芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

<   2007年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

黒板けし

って言いますか?
学校の黒板に書かれたチョークを消すときのこと、「黒板けし」って?
あるいは、そのチョークを消すときの道具。
ほら、あの、持つとこあって、反対側に布みたいなんが張ってあって、使ってると真っ白になって、掃除時間とかにパンパンッ!って窓のところではたくと、風向きによっちゃ、自分にかかってきて、「ゲホゲホ」とかなったり…。
あれって、「黒板けし」って呼びますか?

私、「黒板ふき」と言ってしまって、娘と夫に「違うだろ~!」と笑われてしまいました。

えー。
先生に「黒板ふいて~」とか言われませんでしたか~?
「黒板ふき、はたいといて」とか…?

ちなみに、娘はクラスの「はな係」だそうです。
「鼻水が出ている子にティッシュを渡すの?」と言ってみたら、
冷静に「違う」と一言で返されてしまいました。
…母、哀しい。

コチラ↓もよろしくお願いします。

[PR]
by a-kik | 2007-05-31 09:59 | 娘の一言

ちゅーピーこどもバス

のお知らせが今朝の中国新聞に出ていましたね。f0137402_1052356.jpg
行き先の一つが邑南町。
かつて、邑智郡でお仕事していたときは「迎える側」だったのに、いつの間にか「参加する側」になっているのが、なんとも言えない不思議な感覚です。…っても、このツアーに娘が参加するわけではないんですがネ。それでも「参加資格」をもらった感じです。
詳細は→夏休みちゅーピーこどもバスをクリック。

しかし、あれだな。
このツアー、隣町の、ここ三次市から参加申し込みしたら…どっからバスに乗るんだろ?
いったん、広島市内まで出て…?
うーむ。
やっぱ、一生、「迎える側」かな、私。

ちなみに、娘は風呂上りに「ちゅーピー」のタオルを愛用しています。
え?
「ちゅーピー」って何?
中国新聞のキャラクターのアヒル…じゃないんですよね。ハトです。

コチラ↓のキャラクターってないのかな?

[PR]
by a-kik | 2007-05-30 11:07 | 邑南・石見・香木の森

「家族らんランRUN」⑭

5月28日 中国新聞「くらし面」に掲載された14回目です。

(第5回呉灰ヶ峰・休山縦走大会 4月15日、広島県呉市)
 朝七時すぎ。呉二河陸上競技場へ。勇ましい姿のランナーやリュックを背負った老若男女が次々に集まってくる。呉の市街地と瀬戸内海の島々を見ながら、灰ヶ峰(737m)と休山(501m)を縦走して音戸ロッジまで約28㌔を競う大会。

 マラソンだけでなくハイキングもあり、16㌔のコースもある。景色を楽しみながら散策するもよし、夫のように疾走するもよし。夫は去年に引き続き二度目の参加。今回は出番のない私と娘は呑気に構えている。受付をすませた夫がもらってきた袋の中をみると、参加賞に千福のワンカップ。「せんぷくいっぱいいかがです♪」と口ずさんでしまう私は広島っ子。千葉育ちの夫は「なに、それ?」とキョトンとしている。

 記念Tシャツも入っている。去年のTシャツは走ってもない私が着させてもらっている。愛用の一枚だ。今年は色違い。やった、洗い代えができたぞ…とほくほくしていると、夫が「この色、いいじゃん。俺、着るから」と早々に宣言。夫、私とお揃いになっちゃうよ?一緒に着たら恥ずかしいんじゃない?なんてちゃちゃいれる間もなく、夫、スタートしてしまった。

 目標タイムは二時間半。去年は「まだ大丈夫だね」と娘と大和ミュージアム前で遊んでいるうちに、「ゴールしたよ」と携帯に電話がなったのでビックリ。今年は早めにゴール地点へ行っておかねば。とは言え、せっかく呉に着たのだから…と、新しくできた「てつのくじら館」の前をウロウロ。

