芥川賞最年『長』受賞に挑む柿(51)の日常。jogもblogも再開しちゃってます。


by a-kik

その鼻

ツカレハテテ帰宅した夜。
よくガンバッタ自分へのご褒美にビールをパカッ、プシュ、ゴクッ。。。

…っく~! うめぇ~!

ええ感じに酔いがまわって、
ソファーにごろりんと寝ころぶ。
しばらくして、娘が一言。

 「母さん、鼻が、アンパンマンみたい」

鼻がアンパンマン。
それは、母さんの鼻がアンパンマンの鼻みたいだということなのか、娘?
酔っぱらった母さんの赤い鼻が、アンパンマンの赤い丸い鼻みたいだということなのか?
それとも、母さんの鼻そのものが、アンパンマンになっているというのか?
母さんの顔の中央に背番号44がいるのか?

酔っぱらいのタワゴトに娘は失笑するのみ。





[PR]
# by a-kik | 2017-08-20 10:55

同姓

「取材」帰りに車で野球中継を聞く。

  『田中のタイムリーのあと、西川の満塁ホームランで5点…』

と、耳に飛び込んでくる。
よっしゃー!
今日も勝つでー!

しかし、その後、聞いていると、なーんか違う。
カープ、5点も入れとらんじゃん。

田中、西川…。
あら…。
他球場の経過でした。
日ハムの田中と西川でありました。

ややこしいなぁ。


昨夜は西武の菊池も奮闘した様子。
全国の菊池サン、今日も頑張りましょうで!






[PR]
# by a-kik | 2017-08-18 11:03

夫婦兼用

今さらながら…なんだけど、
ストレッチポールで、ゴロゴロしてみた。
「取材」先にもゴロゴロあるストレッチポール。
業務の空き時間に休憩室でゴロゴロしてみた。
ストレッチポール愛用者の指導(笑)のもとで。
うおおおおお!

イタ気持チイイ…。

なめてました、ストレッチポール。
早速、帰って、夫のを借りてみる。
すっげぇ!
イタイんだけど、スッキリ。

ああ、こんだけ、酷使してたのね、脚ちゃん、ごめん。

むくみもとれまして…あ!
右ひざの裏の伸ばすとポッコリ出てた凸ちゃんが出なくなった!

ただただ我流でストレッチしてた51歳は、
素直にストレッチポールに脱帽。
これから、夫の居ぬ間に夫のストレッチポールを愛用することになりそうです。


…買えよ?
…いや、一家に2本もいらんじゃろ。

あ、夫、その筋膜リリースのローラーも借りるねー。
こうやって夫のモノが私のモノになっていく平和な日々(笑)。








[PR]
# by a-kik | 2017-08-02 11:48

母、夏休み

取材」もジョグも続けておりますが、
「母業」が夏休みの今週です。

ってのも、娘が全国大会に行ってまして。






くーっ!
言ってみたかった、この親バカの言葉!


当ブログは、娘を幼少のころから知る方々も多く読んでくださってるので、
この場を借りて、報告と、そして、ふふ…、























自慢です。

私が過保護に育てたばかりに(一応、責任は感じてるとこ)
私の手を離すことができずにいた幼少時代の娘。
幼稚園に通うようになっても毎朝この世の終わりのような別れをし、
最低限必要な言葉のみ先生の耳もとでしか囁くことができなかった娘。
そんな千葉時代の娘しか知らない方々には、
にわかに信じられない事実ではありますが、
そんな娘、
高校2年生になった今、
放送部の部長をしております。
(2年生3人1年生2人の少人数ではありますが)
そして、なんと、なんと、こたび全国大会へ!
(実際に出場するのは引退した3年生の先輩で、
 同部門でそこそこだった娘が来年の後学のために、
 連れていってもらってる身ではありますが)
公費で東京に「出張」の身なのであります。
(旅費は立て替えなので、
 支払われるまでドキドキではありますが)

この月曜から木曜まで東京在住。
毎日、品川のホテルから山手線で会場まで通勤ラッシュにもまれながら、
首都生活体験をしている様子です。

出発までは、アレコレ心配してみたり、
手出し口出しせずにはいられなかった親バカ過保護の私も、
さすがに、プチ子離れ
しばしの夏休みを楽しんでおる次第でございます。

って、夫と2人、「老後って毎日こんなんかねぇ」と笑いつつ。
娘が片付いたら(笑)、また海外をフラフラするんだろうか、私たち。
世界が平穏でありますように。





[PR]
# by a-kik | 2017-07-26 10:45

…ソン

『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作を映画館で見た夜、
予告編に流れていた『オリエント急行殺人事件』の話になった。

 夫 「見に行きたいなぁ」
 娘 「あの助手の名前、なんだっけ?」

ん?
助手?

 娘 「エジソン?」

それは、発明王。

 娘 「マシソン?」

それは、巨人のピッチャー。

 夫 「ワトソンだ!」

違う、違うよ、キミたち。
『オリエント急行殺人事件』はアガサ・クリスティー作品。
登場する探偵はシャーロック・ホームズではなく、
エルキュール・ポワロ。







[PR]
# by a-kik | 2017-07-19 11:45