土手をぐるぐる

久々にパソコンをひらいて思い出す。
ああ、そうだ、脚がイタカッタんだ、私。
そんなイタミも忘却の彼方となった5月半ば。
ええ気になって朝ジョグ、朝ジョグ。

夫と娘を送り出して、
7時とか7時半とかにスタートする私の朝ジョグ。
コースとなる河川敷&土手は、
通学の高校生の自転車でいっぱいであります。

『ごめんよぉ、オバチャンが走るよぉ、通してよぉ』と、
申し訳なさそうに走っていた私は何処?
今は『おらおら~、チャリは左側通行だろうが~。
 そこ、横並びでしない~』と
心の中で毒づきながら走っております。
あっちやこっちの高校へ行きかう制服姿の高校生。
交差点では6校の制服が右往左往。

そんな自転車渋滞の橋があると思いきや、
一台ともすれ違わない土手もあります。
ところが、今日は、そんなハズレた土手を、
下のわき道からあがってきた一台の自転車。
学生服姿の男子高校生。
あら、めずらしや…。
高校生クン、おばちゃんジョガーをゆったり追い越していきます。
ん? その制服の高校、そっちの方角じゃないじゃろ?
高校生クン、その先のわき道を下っていきます。
忘れ物か?
いやいや、高校生クン、ゆったりもったり自転車こいでます。
急いでる様子はないけれど、1時間目に間に合うには急いだほうが良い時間。
大丈夫なのか?
高校生クン、下りた先の細い道を今きた方向へ。
ふーむ。
おばちゃんジョガーが、橋を渡って、対面の土手を走ってるとき、
高校生クン、また土手を上がって、同じところをぐるぐる回っておりました。

あ~、学校に行きたくないんだろうな~。






悩め、青少年。
51歳でも悩みはいっぱい。
ま、そんでも、なんとかなるもんさ♪






[PR]
by a-kik | 2017-05-17 09:58

芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(52になったよ)の日常。なんだかんだ走ってます。


by a-kik