 音戸ロッジに着いたら、すでにゴールしたランナーの姿がチラホラ。え!どうしよ!16㌔コースの参加者だよね?スタッフにきく。「28㌔は、まだですよね?」まだだった。ほ。

 それから数分して先頭の選手がゴール。続いて2位、3位。そして、「あ、父さん!」夫、すごいじゃん、4位!? 汗だくの夫に駆け寄る娘。係りの方が笑顔で「お嬢さんがお待ちかねでしたよ」と記録証を渡してくださった。去年はドロドロだったが、今年はヨレヨレ。息を整えながら「下りは降りるより落ちるだったよ」と笑う夫。総合4位だが年代別は1位。30代の1位。聞いて見ると総合3位は40代で、1,2位は50代。マラソンは若さだけのスポーツではない証明された。「50代になったとき一位になれるかなぁ」と夫が言うので小憎らしく返した。「その時は、70代が一位なんじゃない?」
f0137402_2225624.jpg
 音戸ロッジの温泉で汗を流したあと、子供のころ「ぐるぐる橋」と記憶していた音戸大橋をドライブ。確か、公園の平清盛像の前で清盛公と同じポーズで写真とったな…と思い出しながら。

 さて、夫。この大会の後、かねてから宣言していた通り自転車通勤を始めた。会社の先輩に誘われて自転車世界も広がったようだ。これまで乗鞍岳や富士山を自転車で登るイベントにも出場したことあるけれど、今度は6月に宮島・廿日市で開かれるトライアスロン大会の参加状況が気になるらしい。やっとマラソンに追いついたと思ったら、夫よ、もう次を見つけてしまったのか。

「いろいろ走ってるのね」と思われた方、コチラ↓お願いします。


[PR]
by a-kik | 2007-05-29 22:03 | 中国新聞「家族らんランRUN」

100キロ

を走ってきた男が我が家にいます。
昨日、島根県で開催された「えびす・だいこくウルトラマラソン」。
美保関から出雲まで100キロを走ります。
世の中には「なんでそんなことをわざわざ?」と疑問に思うことが多々ありますが、
これも、その一つですネ・・・。

そんな疑問を抱かずに走ってしまう夫。(いや、一応、抱いているのか?)
そんな疑問を抱きつつも同行して応援してしまう私と娘。(本当に抱いているのか?)
途中、松江城や、ゴビウス、出雲ワイナリー、出雲大社などなど、観光もしてきました。
ん?
出雲ワイナリー?出雲大社?
14年前に「県内視察」に行ったコースじゃないか!
ってことで、同じ場所を見つけて写真を撮りました。

が!

ガーン!なんで真っ白なん!?
デジタルカメラのデータが…いったいどこへ?
せっかくだから、ちゃんと大きなカメラで撮ろう!と意気込んで、
ちゃんとした(?)デジカメ持ってったのに…。
こんなんなら携帯のカメラで撮ればよかった…。

100キロを10時間55分でゴールした夫の姿も…消えてしまった。
ごめんなさい、夫。

写真が撮れていないこともだけど、
きちんとデジカメを使いこなせてなかった自分が悔しい…。

無事に完走した夫にめんじて、コチラ↓お願いします。

[PR]
by a-kik | 2007-05-28 11:30 | マラソン

30歳

の誕生日です。
もちろん、私ではありません。夫でも娘でもありません。…スターウォーズです。
そう、映画の。
30年前の1977年の今日、米国で公開されました。日本では翌年78年公開。当時、中学1年生だった私に多大な影響を与え、今日にいたっております。スターウォーズのおかげで、大嫌いな英語が大好きになり、アメリカにまで行き、海外放浪するようになり、エピソード1公開初日に米国で見たいと渡米し、見たあとに現地のキャンプ場で夫に出会い…。(ちょいと、こじつけがましいけど?)
ありがとう、スターウォーズ。
おめでとう、スターウォーズ。

