ぶんぶん

洗濯物をとりいれようとベランダに出て…、

うおおおぉ!

ハチ。
軽く10匹はこえるハチがぶんぶか飛び回っていた。

あわてて窓をしめ、カーテン越しに観察。
どうやらお隣の換気扇口周辺に巣を作ろうと出たり入ったりしている様子。
まずいじゃんか。
そがぁなとこに巣を作られたら、困るじゃないか。

とりあえず、白い長袖シャツに着替え、白いキャップをかぶって、
家にあった『ハチ・アブ直撃噴射』スプレーなるものを手にベランダへ。
プシュー!
ハチさん、ぶんぶん飛び回っているものの、少し数が減った。
そのすきに洗濯物をとりいれる。
洗濯物にまぎれていても嫌なので、
ばたばた降り回してはたきながら、
その間にも何匹かぶんぶん。

ぶんぶん、ばたばた、ぷしゅー。
ぶんぶん、ばたばた、ぷしゅー。

事なきをへて、洗濯物を回収し、屋内へ。

ふぅ。

しかし、待てよ。
隣のおばちゃん、あれ、気がついてないよな。
うちのベランダから手をのばして、ぷしゅーってしても、
さすがにお隣の換気扇口には届かない。

うーん。

玄関でて、ぴんぽんならしてみた。

 隣 「はーい」
 私 「隣のキクチでーす」
 隣 「はいはーい」

気のいい隣のオバチャンが出てくる。
ベランダにハチがいて、換気扇口に巣を作りそうだと説明してみる。
気をつけてください、と。

 隣 「えー! ほんと! こわいわねぇ!
    教えてくれてありがとー!」

オバチャン、その後、ベランダに出て確認してた。
その時には、ぷしゅーの影響でハチの姿は激減していた。

今、大変、気になることは;
オバチャン、我が家の換気扇口にハチがうろうろしてるので気をつけてって、
私が言ったみたいに勘違いしてそう…。

そして、今朝も、ハチが飛び交うベランダ。



さて、どーしましょうかな。





[PR]
by a-kik | 2017-06-22 12:27

芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(52になったよ)の日常。なんだかんだ走ってます。


by a-kik