にきているとか。
f0137402_2127453.jpg
↑この後姿に見覚えのある研修生の皆さんも、少なくないはず!?

カメラマンくんといい、オーナーさんといい、
なんともいえぬ出会い&再会があった一日なのでありました。



で、肝心のピザ?
おいしくないわけがないっ!
f0137402_2129509.jpg
↑娘作成の「顔ピザ」。
どうして子どもってトッピングすると顔を作りたがるんだろう?

畑で収穫した野菜やハーブがサイコー!
娘たちが、こねこねした生地も、うまし!
もちろん、連れてってくれた、てとと。さん親子との笑いも、おかし!
え?笑わされた覚えはあっても、笑わせた覚えはないって?
まぁ、同じ同じ!(どこが?)

「みよしハーブ園」でのピザ作り。
ピザの生地をこねこねして、
ハーブ園でハーブを採取しトッピング。
石釜で焼き上げて食す!
大人900円・子ども600円です。
要・予約。

これは、子抜きで、大人だけでも楽しめそうです!
(って、ビールを持っていこうとしているのは誰?)
[PR]
by a-kik | 2009-08-26 21:54

産GO!35歳

9年前の今ごろ。
娘がお腹の中にいて、
でも、まだ、お腹も目立つことない妊婦でした。
(今のほうが目立っているかも、お腹の肉!)

夫以外に知る人のいなかった千葉でおくる妊婦生活。
しかも姑と同居。
となると、私の性格上、騒ぎはおきますわなぁ。
ええ、橋田寿賀子のドラマのような日々でした。

そんな私のうっぷんばらしの場が、HPでした。
まだ、ブログなるものも一般化していなくて、
毎日、コツコツ「ひとこと日記」をHPに更新していました。
それが、妊婦日記、そして、出産日記、子育て日記となり、
このブログを読んでくださってる方の中にも、
 「あら、懐かしい!」
って思い出して笑っていただける方がいらっしゃると思います。

当時、山陰の知人のサーバをお借りして更新していたHP。
そのHPから、今のHPに引っ越す作業中で、
後回しにしていたその日記「産GO!35歳」を、
ようやく、再公開させました。

【妊娠編】 【出産編】 【産後編】とあり、
一気に読むと、出産するより疲れるといわれております(笑)。

この「産GO!35歳」に、たびたび登場して、
当時の私と夫を励ましてくれていた母娘がいます。
11年前に、おおちでのカヌーを通じて友達になった母娘。
知り合った当時、二十歳だった娘・S嬢は、
私の出産と前後して、卒業・就職し、
一昨年(…だよね?あれ?3年前?)結婚し、
そして、今、妊娠中。
来月の今ごろは、ベビーを抱っこしていると思われます。

彼女から「再公開して」とメールをもらい、
データをカチャカチャやりながら読み返し、
ああ、胎児や新生児だった娘に、
私はこんなふうに思っていたんだ…と振り返り、
こにくらしい口を叩くようになった8歳の娘の成長を、
嬉しく思えた今年の夏。

S嬢に感謝。
残り少ない妊婦生活&出産を楽しんでね!

HPの「産GO!35歳」はコチラです。
(コチラをクリックしていただくと【妊娠編】に飛びます。)
 【出産編】はコチラ
 【産後編】はコチラ



いずれは、娘に読んでもらいたいと思っている「産GO!35歳」。
そのとき、「こんなのを公開してたの!」と怒るでしょうなぁ。
[PR]
by a-kik | 2009-08-26 09:49

ゴンドラの唄

いつもではないけれど、
なにげなく、口をついて歌っている歌。

ゴンドラの唄。
 「命みじかし 恋せよ おとめ…」って歌です。

黒澤明監督の「生きる」で、
こぼれ落ちそうな眼の志村喬が、
ブランコにのって歌う歌です。
…と説明するほうがわかりにくいかな。

 「赤きくちびる あせぬまに…」
と歌詞が続きます。

夕飯の支度をしながら、
なにげなく歌っていたら、
娘が、叫びました。
 「菊池ビル!?」

ええ歌を歌っとるのに、
なんてちゃちゃをいれるんだ!
と怒りかけて気がつきました。

 赤きくちびる
 赤きくちビル
 赤菊池ビル!

