芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

八十八夜

カレンダーを見てたら、
小さく『八十八夜』と書いてあった。
今日は、八十八夜らしい。
意味も由来もはっきりわからないまま、
 『夏も近~づく、は~ちじゅうはちや~♪』
と鼻歌で歌ってみたくなる。
実際、歌ってみた。

 夫 「朝からご機嫌だな」
 私 「今日、八十八夜だって」
 夫 「ふーん。お団子食べたいなぁ」

そのまま、会話はスルーされ、
娘がググってくれて、
『八十八夜』の意味も解明。
51歳にして、また、ひとつ賢くなった。

数分後、出勤する夫を送って玄関へ。
そこで、ふっと気がつく。

 私 「さっき、お団子って言った?」
 夫 「言った」
 私 「それって、『八十八夜』でなくて『十五夜』じゃん?」
 夫 「…え」


八十八夜でも十五夜でも夢一夜(ふるっ!)でも、
夫は、団子が食べたいだけのようだ。







[PR]
by a-kik | 2017-05-02 12:21