そんな私に育てられた娘にとっては、ダース・ヴェイダーやR2-D2が、プーさんやミッキーと同じ扱いです。

そんなことより、今日は金曜!
30年前でなく、14年前にタイムトラベルの日です。
f0137402_10551251.jpg当時、香木の森は今のような観光地ではありませんでした。だからクラフト館も土日祝日は休み。週末は研修生皆で県内各地に遊びに出かけたりもしました。週末だけでなく、平日に「視察」と称した「県内遠足」がありました。日御碕や出雲大社など、島根の名勝地に遊びに…いえいえ、勉強しに出かけさせていただいたものです。f0137402_10552990.jpg確か、この日も、どこかの議員さんが「香木の森」に視察に来られたのだけど、「こんちは」とだけ挨拶して記念写真とって、すたすたと出掛けたように覚えています。…いいご身分でした。

水曜定休になり、週末はお客さんで大忙しの、今の香木の森研修生の皆さん、ごめんなさい。
でも…、へっへっへ、うらやましいだろ~?


【お知らせ】
6月8日~10日 東京にほんばし島根館にて「おおなん産直フェア」開催
関東在住の皆さん、関東に遊びにいかれる皆さん、足をのばしてみてください。
また、関東在住の卒業生の皆さん、お手伝いお願いしま~す。
詳細はカモミール掲示板まで。
その他、なんなりと上記掲示板↑に書き込みください。

長くなりましたが、コチラ↓もお願いします。

[PR]
by a-kik | 2007-05-25 11:11 | H5年度

掲示板を

作成しましたっ!
構想3年(ほんま?)、
パソコンの前で頭かかえること3時間、
ようやく「掲示板らしきモノ」ができました。

香木の森研修生&卒業生の皆さん、
研修制度に興味ある方々、
研修生&卒業生に振り回された町の方々、
香木の森には関係ないけど、どんな掲示板かみてみたい方、
誰でも、とにかくテストで良いから書き込みしてみて~。
(って変なコト書いたら削除しちゃいますけど)
コチラ↓です。
いわみん♪おおなんカモミール掲示板

あ。コチラ↓も忘れずお願いします。

[PR]
by a-kik | 2007-05-24 13:45 | 邑南・石見・香木の森

ぴんぽ~ん

昨日の夕方、クロネコさんがやってきました。
「みずほスタイル」から抱えるような発泡スチロールのクール宅急便を持って。

あけてみると、その中は…。じゃじゃーん!
f0137402_11283827.jpg

「石見和牛じゃ!」と私より早くに叫んだのは娘でした。
む、娘、どうして、その名を知ってる?
「だって、母さん、いつも食べたいなぁって言ってるじゃん」
…返す言葉もありません。

出勤前に「今日は残業かな」と溜息ついて出掛けた夫に、
『お待ちかねの一品が届きました』と写真とってメールを送りつけると…。
すぐに折り返し電話がかかってきた。
「帰る!抜け出して帰る!」

30分後、ビールを買って帰ってきました。
スゴイです、石見和牛。家庭円満効果バツグンです。
じゅ~っと焼いて…。
f0137402_11325270.jpg

この写真は「待ってて!」と夫と娘をオアズケ状態にして、なんとか撮った1枚です。
その後、もくもくともぐもぐする一家3人。
ごちそうさまでした。
あ~、しあわせ…。
(お腹の肉は考えないことにしよう、考えない、考えない、せめて一晩だけでも…)