おお!
ウチが建てた赤いビルか!



花巻東の菊池くん、ウチの親戚かなぁ。
姑は、花巻東高校の近所に住んでいるようです。
[PR]
by a-kik | 2009-08-25 14:30

6位の傷

昨日、佐木島(三原市)で、「トライアスロンさぎしま大会」があった。
昨日、娘が通う小学校のPTA環境整備作業もあった。

トライアスロンには、夫が参加。
小学校には、娘と私が参加。

小学校での作業をおえ、家でまったりしていると、
携帯がなった。
 「ゴールしました」
夫からのメール。
 「おめでとう。おつかれさん。」と返す。

1時間くらいして、また携帯がなった。
 「わけあって、病院直行です。」

どんなわけ?






…こんなわけ。
f0137402_9303352.jpg


バイクで転倒。
腕やら、背中やら、腰やら、
傷だらけの打撲まみれ。

詳しくは、そのうち夫が夫ブログで告白するでしょう。

夕飯を食べながら、
なぜ、いかにして、どういう状況で転倒したか力説する夫。
ちゃちゃをいれる娘に調子づいて、
そのうち、これまでの夫のケガ体験を語り始めた。

 夫 「今回のケガは、お父さんの人生の第6位くらいかなぁ」
 娘 「えー。1位は?」
 夫 「それはねぇ…」

夫、とーっても嬉しそうに、楽しそうに、語りはじめる。
ほとんど…いや、すべて、二輪車に乗っていてのケガ。
それも、ほとんどが、前輪がロックされて前に一回転するような…。
想像するだけで痛そうなのだけど、
それを、夫、普段はみせない満開の笑顔で話す、話す、話し続ける。

ああ、男の子って、ケガするとケガ自慢するよね…。



自転車で空を飛ぶ男、夫。
ケガよりも、治療代と自転車修理代が痛いんだろうな。
[PR]
by a-kik | 2009-08-24 09:53

娘が通う小学校は、子ども会が区分けされている。
ウチは2区。
1区と一緒に「1・2区」と区分けされている。

だから…。

 娘 「ウチは何区なん?」
 私 「1・2区よ」
 娘 「1区と2区は別に書いてあるよ」
 私 「ん?」 なんの話?

娘、新聞をみていた。
あ、衆院選挙ですか。

 私 「うちは6区よ」
 娘 「ロック!?」

娘、ロックシンガーの真似をし始める。
ツッコミどころだが、素直にツッコミたくない母。

 私 「あ、クラシッ区だった」
 
娘、そのままロックシンガーをし続けた。



クラシックの指揮者をしてほしかったのに。
素直でない母の娘は、素直でない…。
[PR]
by a-kik | 2009-08-23 11:42
昨日は広島FMにお邪魔した娘と私。
JAF提供の「KIDUNAプロジェクト」に参加してきました。
ラジオスキー(好き)な夫の影響で、
ラジオスキーな娘と私。

ダメもと…と応募したら、
10組20名の親子の一組に当選。
広島FMでラジオ局体験してきました。

「DJのお仕事」「ラジオのお仕事」「JAFのお仕事」「交通安全」を
お勉強するワークショップ。

いつもラジオから流れてきこえるアナウンサーさんやDJの声が、
すぐそこで聞こえる不思議に、
娘、ドキドキ。

そんな娘にドキドキの私。

JAFの方から、
小学生になっても、身長が140cmになるまでは、
ジュニアシートに座ったほうが安全であることも習い、
こども免許証も作ってもらった娘。

これでJAFさんに作ってもらった免許証が2枚になった娘です。
(どっちもゴールド!)

