芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2009年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

時代

ラジオから中島みゆきの「時代」が流れてきた。

 まわる~ まわる~よ 時代は まわる♪

つひ、一緒に口ずさんでしまう。
いい歌だよなぁ…って、しみじみ思いながら。
「あんな時代もあったよな」って…若き日々を思い出しながら。

すると、夫がポツリと言った。
 「なんで、4時台が回るンだろう」

え?
回るのは時代で、4時台じゃないけど?
ところが、夫の頭の中では、このように変換されていた。

 まわる~ まわる~ 4時台は まわる♪

これまで、ずーっと、何年も、「4時台」と思っていたのか、夫…。



それとも、朝4時に起きて走ろう…とでも毎日思ってるからなのか、夫?
いずれにせよ、これから、この歌をきいたら、
しんみりと若き日々を思い出すことができなくなるだろうな。
20年後くらいに聴いて、
このことを思い出して「あんな時代もあったよな」って笑うだろうな。
[PR]
by a-kik | 2009-04-30 10:56

アルファ米

防災グッズとしても重宝されているらしいアルファ米。
お湯を入れたら15分、お水でも60分で食べられる。
味と価格については、人それぞれの価値観もあるだろうが、
かつて、登山やアウトドアで何度か利用したことがある。

と娘に話した。
 「そんなお米があるんよ」と。

アウトドアショップで見つけた娘。
興味津々。
 「んじゃ、今度、キャンプにいったとき食べてみようか」
めんどくさがり屋キャンパーの私は、即、提案。

白飯はもちろん、赤飯、五目ご飯、山菜おこわ、
カレーピラフ、えびピラフ…。

色んな味付けされたパックが並んでいる。
そんな中から、娘が選んだのは…、











f0137402_9574753.jpg

シブイ選択だな。



今朝、朝食を食べながら、その話題となった。
哀しいかな、「アルファ米」という名前が思い出せない娘。
一生懸命にうなっていた。

 「えっと、えーっと、なんかいね…。
  あ、そうそう!
  アラフォー米!」

父、37歳。
母、43歳。
微妙にアラフォーな両親を持つ娘。
[PR]
by a-kik | 2009-04-28 10:00

母の甘え

夕方。
娘が本を読んでいるソファーの隣で。
 「ちょっと、母さん、横にならして」
と5分休憩するつもりで、目を閉じた。

ハッと気がつくと50分。

 「あ、ごめん、ごめん、寝とった!」
あわてて飛び起きたら、娘が安堵しきった声で言った。
 「あー、よかった、やっと動けるー。」



娘、私を起こすまいと、一生懸命うごかずにいてくれたらしい。
やさしいね、娘。

でも、そっと、動いて台所でご飯つくってくれてても良かったんだけど?
…と、甘える限度を知らない母である。
[PR]
by a-kik | 2009-04-27 09:37

娘の作文より

娘の宿題の作文より

 『 (略)
  班のみんなで考えて発表するとき、
  私の班はあてられませんでした。
  なんにも考えていなかったので、

  あてられないで良かったと思いました。』

だが、娘よ、先生がこの作文を読まれたら、
次はあてられるぞ(笑)。



この授業、参観日でした。
「班で話し合ってください」と先生に言われて、
娘の班は、ずいぶん楽しそうに話していたと思ったら…。

いったい、何の話をしていたの、娘?
[PR]
by a-kik | 2009-04-24 10:06

三次市民でよかったこと

きました。
f0137402_12552151.jpg
給付金。



広島市民の皆さん、お先にごめんなさい。
[PR]
by a-kik | 2009-04-23 12:57

マイバッグ

ほとんどのスーパーには、
レジに『袋はいりません』と書かれたカードが置いてある。
マイバッグを持っていれば、袋はいらない。
いつも、黙ってそのカードを入れる。
そう、いつもは。

だが、昨日。
お客さんがいないレジに近づくと、
満面の笑みをうかべたレジのおねえちゃんに、
「いらっしゃいませ」と言われた。

それなのに、黙って、無愛想に、
『袋はいりません』カードをカゴに入れるだけなんて申し訳ない。
人間じゃない。
言葉を持つ生き物として会話を楽しもう。
…って、ただのお喋りなだけなんだけど。

そこで、買物カゴをレジの台に置きながら、
にこやかに微笑んで言った。

 「カゴはいりません」

言ってから気がついた。
いらないのは袋だった。
カゴには入れて下さい。



おねえさん、笑ってくれたので、嬉しかったけど。
笑わしてなんぼ…の芸人主婦。
[PR]
by a-kik | 2009-04-22 09:56

家庭訪問のおかげで…。

昨日は家庭訪問のおかげで、
数ヶ月放置されていた小物類が片付いた。
先生、ありがとう。

夫は「毎月、家庭訪問がないかナァ」って思っているかも。

もし、毎月あったら、慣れてしまって、
少々散らかった部屋でも、平気で先生にあがってもらいそう…。



独身時代に、はじめて、夫を部屋にあげたときのことを思い出した。
 「今日は彼が遊びにくるんだ!
  念入りに掃除してっ!」
って初々しさはなかったな。
確か、川原で一緒に3日寝泊りして、
汚れ物を抱えて、垢まみれで帰ってきたような気がする。
…3日間しめきってカビっぽい部屋に。
[PR]
by a-kik | 2009-04-21 09:46

急げ、私っ!

また、週末に遊びほうけてしもうた。
その残骸が散らばっている部屋の中。
大変だ。
だって、今日は…家庭訪問



さ、掃除、掃除っ!
[PR]
by a-kik | 2009-04-20 09:11

さん付け

芋と豆…と呼び捨てにできなくて、
「お芋さん」「お豆さん」と呼んでしまう私。
我が家では、食卓でも、
 「お芋さんとお豆さんは、おかわりあるよー」と
自然に呼ばれている。

そのまま、何も考えずに、
お皿にジャガイモが残っていた、娘と同じ3年生の男の子に、
 「ほら、お芋さん、食べなきゃ」って言ったら、
男の子が苦笑いしながら答えてくれた。

 「僕は、もう赤ちゃんじゃないんだから、
  お芋さんって、さんつけなくて言わなくていいよ~」

あた。

なんとなく、尊敬の意味をこめて、
「さん付け」してしまうオバチャンな私。
そういえば、娘が赤ちゃんの頃、
お世話になっていたガーゼは、
「ガーゼさん」と呼んでいたなぁ。



夫はいまだに、娘にむかって、
 「あ、ほら、うさちゃんだ」と発言して、
 「ウサギでしょ、父さん。いい年して恥ずかしい」と注意されている。


今日は参観日。
aranさんの息子クンに会えるかなぁ…ってワクワクしてたら、
先に、aranさんにブログに書かれちゃってた!
[PR]
by a-kik | 2009-04-17 09:52

今日の予定

カレンダーに予定があると、
「今日はコレだ」と優先事項を見つけてホッとする。

カレンダーに予定がないと、
「今日は何もないな」とホッとする。

どっちにしても、ホッとできる私って…幸せ者。



って、ここ数週間は、なんやかや書き込まれているカレンダーです。
しばらく、不定期更新になるかと思いますが、
ちょこっと覗いて笑ってくだされば嬉しいっす。
[PR]
by a-kik | 2009-04-15 09:49