芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2009年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ああ、無情

 「お母さん、『ああ無情』って知っとる?」
先週のこと。
学校から帰った娘に訊かれた。
 「ああ、知っとるよ。
  『レ・ミゼラブル』ね。
  ジャンバルジャン。
  パンを盗んじゃうんだよね」
と、覚えてるアレコレを並べた。

娘、感心してくれた。
ほ。

『ああ無情』には思い出がある。
小学生のころ、学校で借りて帰ったら、
母が、
  「ジャンバルジャンが出てくるでしょ。
   パンを盗んじゃうんよね」
と言ったのだ。

ええ。
私の反応とまるっきり同じ。

でも、そのとき、
「へぇ、母さん、すごい」と素直に感心したことを覚えている。

当時、私の母は、ストーリーも登場人物も覚えていた。
母娘で感想をいいあった。

よし、私も…。
と意気込んだが…。
すまん、娘。
母さんは、ジャンバルジャンとパンしか覚えとらん!
図書館で借りてきた本、先に読んでおかねば!



娘、夫にも尋ねていた。
 娘「父さん、『ああ無情』って知っとる?」
 夫「ああ。母さんがカラオケで歌うよね」
……。
夫、アン・ルイスの歌を思い出したらしい。
そういえば、そんな歌、あったよね。
でもね、夫、私が歌うのは『六本木心中』。
[PR]
by a-kik | 2009-01-30 11:58

おぎょうぎ

「正座」のことを、こう呼ぶのは広島だけだろうか?

おぎょうぎ。

千葉生まれ&千葉育ちの夫は、「正座」としか言わない座り方。
岩手生まれ&岩手育ちの姑にも言われなかったのだろう。

まぁ、ようするに、
「行儀よく」座るってところから「おぎょうぎ」って言われるんだろうけど。

我が家では、「おぎょうぎ」と「正座」が、
半々に使われている。

だからか、ときどき、娘は間違えそうになるらしい。

ぎょうざ」と。



その座り方にメタミドホスは混入されていないか?
[PR]
by a-kik | 2009-01-29 09:13

寝不足でも

夜更かしした翌日は普通にすぎていった。
若い頃は、1~2時間の睡眠時間でも
何日も平気だったことを思い出した。

まだまだ、私も、イケルな。

そう思った夜更かし翌々日。
頭がボーッ。。。
眠い。
だるい。
思考停止。

加齢を時差で痛感するのは、筋肉痛だけではないのか。。。



最後の一行を思いつく脳細胞が就寝中。
[PR]
by a-kik | 2009-01-28 10:49

暗闇で手探りで

ちと、夜更かしした。
いえ、昨夜はパズルでなく、
ホントに「書きもの」をして。

すぐに寝るつもりだったので、ストーブも切り。

ところが、書き始めると、なんだか止まらなくなって、
気がつきゃ3時。
ひえー。
いくらなんでも寝なきゃ、次の日がツライ。

すっかり冷え切った身体で布団にはいる。
寒い。
いつもなら、くっついてくる娘が湯たんぽがわりになるのだが、
さすがに、冷え切った母には、すり寄ってこない。
なんとか、自分の体温で暖をとろう。
うー、さむい、さむいよー。
あー、でも、寝なきゃ、はやく寝なきゃー。
寒い、寒いけど、寝ろ、寝なきゃいかんぞっ!
一人で雪山コント逆バージョン。
あ、そうだ。
確か、湯たんぽが…。

娘が寝る前に、布団にいれる湯たんぽ。
娘は、電気を消すまえに、その湯たんぽを夫の布団にいれる。
夫は、その湯たんぽを自分の足もとにいれたまま寝る。
3人で一つの湯たんぽを使いまわすキクチ家。

夫の足もとに湯たんぽがあるはず。
暗闇を、のそのそと起き上がり、湯たんぽを探す。
うーん、どこだ、どこだ?
手探りする手に、あったかいものがふれる。

あった、あった。

むにゅ。
あれ?
やわらかい。

夫の足だった。

ちがった、ちがった。
がさごそ。
あった、あった。

むにゅ。
あれ?
やわらかい。
夫のもう片方の足だった。

さすがに、夫も目が覚めた。
冷たい手で二度も足をつかまれたら誰だって目がさめるがな。

夫に湯たんぽとってもらって、なにごともないように寝た。



つかんだのが足でよかった。
え?
他にどこが?
きゃっ、いやん。
それ以上は「大人ブログ」へ。
(「大人ブログ」ってあるのか?)
[PR]
by a-kik | 2009-01-27 10:04

お気に入りのベスト

なかなか背が伸びない娘だが、
さすがに幼稚園年中さん時代から愛用していたベストが着れなくなった。
ベストというより、チョッキと呼んだほうがしっくりくるようなベスト。
でも、ベストと呼んでしまうベスト。
娘の、かなりのお気に入りだったベスト。
今、まだ、それにかわるベストが見つからないでいる。