DJ体験では、
HFMで5時から放送されている「Vive ON! MUSIC」のDJトミーさんに、
発声練習から指導していただき、
f0137402_13481197.jpg

娘、きっちり原稿を読みました。

交通安全を願う内容のCM原稿。
10名の子どもたちが、一生懸命読んだCM原稿。
全国ネットで流れるそうです。

日本全国で展開されているこのプロジェクトに、
参加した子ども達の読んだ原稿が、
全国ネットで流れる…のかな。

娘が挑戦した2つ目の原稿は、
「きちんと」を、お約束のように「ちきんと」と間違っておりましたが。
f0137402_13593582.jpg


最後は、
娘がお気に入りのDJトミーのサインと、
私がお気に入りの(!)アナウンサーくんのサインを、
帽子にしてもらった娘。

それをかぶって電車に乗り、
比治山公園のまんが図書館に行き、
サティで買物をして、
三次に帰ってきました。

広島県内各地から同じ時刻に同じHFMに集った9組の親子の方々とも、
「シンセキ」になれ、
楽しいひとときでした。

中には、三次に実家がある方もいて、
その方のラジオネームもちゃっかり覚えました。
これから、ラジオをきくのが、ますます楽しくなったキクチ一家なのでした。



正直なところ、
これまで、DJトミーは「熱すぎて」あんまり好きでなかったのですが、
昨日、お話をきいていると、「ほほぉ、だからアツイのか」と納得。
これからは、5時になってもHFMをつけておきます。
(これまでは、かえよったんかい!)
あ、でも、カープがある日はRCCにかえても良いかしら?
[PR]
by a-kik | 2009-08-21 14:10

HFMにて

f0137402_13252359.jpg

娘、DJ体験。
[PR]
by a-kik | 2009-08-20 14:59

農への夢

このブログを始めたころは、
「キクチ農場」と名付け、
プランター野菜を栽培&収穫していた我が家。
 (農場主は夫でしたが)

野良猫たちの遊び場と化し糞害に憤慨して、
早々と農業から撤退したものの…。
 私「朝食用のキューリを採ってきて」
 娘「はーい」
って会話を夢みている現状。

今は、チラシをみてスーパーに行き、
 私「そのキューリ、カゴにいれて」
 娘「はーい」
って会話をくりひろげている現状。

カブトムシが飛ぶのを知らなかったり、
セミが怖くて逃げ回る娘をみていると、
山や川に遊びにいくだけでなく、
地に足がついた自然相手に時間をすごさねば…と
思ってしまったりするのでした。

思うだけで終わるか、
「えいや!」と一歩踏み出すか、
どうする、キクチ家?

と悩みはじめたには理由がありまして。

レタス、ホウレンソウ、ニンニク、大根、白菜、タマネギ…。

一区画5000円でこれらの野菜の栽培を体験できるチャンスあり。
しかも、有機栽培で。
ここ、重要!
有機ほ場を準備し植栽。
土壌分析までしてもらえる。
きっと、泥団子を作るにも適しているにちがいない有機の土壌。

野菜の栽培よりそっちかい、私!

現在、思案中の有機農業技術等波及講座。
詳細はコチラ
興味ある方はゼヒ!

講師は、このブログにもコメントくれる「熱き男」元木氏
山形出身の彼が、
『縁』あって、
 (話せば長い縁だけど、彼とはその縁でつながってるキクチ家)
石見の地で農業を志し、
かわいい奥さん(…と書いておくよ、ふふふ)と、
3人の息子の子育てを奮闘しながら、
熱き日々をおくっている。
彼と話をするだけでも、受講する価値あるんだよなぁ。

場所は邑智郡の美郷町粕淵なので、
「カヌーの里おおち」の近く。
有機栽培を勉強して、カヌーで川遊びして帰る。
いいなぁ。

…どうしてもマジメに有機一本で考えられないのか、私?



鏡を見ていた娘が言った。
 「あ~、こんなところに、血管が浮き出てる~!
  うち、ストレスたまっとんかなぁ。」

そうだろうなぁ、母さんのストレス解消を引き受けてくれてるもんなぁ、娘。

ストレス解消のためにも行くか、邑智へ。
[PR]
by a-kik | 2009-08-19 11:16