石見和牛で幸せになりたい人は、コチラへ。

今朝、夫の弁当にも寝かせてあげました、石見和牛。
なかなか本物の「石見和牛弁当」買いにいけないから、
ちょいと真似して…。
駅長さん、ごめんなさい。

ちょっと、柿ちゃん、なに一人で美味しいモン食べよるん?と突っ込みたい方、
まずはコチラ↓もヨロシクお願いします。

[PR]
by a-kik | 2007-05-23 11:47 | 邑南・石見・香木の森

体力テスト

なるものが小学校であったらしい。

反復横とび、50m走、跳躍などなどといったメニュー。
1年生にしては小柄な娘は、小柄でもすばしっこい1年生ではなく、どちらかと言うと「とろい」部類。いくら親バカでも、決して、敏捷性を求めるスポーツ向きとはいえない。だが、持久力を極めるなら、かなり期待のもてる頑固者。

 「これ、11回できた!」と実践してくれたのが、腹筋。

両腕を胸の前で交差させて、膝はたてて、足首をもってもらって…の腹筋。
調子にのって、寝る前、夫を相手に何度か腹筋していた。

そして、今朝。
起きぬけに泣きそうな声で、「おかあさん、お腹、痛い」。
え!
一瞬のうちに、『夕べ、何食べたっけ?』『布団けとばして冷えた?』と考えた母。
夫が一言。
「腹筋しすぎだよ、そりゃ」

皆さん、何回腹筋できますか?
ためしにしてみる前にコチラ↓お願いします。

[PR]
by a-kik | 2007-05-22 09:55 | 家族

今朝、夫が

「石見のチラシだ」と一枚の広告を手にしていました。f0137402_10155635.jpg
邑南の高台にある「いこいの村しまね」のチラシです。
「なに?」朝食の準備をしながら訊くと、
「うーん、忘年会…じゃないな、なんか宴会」と返事。
ん?と見てみると「泥おとし」。
そうです、私も14年前に田植えを経験するまでは知らなかった単語「泥おとし」。
田植えのあとの「ごくろうさま会」です。
知ったかぶりして、夫に説明した妻です。

「泥おとし」宴会のチラシがあるのも発見でしたが、
そのチラシが隣町である三次市まで配布されているのも発見でした。
まぁ、三次のスーパーのチラシにも、
『邑智郡への宅配もいたします』って書いてあるもんな。
越境して県をこえても隣町。
美郷町(旧・大和村)の宅地のチラシもはいったことがありました。

それよりも、このチラシの左上にある「みはらしの湯」にひっかかった私。
確かに、高台にあって、盆地の中の町が見下ろせる温泉。
しかし、「見晴らし」と「三原市」と読む人が…いないか。

香木の森にも「霧の湯」って温泉あります。
コチラ↓もお願いします。

[PR]
by a-kik | 2007-05-21 10:18 | 邑南・石見・香木の森

金曜は

14年前にタイムスリップ。
同期の若葉っちが激写してくれていた当時の写真を発掘しておおくりします。

f0137402_1022631.jpg柿ちゃんのことだから、『赤いトラクタ~♪』と小林旭気分で乗ってたんじゃ?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実は、小心者の私。「普通車の免許しかないのに!」と尻込みしながらも、トラクターのハンドルを握り締めておりました。研修生の宿泊施設「香賓館」から、ちょい離れたところにお借りした畑で。写真には写っていませんが、すぐ隣に、すぐ止められるように、指導してくださる職員サンがついてくださっていました。
f0137402_959439.jpg
それから数日後、現在のガラス温室の下あたりの、ほ場を整備している時のアクシデント。
段々畑場になているほ場を区切っている丸太を、クワで削ってしまった…!という証拠写真です。後方で浮かれた笑顔を見せてるのが私。手前で証言しているのが若葉っち。ここには、写っておりませんが、さらに背後では、上記と同じ職員サンが「やれんのぉ~」と苦笑まじりで立っておられました。一応、アクシデント…ではありますが、この手のアクシデントは日常茶飯事に起きており、すでに「アクシデント」ではなくなっていたような気が…。ちなみに、このアクシデントを一期生用語では、『クワでぶっちする』と表現しておりました。

コチラ↓は『ぶっち』しないで、クリックしてください。

[PR]
by a-kik | 2007-05-18 10:18 | H5年度