 「あの絵がよかったんだよ」と娘。

お気に入りだったベストには、胸にフェルトのワッペンがはってあった。

 「確かに、あのベストはかわいかったよね」と私。
 「でしょ?」

意を得たり!とご満悦の娘。
すました顔で続けた。

 「かわいかったよね、あの、ゾンビのベスト」

バンビです。



娘、お気に入りだったくせに間違えるなよ。
ゾンビのベスト…考えたくもないぞ、母は。
[PR]
by a-kik | 2009-01-26 09:36

やめられないもの

年末あたりから、はまってしまって中毒になってるものがある。
それは…イラストロジック。
お絵かきパズルとか、他にも呼び名はある。
数字の並びをヒントに、マスを塗りつぶしていくと、絵が出るってパズルだ。
寝る前にやりはじめると、とまらない。

昨夜、娘が寝たあと、ちょびっと「書き物」お仕事をした。
めずらしく一緒に起きていた夫が、
「先に寝るね」と布団へいった。

それから、仕事を片付け、寝る前に、ちょこっとパズル…。
当然、「ちょこっと」では終わらない。
夜更かしすると、小腹もへってくる。
お菓子をバリバリ食べながら、パズルに取り組む。

ちょっとした幸せ。

が、そのとき、ガラリと部屋の戸があき、
夫がトイレに起きてきた。

ヤバイ。
見つかった。
でも、その後も1時間ほど遊んでいた悪妻であった。



夫、いつもみたいに、ねぼけて覚えていないといいなぁ。
妻は遅くまで起きて、仕事してるんだなぁ…と思いこんでくれてるといいなぁ。

でも、夫に隠し事ができない私は、ここに書いてしまうのでした。
…夫、読んでる?
[PR]
by a-kik | 2009-01-23 10:42

留守

先週のこと。
外出していて、娘の下校時間に帰れそうになく、
娘に鍵をもたせていた。

娘が帰宅して30分くらい後に帰宅すると、
娘、キチッと着替えて、暖房もつけて、宿題にとりくんでいた。
すげぇ。
やればできるんじゃん。

今度から「母さん、遅くなるけぇ」といないふりして隠れていようかな。



娘は、母がいないと、キチッとできるが、
母は、娘がいないと、ダラ~としている。
[PR]
by a-kik | 2009-01-22 09:35

新聞

朝、登校前に時間があれば新聞をひろげるようになった娘。

お気に入りは、「広場・ヤングスポット」と「かあちゃん」と「ちびまる子ちゃん」。
これに土曜は「山田さんち」が加わる。
カープが始まれば、スポーツ欄も興味もつようになるかな。

だが、娘よ、いい加減、覚えてくれ。
母は、お前が登校してから、ゆっくり新聞を読むことを。
先に「かあちゃん」や「ちびまる子ちゃん」の話をきかせないでくれ。



小2の娘が、どこまで「かあちゃん」を読み取っているのかわかりませぬが。
娘よ、お前も「かあちゃん」を題材に書いてみるか?
[PR]
by a-kik | 2009-01-21 10:49

今朝、横断歩道にて

今朝。
交通安全指導の当番で、通学路の横断歩道に立った。
寒いので、完全防備。
ごっつい山用のジャケットに、マフラーに、手袋…。
帽子は目深にかぶって…。
黄色い旗を持っていなかったら、不審者で通報されそうな装い。

それでも、娘の友達は、すぐに私とわかるらしく、
にこやかに手をふってくれる。

嬉しいなぁ。

こんな格好でも、私ってわかってくれてるんだ。
…あ、いや。
…こんな格好だから、私ってわかるのか?



キクチさんのお母さんは、いつも怪しい格好。
[PR]
by a-kik | 2009-01-20 10:11

メガネ

娘がメガネ・デビューしました。
3ヶ月前から仮性近視で眼科に通院していた娘。
昨日、人生初のメガネを手にしました。

 「うわっ、時計の数字の間の点々まで見える!」

重大な発見をしたかのように、娘、叫んでおりました。
そんなに見えてなかったのね。

私がメガネをかけはじめたのは小学6年生。
 
 「うわっ、オリオン座に、ほんまに三ツ星が並んどる!」

と感激したのを覚えています。
それまで嫌いだった「星の観察」も好きになって…。

娘、これから、どんな発見をするのかなぁ。
私のミスも、たっくさん見つけてくれるんだろうなぁ…。



娘のメガネと一緒に、私のメガネのレンズも新調してもらいました。
傷だらけだったレンズが、とーってもクリアになり、視界良好!
おかげで、部屋のあちこちのゴミや汚れが見えるように…。

ああ、見えないままでいたかった…。
掃除機かけよっと。
[PR]
by a-kik | 2009-01-19 09:54